夏の脇の臭いをなんとかしたい!|今すぐできるワキガ対策

汗ばむ季節が近づきつつあります。日中は動くと軽く汗をかいてしまいますね。

そんな汗ですが、はっきり言って汗をかくと臭いです。

特に脇の汗の臭いは強烈です。!

口臭と並んで人を不快にさせてくれる臭いであり、千年の恋からも目覚めさせてくれる臭いであります。
大量に汗をかいて脇の臭いを発生させる前に、この時期から意識して対策していく事がポイントとなります。

 

 

汗をかくのは健康の証

そもそもどうして脇から大量の汗をかくのでしょうか?
脇から汗をかくこと自体は健康な証です。

汗をかくことで体内の熱を放出させ、汗が乾いていく事で体の温度を下げようとします。汗をかくことで体温を調節している訳です。

逆にこの体温の調節機能が弱まったら、汗の量が減って体に熱を貯めてしまう事になるのです。

幼児や高齢者が熱中症で倒れてしまいやすいのはこの体温の調節機能が弱いというのも要因の一つにあげられます。

脇の臭いの原因はアポクリン線

脇には二つの汗腺が存在しますが、脇の強烈な臭いの原因はアポリクス線にあります。

簡単に説明させていただきますと、脇にあるアポクリン腺から出てくる脂質やたんぱく質などの成分を、皮膚上にいる常在菌が分解していきます。その分解時に発生する臭いが、強烈な臭いとして感じられるのです。

つまり脇のにおいの原因は脇に存在する常在菌や微生物となります。特に脇は空気の通りが悪く、菌が繁殖しやすい環境にあります。

アポリクス線は脇だけでなく全身さまざまな場所に存在しますが、脇には常在菌が繁殖しやすく特に脇の臭いが際立つ訳です。

実は汗自体は無臭なのです。脇の汗がわきが臭いわけではありません。

ただ、汗をかくことで、常在菌が活性化して大量に繁殖してしまい、脇の臭いになる原因を作り出してしまうのです。
これが脇の臭いの真実です。

簡単にできるわきが対策

脇をきれいに保つ

脇で大量の汗をかいて、常在菌を繁殖させてしまう事が、臭いの原因だという事はわかりました。

つまり汗をかいたら薬用石鹸で軽く洗い流してあげるだけで臭いはおさまります。

脇を洗ってきれいに保つだけで脇の臭いを抑える事ができます。また脇の毛を処理する事で、より清潔に保ちやすくなります。

もし大量の汗をかいてしまい自分でも臭うようでしたら、タオルを濡らして簡単に拭くだけでも変わってきます。

汗でべとべとのまま放っておかないで、こまめに拭く事が臭いの対策になります。

サッパリして一石二鳥です!

 

下着の替えを用意しておく

大量の汗は衣服に臭いが染み込みます。

どれだけ脇を拭こうが、下着についた汗はそのまま臭いを発し続けてしまいます。

大量の汗をかいてしまったら、下着を替えてしまうのも一つの方法です。

下着を替える際にはしっかりと脇を洗って殺菌しましょう。
夏に汗をかく事は避けようありません。

こまめに下着を替えて気持ちをさっぱりさせる事も脇の臭い対策となります。

夏の下着は汗臭いです。

多少の汗の臭いなら問題ないのですが、大量の汗がしみ込んだ下着を放っておかないように気をつけましょう。

自分で気付かないうちにまわりに、悪臭を放ってしまっている可能性があります。

 

クリスタルストーンを使う

脇用の制汗スプレーをよく見かけます。私も使ったことあるのですが、あまり効果が感じられません。
スプレー自体に香りがついていて一時的に抑えられる気がするのですが、夏の本番なんかは大量に汗をかくのでスプレーが手放せない状態になってしまいます。

私がデオドラント対策として本気でおすすめしたいのはクリスタルストーンです。透明な石なのですが、1日二回くらいしっかり塗るだけで脇が臭わなくなるのです。多少、汗はでるのですが、臭わなくなります。
もう20年以上使わせていただいてますし、脇の汗の話がでる度に知り合いにはおすすめさせていただいてます。
値段も安くてコストパフォーマンスにも優れます。
おそらく重度のわきが以外はクリスタルストーンでなんとかなるかと思われます。

Amazonでの評価の高さとたくさんの感想がその効果を証明しています。
塗ったその直後から、実感できる即効性があるのもまた魅力的です。

 

皮膚科で塗り薬と飲み薬を処方してもらう

市販されているデオドラント対策用品を使ってもどうにもならない場合、皮膚科で処方箋を書いてもらう事が次の一手となります。

汗を抑える塩化アルミニウム液が治療の中心になるかと思います。
脇に塗ることで汗を抑えていく事ができます。

また飲み薬として臭化プロバンテリンが処方される事もあります。
臭化プロバンテリンは汗を抑える作用がある薬ですが、副作用もきついと言われていますので医師の処方通りに薬を飲むことが重要です。

この他にも状況に応じて炎症をおこしている場合には、抗生物質が併用されます。また臭いに対して恐怖や緊張があるようでしたら、軽い精神安定剤が処方される場合もあるそうです。

 

アポクリン線除去手術

ワキガがあまりひどいようでしたら、最終手段として手術も行われているようです。
ただ余程ひどくて人間関係や生活に支障きたすレベルでない限りはおすすめできません。
保険が適用されない場合、料金もかなり高額となります。

体にメスを入れる以上リスクも発生します。
もし、手術を検討されているなら事前にメリットもデメリットもしっかりと説明を受けた上で決断されるべきです。

あの手この手試してみてなんとか、夏を乗り越えて行きましょう。
脇の臭いで困っているのは自分だけではありません。大勢の方が困っています。
脇の臭いは人間として生まれた宿命であり、ひたすら汗対策を続けていくしかありません。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました