髭が濃い人の髭剃りはラムダッシュ3枚刃がおすすめ|価格と性能に優れています

髭剃りは毎日する作業です。

朝、歯を磨くように髭をそりますよね。毎日行う作業だからこそ、私は電気シェーバーにはこだわっています。

365日行う作業を快適に行えるという事は重要です。毎日、髭剃り跡が残ったり、鏡を見て青っぽくなっていたり、手でなでるとざらざらしていて、まだ剃れそうな気がしては心地悪いです。

それでは…という事でもう一度剃ってみますが、あまり変わりません。

大切なのは電気シェーバーの選び方です。自分に合った電気シェーバーを選ばないとどれだけ剃っても剃り残しは発生したり、肌が荒れたりします。

私の髭は濃い方ですので深剃りできる電気シェーバーでないとどうしても剃り残しが発生してしまいます。

髭が濃い人ほど電気シェーバー選びは重要となってきます。

 

電気シェーバーの選び方

電気シェーバーを買いに行ってもたくさんのメーカーが並んでいて、同じメーカでも種類がたくさんありどれを選んでよいのかわかりません。

Amazonで物色してみても良さげなシェーバーがたくさん見つかって余計迷ってしまいます…。重要なのは自分に合ったシェーバーを選ぶ事です。

多くの髭の濃い人にとって重要なのは超深剃り可能な電気シェーバーを選ぶ事です。そこを間違って電気シェーバーを購入しなおした経緯があります。

毎日の髭剃りだからこそ妥協したくないし、良いものを使いたいですよね。髭がしっかりそれれば一日清潔感がでてきますし、髭の事を気にする事もなくなります。

完璧に剃りたいならT字カミソリで鏡を見ながら徹底的にそれば剃り残しはなくなるでしょう。

両刃のカミソリでは順剃り、横剃り、逆剃りと順にそっていけばツルツルに仕上がる事でしょう。徹底的な仕上がりにこだわるなら両刃のT字カミソリですが、一番の欠点は面倒であること。

毎回、シェービングクリームを肌になじませて、順剃りで少し髭を出っ張らせて、その後に横剃り、逆剃りで深く剃っていく作業が必要になります。

 

ただでさえ時間のない朝。朝の時間が大切だからこそ、電気シェーバーをおすすめしたいです。

電気シェーバーの進化はもの凄く最近のものは超深剃りが可能で、その仕上がりはカミソリで剃ったのかと間違えてしまうほど。ツルツル仕上がりが可能な上にカミソリより肌にやさしいです。

 

 

電気シェーバーを選ぶ上で重要なポイント

さて電気シェーバーを選ぶうえで何を基準に選べばよいのか私なりのポイントをまとめてみました。

1、剃り心地はどうか?

2、肌に優しいかどうか?

3、電気シェーバーの手入れは簡単か?

4、値段は妥当であるかどうか?

この4つのポイントをすべて兼ね備えている深剃り可能な電気シェーバーはどれになるのでしょうか?読者のみなさまには同じ失敗をしてもらいたくない。という事で私の使っている電気シェーバーをご紹介したいと思います。

 

私がおすすめするのはパラソニックのラムダッシュメンズシェーバー3枚刃です。4つの重要なポイントを解説していきますのでご参照ください。

剃り心地はどうか?

30°鋭角ナノエッジ内刃リニアモーターで高速駆動で硬いヒゲもしっかり剃れます。まるでカミソリで剃ったかのような剃り心地です。髭が濃くて悩んでおられる方にはラムダッシュが第一の選択肢になるかと思います。

またヘッドが顎の形状に合わせてスイングしていくので非常に心地よいですね。またセンサー機能がついて髭が濃いところでは、自動でパワーを調節してくれる機能付きです。

長年、髭剃りで悩んでいた問題が一気に解決できたのがこの機種です。今までさまざまな機種を使ってきましたが、濃い髭で深剃りを求めておられる方にとってはこちらをおすすめします。

 

肌に優しいかどうか?

深剃りであればあるほど、肌荒れのリスクがまします。肌荒れは深剃り電気シェーバーの宿命ともいえるでしょう。ただし、最近の電気シェーバーでは深剃りであっても肌荒れをおこしません。ラムダッシュの3枚刃を使用して半年ほどたちますが未だに肌荒れで悩んだ事はありません。

肌に関しては個人差があります。もし肌荒れが気になるようでしたら髭剃り前にジェルを使用したり、髭剃り後に保湿クリームなどを塗る必要があるかと思います。

 

電気シェーバーの手入れは簡単か?

髭剃りはしっかり手入れをしないとばい菌が繁殖して毛嚢炎を起こす可能があります。なので電気シェーバーの手入れはどんな機種を買っても必須です。より手入れが簡単な機種こそが優秀と言えましょう。

ウォータースルー洗浄といって外刃を外さずにヒゲクズを洗い流す事が可能です。防水設計なのでお風呂で使用して、そのまま洗浄できるのは非常に楽ですよね。

外刃をはずさずにまるごと洗えるので、手入れは簡単と言えるでしょう。

 

値段は妥当であるかどうか?

最新価格はこちらから見てください。

 

これだけの性能を兼ね備えて毎日使うものなので、ある程度の性能を持つ機種を買いたいものです。性能と価格のバランスを兼ね備えた機種を探す必要があります。

 

コンビニで売っているような激安機種とはものが違います。剃り心地からスピード、肌荒れの改善、水洗いまですべてが別次元です。最初の出費はかかりますが、毎日満足して使える事は重要です。

髭剃りに不満のある方はぜひワンランク上の剃り心地を試してみませんか?たかが髭剃りですが、世界が変わりますよ!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました