美文字を書くための練習方法|字がうまいだけで得する事が多いです

仕事でもプライベートでも字を書く機会が減りました。仕事はほとんどパソコンを使いますし、プライベートではスマホを利用します。

ただ、字を書く機会が減った分、上手に字が書けなくなってきたと実感させられます。
もともと字はきたないのですが、それに拍車がかかってきた感じです。字を書かなくなってきたとはいえ、字を書く機会は毎日あります。

重要書類などはどうしてもサインや手書きを求められる事があります。

 

字がきたないだけで人生損をしています。

字が汚いので余計に積極的に文章を書こうとしない。

字が綺麗なだけで尊敬の眼差しでみてもらえる。

逆に読むに耐え難い字は、他人が読むのに苦労させてしまう。

乱筆な為に自分自身で文章を読み返すときでさえ困ってしまう。

字を書かないことで漢字を忘れてしまう。漢字は使わないと徐々に忘れていってしまいます。

やはり字は綺麗に書けた方が人生捗りそうです。世の中、掲示物から看板までパソコンで作られた印刷物が多いからこそ、綺麗な字は、人目を引きます。

美文字を書くために何をすべきか調べてみました。

 

まずはゆっくり書いてみる

急いで字を書くと乱筆になります。

よほど速記スキルがない限りは、字は乱れます。綺麗な字を書こうと気持ちを持ってゆっくり丁寧に書くだけで違います。
時間に切羽詰まっていない限りはゆっくり丁寧を肝に命じる事で自分の持っている最大限のクオリティを発揮できます。

一文字を丁寧に書くのではなく一つの線に集中して書いてみてください。美文字に関する情報を探すと、行き着くのは「トメ」を確実・丁寧におこなっていく事に行き着きます。

留めるところはしっかりとめ、跳ねるところしっかり跳ねます。一本の線に注意を払う事で字は改善されます。

字の性質そのものは変わりませんが、字にメリハリがついて丁寧に書かれているので、綺麗な字に見えるようになります。

 

 

安くペン習字

社会人になればほぼボールペンで字を書くことになりますので、字の勉強をするならペン習字という事になります。
長年の間違った癖を直して正しく美しい字をマスターするには「見本を真似ていく事」を、繰り返し継続していく必要があります。

見本は書店で売っているペン習字のテキスト一冊で十分かと思います。

通信講座なんかもありますが、添削以外はほぼ同じです。費用面から考えても書店やamazonでテキストを入手される事をお勧めします。

 

さらに今の時代はYouTubeという強い武器があります。「ペン字」や「ペン習字」とYouTubeで検索すればたくさんの見本動画を見られます。

字だけでなく、ペンの持ち方や動かし方まで真似てください。

美文字への第一歩は真似る事からはじまります。字がきたない方の多くは自己流で変な癖がついてしまっているのが原因です。

 

 

正しいペンの持ち方

そもそも正しいペンの持ち方ができていない可能性があります。

ポイントはペン先から3センチ先を親指、人指し指、中指で△を作るように持つことです。
書くときはペンを寝かせすぎず60度くらいの角度を保つように心掛けましょう。

正しいペンの持ち方は握るより「つまむ」を感覚となります。

正しいペンの持ち方を意識する事こそが美文字への第一歩となります。

 

正しい書き順を覚える

漢字は覚えていても書き順が無茶苦茶となっている場合が多いです。

私もそうです。

書き順こそ一番、自己流になりがちですが、正しい書き順を学ぶ事でバランスよく漢字を書くことができます。
書き順とは漢字を書く際、最もバランスよく美しく書けるよう考えられて作り出されています。

すべての漢字とは言いませんが、小学校で習う漢字くらいはもう一度復習しておきたいものです。
子供の漢字の練習ノートを見て自分の書き順の誤りに気付く事もあります。

長年、自分が正しいと思っていた書き順が間違っているのは、けっこう衝撃的です。

字がきたない人こそ書き順が無茶苦茶な場合が多いので、一度復習をお勧めします。

 

最後は練習あるのみ

美文字練習ノートを一冊用意すれば美しい字の書き方のテクニックについてはだいたい網羅されていますので、あとはひたすら練習あるのみです。

ポイントを意識して練習していけば達人の領域にまでいかないにしても、人に見せられる字を書くことができます。

美文字スキルは必須ではありませんが、マスターしておくと何かと便利です。どれだけ魅力的なたたずまいをしていようと、乱雑なきたない字を書いていれば、魅力は半減します。

 

政治家や経営者は字がきれいな方が多いです。それは字がきれいなだけで、一目おかれるからであり、下手な字を披露するだけでまわりから「えっ?」と思われてしまうからです。

出典:http://nihonnococoro.at.webry.info/201202/article_14.html

綺麗は字を書くように努力する事は心の修業にもなります。精神が乱れていては綺麗な字は書けません。

 

実際に高血圧の状態やうつ状態ではきれいに字が書けないそうです。

それほど、字と体と心は密接に繋がっています。字を書く前に深呼吸して一息ついて書き始めると案外、うまく書けるものです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました