つらい喉の痛みを治す対処法のすべて

喉の痛みはつらいですよね。

 

喉が痛いだけで、しゃべるのは大変だし、ご飯を食べるのも一苦労。

さらには何もしなくても痛くて痛くて…

 

 

喉の痛みは風邪の引きはじめによくでる症状です。

あれ?!喉に違和感があるなぁっと思っているうちにどんどん酷くなっていきます。

 

 

喉の痛みは風邪の初期症状

風邪はだいたい喉か鼻からウィルスや細菌が侵入してきて発症します。

なので風邪の引きはじめは喉や鼻からはじまる事が多いのです。

 

まずは喉や鼻にウィルス、細菌を侵入させない為にも手洗い、うがいの習慣をつけてください。

これだけで風邪の罹患率が大幅に下がります。

 

風邪を引いてもなかなか仕事は休めないし、予定も詰まって大変。

なら意識的に手洗いうがいで風邪の予防を心掛けましょう。

 

 

そもそも風邪とは?

肺に出入りする空気の通り道を気道といいます。

 

鼻や喉までを上気道を言いますがその上気道がウィルスによって炎症を起こした状態を風邪と言います。

 

風邪の正式名称は「感冒」や「急性上気道炎」、医学的には「風邪症候群 」と呼ばれています。

 

我々は鼻風邪、喉風邪と呼んでいる事が多い事かと思います。

 

上気道のさらに奥まで炎症が進めば気管支炎をいい、高熱や粘りの強い痰が出てきて病院での治療が必要です。

 

気管支のさらに奥、肺まで炎症している状態を肺炎と言います。

 

肺炎にまでなれば高齢の方や、体力の弱っている方にとっては命に関わってきます。

 

実際に喉が痛くなってきたらどう対処すればよいでしょうか?

 

喉の痛みの程度によります。

 

 

少し喉に違和感がある程度の痛み

しっかりとうがいをして喉を清潔にしましょう。

そしてマスクをして保湿します。

 

マスクをする事で自分の息で保湿して、喉の乾燥を防ぎます。

 

のど飴を舐めるなどして、喉を潤しておきます。

 

寝る前には加湿器とマスクで喉の乾燥に十分気をつけましょう。

 

またネックウォーマーなどで喉をあっためてあげましょう。

人間は体温が上がっていくと免疫力も上がっていきます。

 

 

喉を温める事で本来持っている免疫機能を発揮して、ウィルスの繁殖を抑えてくれます。

 

しっかり保湿・保温する事で軽い喉の痛みなら、すぐに緩和できる事でしょう。

 

 

喉が痛くてつらいとき

先ほどの喉の保湿・保温の対処法に加えて、市販薬を飲んでいきましょう。

喉の痛みに効く薬はペラックです。

 

あまり聞き慣れない薬ですがペラックは喉の痛みに即効性のある市販薬です。

喉の痛みと言えばペラックと言われるほどの薬で、薬局で買う事ができます。

 

ペラックはトラネキサム酸が主成分となっております。

喉の炎症や口内炎などに効くという事です。

ただトラネキサム酸には血栓ができやすくなるという副作用もありますので、注意が必要です。

 

長期での服用は避けて、治りが遅い場合は病院へ行きましょう。

 

喉の痛みには解熱鎮痛剤も効果がありますので、一時的な対処療法として使用する分には問題ないかと思います。市販薬ではイブプロフェンが有名で応急的処置として使用できます。

 

普通の安静にしていれば風邪なら2、3日もすれば良くなっていきます。

 

 

唾も飲み込めない程に痛い時

高熱がでたり、唾も飲み込めないくらい痛いときにはすぐに病院にいきましょう。

 

ただの風邪ではなさそうです。市販薬ではどうにもなりません。扁桃腺が腫れたり気管支炎を併発してる可能性もあります。

 

扁桃腺が腫れると激しい喉の痛みに加えて、発熱や悪寒もひどくなってきます。

 

治療は抗生物質を使わなければいけないので必ず内科もしくは耳鼻咽喉科で見てもらいましょう。

 

喉の痛みに加えてひつこい咳も続くようでしたら気管支炎の可能性もありますので、内科か呼吸器科で見てもらいましょう。

 

特に呼吸が苦しく感じたり、咳き込みがひどい場合はすぐに受診しましょう。

 

扁桃腺にしろ、気管支炎にしろ検査の結果、炎症がひどいようでしたら、入院を勧められる事もあります。

 

のどが痛い時のおすすめ対処法

 

 

のど飴を舐める

喉を潤す事で乾燥を防ぎます。

また飴を舐めることで唾液が分泌されて、喉の粘膜を修復させてくれます。

 

「龍角散のど飴」がおすすめです。コンビニやスーパーでも売っていて手に入れやすいのもポイントです。

 

のどにやさしい19種類のハーブが配合されているという事です。

 

のど飴はいろいろありますが、私は「龍角散のど飴」が一番だと思います。風邪じゃなくても喉の調子が悪い時は「龍角散のど飴」で喉を潤してあげましょう。

 

 

咳も併発している時は第二類医薬品に分類されているルルメディカルドロップがおすすめです。

有効成分であるdl-メチルエフェドリン塩酸塩、グアヤコールスルホン酸カリウム、セチルピリジニウム塩化物水和物が咳を抑え、喉の痛みを鎮めてくれます。

 

dl-メチルエフェドリン塩酸塩は気管支を拡張させてくれるので呼吸が楽になりひつこい咳を鎮めてくれます。

 

グアヤコールスルホン酸カリウムは痰の粘りを薄くしてくれて排出しやすくしてくれる成分になります。

 

セチルピリジニウム塩化物水和物はうがい薬やトローチにも使われる殺菌作用の効果があります。

 

状況に合わせて龍角散のど飴とルルメディカルドロップを使い分けていってます。

口呼吸にご注意を!

呼吸は鼻でしていますか?!
口呼吸をしていると喉が乾燥していって炎症が悪化していきます。
しっかりと口を閉じて鼻で呼吸をしましょう。
鼻呼吸をする事で、鼻の内部で細菌やウィルスを除去してくれて、加湿してくれます。
口呼吸をしている方は、喉を傷めやすい環境にあるとも言えるでしょう。

喉の痛みにマスクは必需品です

とりあえず常にマスクは常備しておきましょう。そして喉に違和感を覚えたらとりあえずマスクです。

 

家の中でも寝るときもマスクをする事をおすすめします。

 

 

喉の痛みや違和感は乾燥によってどんどん悪化していきます。

 

なのでとりあえずマスクをつければ自分の息で保湿され乾燥を防ぐ事になります。

オーソドックスですが大切な事です。

 

寝るときもマスクをする事を忘れずに。

 

だいたい、朝起きたら喉は乾燥しきって最悪の状態となります。

 

ガラガラ声になっていたり、喉の痛みが頂点に達している事もしばしば。

 

寝てる間も自分の息で保湿し続けますので喉に付着したウィルスの繁殖を抑えます。

喉の炎症時のうがい薬はアズノールがおすすめ

うがい薬と言えばイソジンを代表とするポピヨンヨードです。

主に口腔内や喉の殺菌消毒の効果が期待できます。

 

ただイソジンは殺菌がメインで喉の炎症を緩和してくれる効果はありません。

 

すでに喉に炎症がおきてしまっている状態ではアズノールがおすすめです。

アズノールは抗炎症作用が口や喉の粘膜の創傷治療を早めてくれるのが特徴です。

 

市販薬ではアズレンうがい薬が同じ成分が入っています。

 

喉の炎症にはイソジンよりアズノールをおすすめします。

 

アズノールのメリットはうがい後に喉がすっきりするのもあります。

 

喉が痛い時はだいたい喉がイガイガしているものです。

 

そのイガイガ感を一時的に緩和してくれます。

 

イソジンにはない爽快感があるので、うがい自体の回数が増えるのもメリットかと思います。

 

 

 

▼関連ツイートはこちらです

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました