子供とゲーム機との付き合い方|答えは家庭にあります

こどもが成長してくると必ず突き当たる壁があります。

 

「ゲーム機」をどうするかについてです。

 

ゲーム機に関する考え方は家庭によってさまざまです。

良い面、悪い面含めて終わらない議論が繰り返られていますが、ここでは我が家のゲーム機に関する考え方について書いていきたいと思います。

 

 

一概に悪いとは言えないゲーム機について

節度を守って利用できるならゲーム機を持っていても問題はないというのが私の持論です。

と言いますのも私自身、ファミコン世代と呼ばれまさにゲーム機が普及していった時代に生きてきた人間だったからです。

ファミコン、スーファミ、ゲームボーイ、PS、PS2…とその時代を代表するゲーム機をすべて体験し遊びつくしてきた人間がゲーム機を批判できるはずもありません。

ただ、だからこそゲーム機に中毒性がある事をしっかり認識しています。

これは私が体験した事ですが、ゲームに夢中になるとすべての事においてゲーム最優先となってしまいます。

勉強はもちろん、その他の遊びよりゲーム優先となってしまった経験があります。

それでも、こうやって社会人としてなんとか独立して生きてきているのだから、ゲーム機=悪と決めつけるのはどうかと思う訳です。

 

子供は自制が効きにくいので、一定のルールのもとでゲーム機を使わすべきというのが今の思いです。

 

そもそもゲーム機は必要か?

ゲームを知らなければゲーム機がなくとも何も困りません。

しかしながら幼稚園の年長くらいになれば、徐々にまわりの友達がゲーム機を持ち始めます。

そしてポケモンの交換や妖怪の交換などコミュニケーションツールの一つとして使い始めます。

友達が全員ゲーム機を持っている状態で一人だけ持っていない状況はかわいそうです。

 

親の気持ちとしては外で遊んでくれた方がいいし、家の中でもボードゲームやトランプなどいくらでもゲーム機以外の遊びもあります。

 

ただ、近所に集まった子供たちが全員ゲーム機を持っているのに、自分の子供だけ頑なにゲーム機を与えないという環境も良くないと思いゲーム機を買い与えました。

 

兄弟一緒に遊べるように2台同時に購入しました。

 

ゲーム機との付き合い方は慎重に

ゲーム機を買い与えた子供たちはそれは喜んでいました。

今までに見たことのない喜びようで、こんなに喜んでもらえるなら良かったとも思えました。

 

しかしやはりゲームと言うのは中毒性があるようです。

私がそうであったように子供たちも一旦、ゲームを始めると長時間ゲームをやり続けてしまう傾向にあります。

 

子供にはまだまだ自制は効きにくいです。

やはり親がある程度、制御をかけていかないと歯止めがきかなくなる可能性もでてきます。

 

我が家では帰ってからはまず宿題を終わらせる事。

そして別途購入している教材を終わらせて、ご飯を食べ、お風呂に入って、翌日の学校の準備をしてからゲームをさせるようにしています。

 

一旦楽しいゲームをはじめるとなかなか宿題に取り掛かりにくいでしょう。

またやるべき事を後回しにする癖をつけてほしくないからです。

 

人はそうでなくてもすべきことを後回しにする傾向にあるのに、ゲーム機があればより拍車がかかってきます。

なので、先に宿題などをすべて終わらせてからじゃないとゲームをさせないようにしています。

 

ゲームより外で遊ぶようにしていく

休日も親が家でごろごろしていると、子供はゲームをやり始めます。

そしてゲームをしていると静かなので、放っておこうという悪循環に陥りがちです。

 

私はなるべく休日は外にでて、子供たちにはいろいろな体験をさせるように心がけています。

当たり前ですが、ゲームで遊んでいるより、公園を駆け回っている方がはるかに子供の成長に繋がります。

 

動物園に行って動物と触れ合ったり、山に登って自然の厳しさを体験してみたり、川で遊んでみたりといくらでもする事があります。

 

そして子供たちはそういった自然を通した遊びが楽しい事は本能でわかっています。

ゲームなんかより何倍も楽しい事がいっぱいあるんだと親が教えてあげなければなりません。

 

なので実際にゲームをしているのは平日、お風呂に入ったあと少しだったり、なんらかの理由で長時間待ち続けなければいけない時に与えるくらいです。

 

ゲーム機がダメなのではありません!

ゲームはめちゃくちゃ楽しい、でももっと楽しいことがこの世の中には満ち溢れている事を教える事も親の教育の一つではないでしょうか?

答えは家庭にある

ゲーム機との付き合い方は、家庭によってそれぞれであるとしか言いようがありません。

ほっておけば子供たちはゲームにはまり込みやめられなくなるでしょう。

ゲームとはそういうものだと認識して与えなければなりません。

 

最後は家庭でゲーム機に関するルールを作り、それを守っていくよう親も注意を払わなければなりません。

どういうルールでゲーム機と付き合っていくか、どうやってルールを守らせていくかは家庭によって異なってきます。

 

この記事を書くにあたり、他の家庭ではゲーム機とどのように付き合っているのだろうかと、調べましたが、それはもう様々でした。

家庭によって環境も違えば、考え方も違う事でしょう。

大切なのは親がしっかりした考えを持ち、子供にいかにルールを守らせていくかです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました