クレヨンしんちゃんのおすすめ映画はこちら|ギャグあり涙ありのクレしん映画BEST10

クレヨンしんちゃんの映画はストーリーがしっかりしつつ、ギャグあり、感動あり、涙あり3拍子揃った映画が多いです。

え?クレヨンしんちゃん(笑)ってバカにしちゃあなた!クレヨンしんちゃんの映画はかなりレベルが高いです。絵が好きになれないって方もおられるかもしれませんが、見るとそのしっかりした内容に驚かされます。

といってもクレヨンしんちゃんの映画はかなりの数にのぼりどれを見ていいのか迷ってしまいます。大人から子供まで万人におすすめできる映画をピックアップしていきますのでご参考ください。

 

 

第1位 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲

クレしんファンの方にはやはりこれか…と思られるかもしれませんが、大人目線の私が一番心に響いた映画です。公開当時、映画館ではひろしの回想シーンではすすり泣く方が多数いたという事です。

「昔はよかった。昔を懐かしむ大人の気持ち」と「家族の為に前を向き未来に向かって生きていく」どちらも共感でき過ぎて…クオリティ高すぎですね。

子供の頃、早く大人になりたかった気持ちと、いつまでも子供のまま遊んでいたかった気持ちを抱えながらも、未来へ向かって生きていくしかないのですね。どれだけ過去が輝いて楽しかっても、どれだけ今がつらくしんどい状況でも、未来に向かって生きていくしかできないのです。

この作品が数多くの方から支持される理由は、自分の人生を重ね合わせて見てしまうからではないでしょうか?

 

第2位 ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん

ひろしがたまたま行ったマッサージでいつの間にか改造されロボットになって帰ってきます。
「全国のお父さん、そして家族が涙する!」というキャッチフレーズでしたが特に中年男性にとっては心に響くのではないでしょうか?

自分がひろしの記憶をコピーされたロボットがそれに気づくとともに、家族を守るために命をかけて戦います。もう俺がいなくても大丈夫。本物のとうちゃんが家族を守る…そのセリフは心をえぐるものがありますね。

いやマジで感動しましたね。特にラストシーンに向けての盛り上がりは圧巻と言えるでしょう。うすうすロボとうちゃん死んじゃうの?っと予想させつつ、最後の腕相撲の勝負が本当に本当にすごかったです。ロボとうちゃんと、とうちゃんの本物のとうちゃんをかけての戦いに、しんちゃんが涙一杯になりながらも、泣かずに見送る姿を見て私が号泣してしまいました!

第3位 ヘンダーランドの大冒険

クレヨンしんちゃんの魅力が一杯詰まった映画と言えばこれでしょう。ギャグあり、ストーリーあり、キャラも際立って非常にバランスの良い作品です。もう20年前の映画で古いかと思われますが、今見ても色あせていないです。

クレヨンしんちゃんにはかかせない「アクション仮面」「カンタムロボ」「ぶりぶりざえもん」も登場します。

しんのすけはアミューズメントパーク“群馬ヘンダーランド”に遠足で出かけていきますが、そこは地球侵略をこころみる魔女・マカオの本拠地で攻防が繰り広げられていきます。ちょっとシリアスな展開かな…と思わせつつ一気にギャグにもっていくところはさすがクレヨンしんちゃんです。

 

第4位 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦

このタイトルを見るだけで「又兵衛ぇーーー!」と叫んでしまいそうです。クレヨンしんちゃんだけどほぼストーリーで見せてきていますね。

又兵衛がすべてを持っていっているこの映画はクレヨンしんちゃん禁断の「死」を取り扱っています。泣けない訳がないじゃないですか…。この映画を見た人は「おまたのおじさん」という言葉を聞いただけで心がじわっと来るはずです。

ひろしが現代社会の車で暴走して、戦国時代を無双する場面は個人的にとても面白かったです!

原監督がクレヨンしんちゃんを作るとこう仕上がるのか、子供向け映画に多くの内容をこれまでかというくらい詰め込んだ映画です。ちなみにストーリー重視になっている分、ギャグが少な目になっています。

 

第5位 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁

格好良いしんちゃんを見たいならこの映画です。将来の英雄であるしんちゃんを5歳のしんちゃんが助けに行く映画です。将来のしんのすけの花嫁だという大人のタミコを5歳のしんちゃんが助ける姿はめちゃくちゃ格好良いですね。

また風間君、マサオ君、ぼうちゃん、ネネちゃんの将来の姿が描かれていて…何とも言えない気分にさせてくれます。マサオ君がこの世界で見た雑誌を読みながら、不貞腐れ内容について悪態をついているレジの店員を唖然とした様子で見つめていましが…。その店員は未来のマサオ君だった訳です。いや、どれだけ夢見ていても現実はなかなか厳しいな…と思い知らされた夢のない場面が非常に印象的でした。

ちょうど臼井儀人先生が亡くなられ、今後しんちゃんはどうなるのかと心配されていた時期に公開された映画でもあります。しんちゃんはその後もずっと引き続き放送され映画も作られ続けています。日本の子供にしんちゃんという偉大な漫画とアニメを残していただいた臼井儀人先生に感謝の気持ちでいっぱいです。

 

第6位 電撃!ブタのヒヅメ大作戦

冒頭はこれがクレしんかと勘違いさせてくれるくらい緊張感詰まった場面で作品に引き込んだ後、いつものふたば幼稚園のキャラがでてきてほっとさせてくれます。ぶりぶりざえもんが引き立っている映画ですね!ぶりぶりざいもんとの友情は熱い!熱すぎます!

終盤のぶりぶりざえもんは反則です。「しんちゃんが自分で生み出した友達を救う」場面になってくと、何故か愛おしくて涙が止まりません。

そして最後の別れのシーン。セリフを抜き出すのも何ですからぜひ映画を見ていただきたいです。あぁやっぱりしんちゃんの映画なんだと思わせてくれる場面です。

 

第7位 嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ

「電撃!ブタのヒヅメ大作戦」「超時空!嵐をよぶオラの花嫁」と並んでかすかべ防衛隊が大活躍する映画ですね!さてこの映画の見どころはヒロインのつばきちゃんではないでしょうか?さまざまな映画で多くのヒロインが登場してきましたが一番魅せてくれるヒロインではないでしょうか?私の憶測で申し訳ないのですが、おそらくしんちゃんも映画史上で一番惚れ込んだのがつばきちゃんではないでしょうか?

さてこの映画、ラストが切なすぎます。まぁラストでヒロインとの別れは定番なのでこの映画もなんとなくつばきちゃんとの別れは予想できるのですが…。

終盤、現実の世界に戻る場面は唐突に訪れます。そして現実の世界にはつばきちゃんはいない。そこもなんとなく予想できるのですが、この映画はこのままつばきちゃんに会える事なく終わりを迎えてしまうのです。

ええぇぇ。クレヨンしんちゃん史上もっともかわいいヒロインでありながらもっとも切ない別れをするこの映画のラスト。

いつ、つばきちゃんが再登場するのだろうと待ちわびますが、最後に味わうのはもう会えないという切なすぎる現実です。

 

 

第8位 暗黒タマタマ大追跡

この映画は一貫しておかまが襲ってきてしんちゃんは逃亡していくのですが、この逃亡劇が面白いのですね。

しんちゃんの映画の中でもギャグが強烈です。しんちゃんの映画はやはりこうでないといけません!全編通してギャグが冴えわたっています。中には行き過ぎ感もありますが…。

野原一家もおかまもキレキレでイイです。ぜひしんちゃんのギャグを思う存分堪能したいならこの映画を見ましょう!

いやーもうただただ面白いそれだけでいいじゃないですか!

 

第9位 爆睡!ユメミーワールド大突撃

夢の世界で野原一家とかすかべ防衛隊が大活躍します。ヒロインサキちゃんの悪夢を救う為に夢の世界で戦う映画となっています。それぞれのキャラに合わせた夢の世界が非常に面白いです。しんちゃんはギャルに囲まれ、ひろしはCEOとなり、みさえはイケメンホストに酔いしれます。風間君は政界進出して、マサオくんは漫画家デビュー、ぼうちゃんは石になり?、ネネちゃんはアイドルになっています。

ユメミーワールドの夢のような世界とユメミーワールドの外の悪夢の世界のギャップがもの凄いですね。悪夢にうなされて疲労困憊していくひろしの姿がいたたまれなかったです。

この映画で一番輝いていたのはみさえです。子供をただ一途に愛する親の気持ちを語り、サキを悪夢の世界から救ってあげたのですからね。

 

第10位 爆発!温泉わくわく大決戦

このDVDに同時収録されている「クレしんパラダイス!メイド・イン・埼玉」が果てしなく面白いのでおすすめします。暗黒タマタマ大追跡と並んでギャグが冴えわたって笑えます。神がかっています。爆発!温泉わくわく大決戦も面白いです。

ただあまりにくだらなくて、途中からなかだるみしていくので、意見が二分される映画ではあります。なのでとりあえず第10位に入れておきました。

 

以上、私がおすすめするクレしん映画BEST10です。他にもBEST10に入れられませんでしたが「嵐を呼ぶジャングル」や「雲黒斎の野望」などもぜひ見ていただきたい映画です。それにしても、クレヨンしんちゃんは子供向けアニメにも関わらず全ての世代で評価の高いアニメが多いですね!もはや国民的アニメといえるクレヨンしんちゃん。

クレヨンしんちゃんの人気映画をAmazonプライムで見る事ができます。

ここにあげたBEST10は誰が見ても損しない、ぜひとも見てください!とおすすめできる映画です。まだ見ておられない方はぜひご視聴くださいませ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました