実際の療育で使えた絵本ベスト30|子供が夢中になれる絵本です

こんにちは。今回はかぶまる家でよく読んだ絵本を紹介します。

長男の発達障害の療育の一環として毎日絵本を読んであげるよう心掛けてきました。

常に絵本のある生活。

絵本を読むことによって親子のコミュニケーションが深まります。

子供にとって親に本を読んでもらえる喜びは何にも代えがたいものとなります。

 

特に発達障害を抱える子にとっては想像力が欠如しがちなのでそれを補うためにも絵本に接する機会を増やしました。

小さなころから小学校に入ってからも絵本を読む習慣は続いています。

子供は絵本を読みながら自分の頭で世界を想像してドキドキしながら本を読んでいます。

たくさん本を読んであげてどんどん想像力豊かに成長してもらいたいものです。

 

子供が小さいうちや発達障害を抱えている場合、なかなか集中が続きません。

すぐに次のページにいってみたり、先が気になってしまったり、うわの空になってしまったり。

それでも子供が気に入ってくれた絵本を繰り返し読んであげて集中力を養う訓練にもなります。

成長に合わせていろんな本を読んであげる事が重要かと思います。

 

 

読み聞かせは妻がよく行ってくれていたので、とっておきのおすすめ30冊を選んでコメントを書いてもらいました。

 

それではかぶまる家でよく読まれている殿堂入りの30冊をご覧ください。

 

 

療育に使える絵本30選

 

1位  バムとケロのおかいもの

実は、この絵本子供のために買ったものではなく、私が妊娠中に読みたくて買いました。
バムとケロちゃんのやり取りや絵本に出てくる雑貨のかわいらしい事。

 

見ているだけで、楽しくなります。

そして、見れば見るほど、はまってしまい全作揃えてしまいました。

 

長男、次男はもちろん家族みんなが何度も繰り返し読んでいるこの絵本が堂々の1位!

大人から子供まで誰もが楽しめる絵本です。

 

まだバムとケロのおかいものを読んでいない方にぜひおすすめします。

 

2位 はらぺこあおむし

あおむしくんの成長のお話。卵から生まれて、たくさんたくさん食べて、成長する過程が子供の心に響きます。

 

子供が大好きな、仕掛け絵本になっているのも嬉しいです。

 

長男が子供が1歳の時から読み聞かせを読み始め、小学校に入った今でもお気に入りの絵本。

兄弟そろって読んでくれています。

 

 

世界的に愛されているはらぺこあおむし。

我が家でもこの上なく愛され続けています。

 

 

3位 ぐりとぐら

ぼくらの なまえは ぐりとぐら と、続く言葉にリズムを付けて歌ってしまうのは、私だけかもしれませんが、二匹のやり取りが、楽しくはまってしまう子供たち。

 

話の内容もわかりやすく子供が絵本を好きになるきっかけを作ってくれました!

大きなたまごを発見!から「かすてら」を作り上げるまでのストーリーが子供を引き付けてくれます。

 

作者の中川李枝子さんは「となりのトトロ」の「さんぽ」の作詞もされています。

 

読むたびに、「かすてら」が食べたくなります。

 

4位 そらいろのたね

空色の種を、キツネさんとと取り換えっこして植えると、なんとお家がはえてきた!!楽しい絵本。

そして絵本は、しっかり教育してくれるなと、思える一冊です。

お子さんと読んでほしい一冊です。

 

5位 しろくまちゃんのほっとけーき

食べものシリーズでは、だんとつのお気に入り。

ホットケーキが手軽につくれるのも魅力の一つです。

朝食に、三時のおやつに!!一緒に作れば、自然と「だれかぼーるをおさえてて」絵本を読むと、子供が一緒にお料理がしたいと思ってくれるのも嬉しいところです。

 

6位 はじめてのおつかい

子どもに、絵本の感想を聞いた事がありますか?面白かった。楽しかった。よかった。などなど。

でも最近は、聞かなくなりました。

子供が、イメージしたことをそのままにした方が良いと、書いてあるのを読んだからです。

実は、わたしも はじめてのおつかいを読んで、私だったらとよく空想をしていました。

 

7位 ごあいさつあそび

何度も何度も繰り返し読みました。楽しくて読みました。

すると、子供は、喜んで一人で読み始めました。

自然に本が身近になると嬉しいですね。

楽しいあいさつの仕掛け絵本です。

あいさつの他にも、「ひとりでうんちできるかな」「いないいないばああそび」「いただきますあそび」も、子供たちは、お世話になりました。

特に、「ひとりでうんちできるかな」では、トイレに持って入り一人うんちと格闘していました。

絵本をまねてできた時の喜びは、満面の笑みで教えてくれました。

この一冊のおかげで、トイレトレーニング楽に出来ました。感謝・感謝です。

 

8位 くだもの

出会った瞬間、息をのむような美しいくだもの。

子供の、ファーストブックとして、市から頂きました。

5冊くらいの中から選ぶ形でしたが、親の一目ぼれです。

子供は、お家にある本を選んでいました。子育てされている方は、知っておられると思うのですが、こどもは、不思議なくらい家にある本を、園の図書室で借りてきてくれます。

はじめは、「えっ」と、戸惑いましたが「同じが安心なんだねー」と思うようになりました。

 

9位 ぐるんぱのようちえん

気持ちが、元気になれる本。

失敗ばかりのぐるんぱが、泣いていたぐるんぱが、自分の居場所を見つけるお話。

…個人の感想です。ぐるんぱが、幼稚園を開いて大成功のお話です。
この本の出会いは、20年程前甥っ子のお家で、四歳の甥っ子に読み聞かせをしてもらったことのに始まります。

それまで、絵本の事をすっかり忘れて生きていました。

こんな素敵な話を読んだことがあっただろうか?と、自分に確かめたくなるような、甥っ子の感情豊かな音読の表現力に魅せられてその日から小説から、絵本に目が向くようになりました。
ただし、現実問題いいお値段なのも事実です。

お気に入りシリーズは、数万円。

子供の絵本棚は、数十万。それでも、買ってしまうのは絵本の良さと、家にあると手軽に読めてしまう安心。

ゴロゴロしながら、つくえで、ソファーで、時にはトイレの中で…。

おかげで、自然と本が好きになってくれました。

何より、自分たちで選んだ本なので嫌いにはならないですね。
残念なのは、トイレトレーニングやあいさつ絵本など…。
成長すると読まなくなってしまう絵本。でも、しっかり読んだ後は、昨年産まれた甥っ子がもらってくれました。ありがとう。

 

10位 おおきなかぶ

小学校一年生の教科書で習う、お馴染みのお話。

生活発表会やお遊戯会ですることも多いはずのこの絵本を、ぜひこどものうちにお母さんお父さんと読んでほしいです。

 

うちでは、おじいさんの次に、おばあさんを呼んできて…と、次々に子供が教えてくれるようになりました。

皆さんもそんな経験をお持ちだと思います。

たくさんの思い出が、絵本を通じて出来るとまた次の世代へと引き継がれるとおもいます。

初版が1966年だそうです。

50年以上愛され続けているのですね。

 

11位 ぴよーん

カエルがぴよーんとジャンプ。

ちびたんも、一緒にジャンプ!!

楽しい、ぴょーん(ジャンプ)の絵本です。

大きくなると出来なくなってしまいますが、園に行っている間は親子のスキンシップに是非どうぞ。楽しくて何度も何度も繰り返すことになる事とと思います。

同じ本を何度も読み込んで繰り返し遊ぶを実践できる本です!

 

12位 もこもこもこ

私の初めの感想は…?

なんだこりゃ?

子供の感性は違うようで、面白い。

何を語るでもなくページをゆっくりめくり眺めては、戻りを繰り返します。

谷川俊太郎さんの詩と元永定正さんの素晴らしい絵が絶妙にコラボした作品です。

読み終わった後、不思議な感覚になれるのは大人も同じです。

 

13位 だるまさんの

「だるまさんの…め」から始まるこの作品、パーツ紹介が楽しいです。

我が子のパーツ認識に活用しました。シリーズで、「だるまさんが」「だるまさんと」があります。

どれも面白非常に面白いです。

だるまさんが…。

では、次のページで姿が変わるのか楽しく読み進められます。

自然と「の」・「が」・「と」の認識が深まります。

 

14位 おひさまあはは

美しい絵と、優しい笑顔。育児疲れが和んでしまうこの笑顔。笑顔が、ほっこりさせてくれます。

ちびたんにも笑って過ごして欲しいという親の願いも込めて一緒に読んでいきます。

登場人物みんなが笑っている素晴らしい絵本です。

幼児期にぜひ読んでもらいたい1冊ですね。

 

 

15位 たまごのあかちゃん

「たまごのなかで かくれんぼしている あかちゃんは だぁれ? でておいでよ」とはじまるフレーズで次々に赤ちゃんが生まれてきます。

卵の、大きさを見てちびたんは、考えます。

きっと、へびだ!!かめだ!!

一生懸命考えて、教えてくれるその姿は、成長そのもの。

生まれてきた赤ちゃんも元気いっぱいです。

 

 

16位 おつきさまこんばんは

ページを開くと、ちびたんが食べた後…。

小さいころから読んでいたのが実感できました。

絵本の表紙と裏表紙で絵が違います。

「思わず、アッカンべェ~」をしたくなる。

息子が、キャッキャと笑い、本をもって真似をします。

真似をするという事はABAにおけるマッチングの訓練にもなりますからね!

ちびたんの、お気に入りです。

 

 

17位 たんたんぼうや

「たんたん ぼうやが あるけば たんたん…」同じ繰り返しに、テンポよく進んでいくリズム。

独特なカラフルな絵。

お馴染みの動物たち。

子供が気に入らないはずがないです。

一人じゃなくて、友達みんなで歩くのが楽しいのです。

 

18位 でてこい でてこい

緑色の葉っぱに隠れています。

「だれか かくれているよ でてこい でてこい」…

「げこ、 げこ、 げこ」

ピンクのお家や、青い丸、だれが出てくるか想像しながら楽しみながら読み進めていきましょう。

表紙に出てくるアリさんは…。

ここから、やって来たのね。

繰り返し読むことで、子供のとって、知ってる・知ってる。これは、○〇 これは、△△でしょう。

自信につながり、いい笑顔です。

 

19位 ノンタンぶらんこのせて

ちびたんはブランコ大好きです。

でも、お友達に代わってと言われても、嫌々、僕の!!

絶対に離しません。

ああっ、人の多いところでは、乗れないなぁとあきらめていた時にこの本に出合いました。

ノンタン ノンタンぶらんこのせて。

ノンタンは、ブランコを独り占め…。

そんな時、ノンタンの仲間が息子にブランコの変わり方を伝授してくれました。

おかげで、私も叱ることなくお友達と変わりばんこが出来るようになりました。

 

20位 ねずみのでんしゃ

園に通う前に、楽しく行ける方法は、ないかなと考え絵本でそれを教えたく買った絵本が、この本です。

子供の気持ちを大事に考え、楽しく園に行けるように考えられています。

毛糸を道路に引くことは出来なかったので、縄跳びで電車ごっこをしたり・花摘みをしたり・大きな声で歌ったり園までの道を楽しみました。

 

21位 へんしんトンネル

園文庫から、何回となく借りてきてくれました。面白いのです。でも、読み方に親のテクニックがいります。かっぱ かっぱ かっぱ…ぱかっ ぱかっ ぱかっ。言葉が入れ替わるときいかにうまく感情豊かに滑らかに読めるかで、絵本が別物になります。

私は、絵本を読んであげるのが苦手なので、感情豊かにして読んであげられないのですが、図書館の司書さんが読んでくださる、お話会に行くと、聞きほれてしまう事がります。絵本ではなく、まるで映像を見ているかのようにリアルで優しく心に響くお話に感動を覚える事があります。ジーンとして涙がこぼれたことも…。司書さんに、どうしたら司書さんのようにうまくなりますか?と尋ねたら、お母さんに、読んでもらうそれが一番子供の心に残る大切な思い出なので、うまく読もうとしなくていいですよ。と、答てくださいました。

 

22位 ねないこだれだ

とけいが なります ボン ボン ボン・・・・不気味でコワーイお話は、親子でしっかりくっついて読んでください。怖いのに…何度も読みたくなる。せなワールドです。

 

23位 きんぎょがにげた

ちびたんも、大好き。金魚探し絵本。何とも言えない、可愛らしい金魚をさがします。お話の内容より金魚に目が行く楽しい絵本です。

 

24位 どうぶついろいろかくれんぼ

鮮やかな色の中に何かな?何かが見えるよ。ヒントが書かれています。動物の王様だよ。面白いです。大人も一緒の楽しんでください。シリーズがたくさん出ていますがどれもお勧めで一度は読んでおきたい作品です。

 

25位 ぼくのかえりみち

読んだ瞬間、分かる!!みんなが、経験したはず、歩んだ道です。白い線だけを通って帰るルールを決めて、落ちないようにゆっくりと、途切れたところは、ないところは?と、心配になりながら最後は、いいタイミングでフィニッシュなんだかとってもすっきり爽快読み終われます。

 

26位 がたんごとんがたんごとん

赤ちゃんの身近にあるものを乗せて汽車が走ります。赤ちゃんと一緒に静かにゆっくり読みたいえほんです。赤ちゃんの大好きな赤ちゃん絵本です。

 

27位 おおきいちいさい

元永定正さん作品の絵本は、いつも芸術だと感じてしまいます。子供の頃から感性豊かにいろいろ感じてくれたらと願います。
ちびたんには、お勉強のために買いました。大きいと小さいの違いが、分かりにくい。おおきいってなんだ?ちいさいってなんだ?体で表現してみたり、絵を指でなずってみたり。大きな丸を書いたり、ちちちちっちゃいを書いて表現したり。この一冊で、色々経験できました。もちろん絵本を読むとかなりはまってしまい大笑いをしてくれるページもありました。子供といろんな楽しみ方をしてください。

 

28位 ぽんちんぱん

楽しむと言えばこれでしょうか?ちぎちぎ ぱっぱで ぽんちんぱん。歌うように楽しく。
長い曲を上手に歌えなかったちびたんは、この本でお口のリハビリをしていました。苦手なことも繰り返すと上手になるし、家族一音読上手だったりします。

 

29位 おふろだいすき

お風呂が大好きになる絵本です。ぜひお風呂に入る前に読んでみたいですね。けっこう文字が多いので園児以上が対象になるかと思います。湯船からいろいろな動物が飛び出してくるのですが、その飛び出し方が面白かったです。

実際にお風呂でできない事もあるのですが、お風呂を好きになるこの絵本は間違いなくおすすめの一冊です。

 

30位 ねえ どっちがすき?

これは、家族ではまりました。題名の通りですが、いろいろ聞きたくなるこのセリフ真似をしないはずがありません。カレーやシチュー チョコとあめ 赤と青 でも、パパとママは?…もちろん 〇◦○○!!

 

 

番外編

こどものとも年少版『ちいさいはたけ』 柳生 まち子(作)
2006年4月号
はじめて、子供のために買った本におまけでついてきた本です。あゆちゃんが、畑で野菜を育てます。何ができるかお楽しみ。最後は、お約束の時間。ホッとする絵本です。子供が、もう一回、もう一回と何度もねだったのでとても思い出深い一冊になりました。月刊誌のため、書店においてないのが残念です。

 

☆彡子供が、小学校になっても読み続けている本。

◎せんろはつづく

せんろはつづく 竹下 文子(作) 鈴木 まもる(絵)


せんろはつづくまだつづく  竹下 文子(作) 鈴木 まもる(絵)
子供たちが、線路をつなげて列車を走らすお話ですが、うちの子にはたまらないらしく、次は、トンネル 次は、橋と言いながら楽しんでいます。絵本を読み終えても、子供の感性でお話は、続いているようです。

 

◎おしりたんていシリーズ

おしりたんてい (単行本) トロル(作・絵)

「フーム、においますね」で始まる事件解決。おしりたんていの推理がさえます。おしりたんていと一緒に推理しながら、迷路をしたり、おしりマークを探したり何度でも読める楽しい絵本になっています。幼児用と低学年用の二つのシリーズからなっているのですが、どちらもお勧めです。はじめは、図書館で借りる予定でしたが、5人待ちとか…。諦めて購入しました。購入するとはまりますね。全巻あります。そして次の号が待ちどうしくなっています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました