即実行したい10の気分転換術でいつでもできるリフレッシュ法

仕事をしていようと、ブログを書いていようと、運転をしていようと人は疲れるものです。

疲れを引きずったまま良い仕事はできないし、良い記事は書けないです。
運転にいたっては疲労は事故の原因にもなります。株のデイトレしている方も短い時間でのリフレッシュが必要になる事もあるでしょう。


疲れを感じたときの気分転換こそが人生を変える鍵と言えます。

読者のみなさまにすぐ実践できる気分転換の方法をお教えしたいと思います。

どれも時間をかけず環境に左右されず即実行できる事に重点をおいてます。

素早いリフレッシュでまた再び精力的に物事へ取り組めるように!疲れたからといってだらだら作業を続けるより、一旦、手を留めてリフレッシュしてみましょう。

 

 

10分間瞑想をする

これは気分転換の方法としては最強なのではないでしょうか。

10分間、目を閉じるだけ。

瞑想は睡眠に匹敵するくらい疲れをとってくれます。

パソコンやスマホを見ないで10分瞑想してみてください。10分が意外に長く感じることでしょう。椅子に座りながらでも瞑想できるのでチャレンジしてみてください。10分の瞑想を取り入れるだけで人生変わります。

 

瞑想はスティーブ・ジョブズやビルゲイツなど多くの著名人が取り入れています。目を閉じる事で外との視界が遮断されより集中した状態に入り内なる自分との対話が始まります。

今、身のまわりに起こっている事を前向き捉える事ができ、さまざまなアイデアが浮かんでくる事も。10分の瞑想と侮るなかれ。多くの成功者が瞑想を身近に取り入れている事でも瞑想のすごさがわかると思います。

 

短時間睡眠

時々、瞑想中に寝てしまいますが短時間睡眠も体と心をリフレッシュしてくれます。
すこしでも寝ると頭がスッキリします。


深い眠りに入る前に起きるので寝起きのつらさも少ないですよ。
多少寝不足でも短時間睡眠を取り入れると生活の質は向上します。

特に食後に血糖値は急上昇して、血糖値を下げるためにインシュリンというホルモンが分泌されます。その為に食後1時間~2時間程度は眠たい状態になります。

昼食後にほんの少しでも横になって仮眠と取る事は脳を休めてスッキリさせてくれます。ほんの少しの睡眠でもリフレッシュ効果はばっちりありますので引き続き精力的に作業に取り組んでください。

おすすめの仮眠方法!

時間がない時におすすめなのは1分仮眠です。いつでもどこでもできる1分仮眠。パソコンの前でもいいので1分間、目を閉じて眠ったつもりになってください。実際に寝れているかは問題ではなく1分間意識して休む事が重要なのです。

1分だけでも脳に入る情報を遮断して休めてあげる事が大切です。

 

昼休みにおすすめしたいのは20分仮眠。机の上でいいので20分間仮眠してください。なぜ20分かと言えばノンレム睡眠という深い眠りにつく一歩手前だからです。それ以上寝ると起きるのが非常につらい状態になります。

20分というのは個人差はありますので自分でベストな仮眠時間を探し出してみてください。

<おすすめの仮眠グッズ>
MOLDEX メテオ (モルデックス メテオ 8ペア)
めぐりズム 蒸気でホットアイマスク 完熟ゆずの香り 14枚入

 

コーヒーを飲む

わざわざ私が言うまでもなく多くの方が実践されていると思います。

コーヒーのカフェインが神経を興奮させてくれ一時的に眠気がさめて、疲れがとれた気になります。

ただあくまで一時的に疲れが取れるだけで一種のドーピングみたいなものカフェイン効果がきれると同時に今まで以上の疲れが襲ってきます。

また夜遅くにカフェインを飲んでしまうと神経の興奮により、寝ようとしたときに眠りにつきにくくなるので注意が必要です。

 

そんな時は水で十分です。

その疲れ水分が不足していただけかもしれません。冬だったらお水を温めた白湯でもいいですね。

仕事前やお昼に疲れた時なんかはブラックコーヒーがおすすめです。

 

 

目薬をさす

必要な時間はほんの数分ですが目の疲れが取れるとともに気持ちもリフレッシュされます。時にパソコンでの作業が続きますと目が疲れてきます。

 

そんな時は目薬をさして目を閉じて休んでください。目をいたわってあげる事は大切です。

目薬の爽快感が目覚めるような気持ちにさせてくれます。

 

パソコン前で「あぁ疲れた」と言葉がもれた時ぜひ試してください。目薬を差した瞬間からリラックスできます。

眼精疲労をバカにしてはいけません。長時間、パソコンでの作業を続けているとピントを調節する機能は低下していき、目がかゆくなったり、目が乾燥したりさまざまなトラブルが発生します。

 

目薬だけに頼るのではなく、少しの時間でいいので目を閉じて目を使わない事も重要になってきます。

おすすめの目薬はこちらです。

音楽を聴く

もし5分ほど時間があるなら一曲音楽を聴いてみましょう。

 

自分の好きな音楽を聴いていると脳はリラックスモードに入っていきます。

テンポの良い音楽は感情を揺さぶってくれます。激しい音楽を聴けば心のハートに火をつけてくれます。音楽を聴くだけでやる気がみなぎってくるのです。

 

逆にピアノやオルゴールなどの音楽はリフレッシュ効果に加え気分の鎮静効果、集中していく効果が期待できます。

 

音楽を上手に利用して気分の転換をはかっていきましょう。気分を盛り上げたい時は激しい音楽を、気分を落ち着かせたい時はリラックス作用のある音楽を。

今は自分の聞きたい音楽を携帯に入れて持ち歩く事ができ、いつでも聞くことができます。音楽には様々なジャンルがあります。クラシック、ロック、ポップス、ソウル、レゲエ、ヒップホップ、パンク、ブルースなど多岐に渡っています。

私は好きな音楽を携帯に入れながらもAmazonプライムで新しい音楽を探しています。100万曲以上の楽曲が効き放題で必ずや自分にピッタリの音楽に出会える事でしょう。

関連記事:まだ入ってないの?Amazonプライムがお得すぎて紹介せずにはいられない

 

お気に入りのブログを読む

気分転換に自分のお気に入りのブログを読む時があります。

さすが、一流のブロガーの書く記事は私の心を揺さぶってくれます。

そうだ自分も負けていられない、がんばらなきゃ!

そんな気持ちにさせてくれるのがお気に入りのブログたちです。だるい気持ちから一気に気分転換を図れます。私も記事一つで人を揺さぶるようなそんな記事をたくさん書けるようになりたいと思います。

ただし読む記事は1つに限定しておきましょう。面白くてブログの世界に引き込まれたら時間がたつのは非常に早いですからね。

 

Twitterに投稿

Twitterに今の気持ちを投稿してみましょう。140文字なので時間もかかりません。

今している作業と違う事をすることで脳は思考が切り替えられます。

140文字という制限が頭を切り替えさせてくれます。自分の気持ちをフォロワーに吐き出す事で不思議とリフレッシュできるものです。文字の制限があるので時間を取られないのが魅力ですね。

Twitter Time Lineを見ていると仕事の合間にツイートされている方を見かけますが、私も空き時間ができたり、気分転換を図りたい時につぶやいたりします。
かぶまるのアカウントフォローお願いします。

 

ストレッチをおこなう

体は動かさないと節々がなまってきます。同じ姿勢でいるとあちこちが痛くなってきますよね。

 

思い切ってストレッチしてみましょう。うーーーーんと体を伸ばして滞留していた血液を全身に送り届けてあげましょう。なんて気持ちの良い事でしょう。

 

ストレッチした後、力を抜くと体が暖かくなっているのがわかりますね。1分でいいので力を込めて本気で体を伸ばしてみましょう。

今、ストレッチできる環境なら両手を思い切り上にあげて10秒キープ、一気に力を抜いてみてください。ほら一瞬でリフレッシュできたでしょ。体をほぐしたり、リラックスできるストレッチ方法はたくさんありますので自分にとってお気に入りの方法を探し出してみてください。

 

筋トレをしてみる

ストレッチも気持ちいいですが一人なら筋トレもリフレッシュになります。

場所や道具をとらないスクワットや腹筋、腕立て伏せをしてみましょう。

運動不足の私は正直疲れます。疲れますがその疲れがいいんです。仕事やブログや運転をしていた体はもしかしたら筋トレを求めているのかもしれません。

適度な筋トレはストレスの解消にもつながりますし、筋肉を使う事で筋弛緩効果も生まれます。筋トレ自体は時間がかかりません。自重トレーニングならほんの数分でできるのお手軽さです。

しっかり筋肉をつける事で疲れにくい体を作っていく事にもなります。

関連記事:筋トレで自己改造|男なら一度は憧れるあふれる筋肉

 

ウォークキング

気持ちが乗らなかったり作業が進まないときはちょっとでいいので歩いてみましょう。

歩けば気持ちが前向きになり脳が活性化します。

歩けば酸素をたくさん吸って深呼吸できます。

歩けばまわりの景色がどんどん変わっていき新たなアイデアが生まれるかもしれません。

 

ちょっと歩くだけで体も気持ちもリフレッシュできてしまいます。歩く事で脳からドーパミンが放出されるといいます。

ドーパミンは意欲を作ったり感じたりするホルモンで、歩く事でドーパミンが放出されて、気分をリフレッシュさせる事が可能だという事です。他にもウォーキングの効果はたくさんあります。ウォーキングの効果を別記事にまとめてあります。ぜひ日常に取り入れてみてください。

関連記事:運動不足解消にウォーキング|私がおすすめする10の理由

 

リフレッシュをして作業効率化を

パソコンも動きがおかしくなったら再起動します。

人も疲れがたまった時にはリフレッシュする必要があります。

気持ちが乗らない時もそのままだらだら作業をするよりリフレッシュした方が効率的です。

 

仕事は普通は8時間、そこに残業が加わりますので相当長時間の作業が続くことになります。

いかに上手に短い休息を挟んでいくかが重要となります。

 

リフレッシュのポイントは時間をあまりかけないでどれだけ効果を出すかです。

今回ご紹介した10個のリフレッシュ方法はどれも10分以内で可能なものです。

 

私は疲れた時の素早い気分転換こそが人生における成功の鍵だと思っています。

 

ブログは一気に書き上げるつもりで書くけど、疲れた時はリフレッシュして仕切り直しだぜ!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました