ギャンブル依存・ソーシャルゲーム依存からの脱却する為に

ギャンブルやソーシャルゲームに依存してしまっている方は思いのほか多いようです。

ギャンブルが直接的要因による自殺者は最低でも年間3000人はいるとされ、そこまでに至らなくても生活が破綻してしまう方は、その何倍もいる事が容易に想像できます。

一旦、何かに依存をしてしまうとそこから抜け出すのは容易ではありません。ギャンブル自体がダメな訳ではありません。多くの方は自分の中でルールを作り、自制をしながらパチンコや競馬を楽しんでいます。

ギャンブルで勝つのは一時的な事であり、トータルで見れば必ず胴元が勝つようにできている点や、ギャンブル自体が依存性があり注意が必要な事がわかっていれば、上手に付き合っていく事が出来ます。

しかしながら、一旦パチンコ、スロットなどに溺れてしまうと、そこから抜け出すのは並大抵のことでは無理になってきます。

人間の脳がギャンブルに依存しきってしまい、体も脳も完全に支配されている状態になればやめるにやめれなくなります。

何回もパチンコをやめると宣言してみては、何回もアッサリと誓いを破って、再びギャンブルに依存してしまう生活となってしまいます。いろいろな方法でギャンブルを断とうとチャレンジしてみては失敗してしまうのが依存症のおそろしいところでもあります。

 

 

精神的依存の治療法は存在しない

依存症は自分でなかなか気付きません。

ギャンブルでなくてもスマホのゲームに置き換えると妙に納得できる方は多いのではないでしょうか?

スマホゲームにどっぷりはまってしまい特定のイベントをこなし、新しいキャラを手に入れる為に多額のお金を課金してしまう状況ですね。

月に何十万も多額のお金を課金してしまう方が続出して、社会的問題になっています。

ソーシャルゲームも非常に依存しやすいと言えるでしょう。スマホさえ持っていれば無料でゲームができてしまうあたりパチンコや競馬より簡単に入れてしまいます。

 

薬物やアルコールに頼ってやめられない状況を身体的依存といいます。それに対してギャンブルやソーシャルゲームにはまって辞めれない状況を精神的依存といいます。ソシャゲだけではありません。

精神的依存はテレビゲームやインターネットなどたくさんの状況で生み出されてしまいます。

幼い子供ですら一日中テレビゲームをやり続けたり、学生にも関わらず一日中インターネットをやり続ける状況はめずらしい事ではありません。

ギャンブルでは勝った時に大量に放出されるアドレナリンによる興奮と快感が忘れられず、もう一度この歓喜を味わいたいと足を運び続ける事になります。

ソーシャルゲームでは、次々に新しいイベントが開催され、人と競争し争う事で完全に脳は退屈な日常生活より、活気あふれるゲームの世界に自分の居場所を求めるようになります。

テレビゲームは機能の向上により、日常生活では決して得られない刺激を味わう事ができます。インターネットではほぼ無限大に近い情報に満ちあふれ、さまざまな面白い動画などが配信され続けています。

こういった精神的依存の怖いところは治療法が存在しないという事です。

一旦、深い依存を形成してしまうと、やめるのは難しいです。

人は何かに依存して何かに頼って生きている部分があります。それを完全に断つのは難しいと言えます。

 

私の依存克服法を教えます

私もどっぷりソシャゲにはまっていた時期がありました。常にスマホ片手に、それこそ食事中も仕事に休憩中も、寝る前にも空き時間のすべてをスマホゲームに投じていた事がありました。

特定の時間に開催されるイベントに参加する為に家族と遊びに行く事よりソシャゲを優先した事もあったかと思います。

これではダメだと自分では気付いてはいるのですが、ここで辞めてしまったら今までの苦労がすべて水の泡になる事や、人生における楽しみが失われてしまう恐怖から辞める事ができませんでした。

ただ実社会にまで影響を及ぼしているソシャゲ依存をなんとかしなければいけない思いは非常に強かったです。

 

特定だけの依存から複数の依存に切り替えていく

人は何かに依存しなければ生きられない存在だという事をまず認識してください。ただその依存先が自分の生活に為になったり家族の為になったらどうでしょうか??

私はソシャゲで課金してお金を使うよりも、そのお金を増やして家族で旅行にいったり美味しいものを食べたりしたいという思考に徐々に切り替えていきました。

つまりお金の使う先を課金から投資に変えていきました。ソーシャルゲームの攻略に費やしている時間を投資の研究に費やしていく事になりました。

毎月、課金しているお金で株を買ったり投資信託を買ったりしていきました。

徐々にソーシャルゲームの課金から投資へお金の使う先を変えていったのです。

それに伴いソシャゲだけの依存から依存先を分散させていきました。

投資をするという事は社会貢献にもなります。自分の応援する企業の株を買う事で、資本主義を支える事にもなります。

自分の応援する企業の業績が伸びていけば、株価は上がるし、貰える配当金も増えます。

投資先の企業から株主優待が貰える事もあります。年に数回無料で家族で外食を楽しむ事もできるようになってきました。

お金が増えれば、将来の備えにもなりますし、家族と一緒に海外旅行にもいけるようになります。

自分が依存度の強い人間だと理解しているので株の現物か投資信託しか買っていません。信用取引やFXなどは危険なので手を出さないようにしています。

ちなみに株取引でしたらネット証券口座ナンバー1のSBI証券がおすすめです。口座を開設するだけなら無料ですし、株取引の手数料も格安です。

同じ依存でも投資の勉強をする事は、私と家族の生活内容を向上させ、お金に余裕のある暮らしをもたらしてくれています。

以前の私の目標はソーシャルゲームでランキング上位に入る事でしたが、今の私の目標は評価資産額1億を目指すという事です。

さらにソーシャルゲームへの依存を下げる為にブログも開始しました。ブログを書く事によって強制的にゲームをする時間を減らしていったのです。

ブログも一旦はじめてみればゲームとはまた違う楽しみがありますし、ブログではA8.netなどASPの広告を貼る事で多少なりとも収入を得る事ができます。

<関連記事はこちら>アフィリエイトの最大手であるA8.netをご紹介します

 

また良い記事を書けば多くの方が検索して参考にしてくれます。僅かですが自分の記事が人の為、世の中の為になる可能性もあるのです。

依存先をどんどん分散していく事で特定になにかに強く依存するのではなく、適度にいろいろなものに依存していく生活に変わる事が出来たのです。

 

何かの依存から完全に断つのは難しい

今でもソーシャルゲームは継続しています。しかし、根本的に変わったのは完全に無課金で楽しむようになったという事と、たまに気が向いたときにアクセスする程度になりました。

朝から晩までゲームに打ち込んでいた時期に比べてゲーム内でのランキングは下がりましたし、新キャラを手に入れる事はできなくなりました。

しかしながらゲームそのものの楽しみは変わりません。

おそらくソーシャルゲームを完全に断とうとしても、失敗していたでしょう。徐々に興味の先を増やしていって、少しずつゲームへの依存度を減らしていったのが良かったのだと思います。

今では毎月、ゲームに課金していたお金でどの企業の株を買おうか研究しています。依存先が投資研究へ少し分散しました。

さらにブログをつけ始める事で、記事を書く事が楽しみの一つとなりましたし、記事を書いていく事で広告収入が増えていく事も楽しみの一つとなりました。

結局、依存そのものは治っていませんが、依存先を変えて、依存先を分散させていく事で社会的に問題レベルまでに改善させる事はできました。

いきなり依存先から完全に断つは難しいですが、趣味に幅を広げ、徐々に依存度を下げていきましょう。100か0なのではなく、少しづつ数字を減らしていくように努力しつづける事が重要です。

最後に。ギャンブルもソーシャルゲームも決してやってはいけないとか、悪いものと言っている訳ではありません。

節度を守って、生活に支障をきたさないレベルでしたら、趣味の一つとして楽しむことができるかと思います。

 

関連動画はこちらです

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました