発達障害と不器用さについて|家庭で遊んでできる作業療法

発達障害の子供が実生活で困るのはその不器用さであります。

 

私の長男は軽度の発達障害ですが、やはり周りの子供たちと比べて不器用です。おはしが上手に使えない、服をひとりできれないなど生活面で困る事もでてきます。

もちろん比較しても仕方なく本人の成長を促していくしかないのですが、親としてはなんとかできる事はしてあげたいと思います。

 

特に幼児期が重要です。

一番伸びしろのある時期にしっかりと指先を使った遊びをする事で、その後はさみを使ったり字を書いたりする事に繋がります。

 

指先を使う事は脳の刺激にもなり、脳の活性化にも繋がっていきます。

 

ただ指先を使わそうとしても何をしたら良いのかわからないものです。

 

深く考える必要はありません。

 

幼児期のおもちゃの中には指先を使わなければいけないおもちゃがたくさんあります。

普段の遊びの中で指先を使うように心がけていきましょう。

 

不器用さは治るものではありません。

ただ成長と共にできないことが徐々にできるようになります。

まわりの子供たちと比べて時間がかかります。

親はやきもきしますが寛大な心で子供の成長を見守り続けてあげましょう。

怒ったり厳しく注意して不器用さが改善される訳ではありません。

 

遊びの中で細かさを要求される遊びを取り入れていき楽しみながら取り組む事が重要です。

訓練と肩をはらずに親子遊びとして取り組む事が長続きのコツではないでしょうか?

 

オーボール

赤ちゃんのおもちゃにオーボールは最適です。
手の力がなくてもボールを掴むことができ、ボールで遊ぶ楽しさを赤ちゃんのうちから学ぶことができます。
自然と指先の運動ができてしまう優れた商品で幼児玩具として非常に人気があります。
世界中で使われているオーボール。
掴んで良し、投げて良しと素晴らしい商品です。

 

 

ビーズコースター

ビーズを動かす事で指先を使う訓練になります。針金がさなざまな方向に曲がっているのでビーズを動かすのに少し工夫が必要です。
幼児期のおもちゃとして最適ではないでしょうか?
ボーネルンド社の製品なので作りも非常にしっかりしています。

 

 

くるくるスロープ

よく子供が集まる施設などで見かける場合があるかと思います。
4台の車・4個のボール・連結車がスロープを滑り落ちる玩具で、車が落ちていく動きや音に子供は魅了されます。
幼児期にこういったおもちゃでしっかりと遊んでおく事は非常に重要です。

 

 

ゆらりんタワー

リングを組み込んでいくおもちゃです。リングをタワーにはめるとゆらゆら揺れて子供は大喜びです。
カラフルな色で見た目も良く、ツルツルした感触も非常に良いかと思います。
リングをタワーにはめる為に目と手の協調運動が養われますし、リングをはめる順番を考える事で問題解決の力も養われます。

 

ピックアップパズル

はじめてのパズルに最適です。
パズルは年齢に合わせて難易度が選べますが幼児期のはじめてのパズルにはピックアップパズルが最適です。
パズルをはめたり外したりする事で、指先の細かい動きが要求されます。
また形を認識して、適切な場所を選ばなければなりません。
親と一緒に取り組み声掛けをしてあげる事で物の名前を覚えるきっかけにもなりますね。

 

 

くみくみスロープ

こちらは幼児期から小学生まで幅広く遊べるおもちゃです。
ボールが上から下にスロープを伝って落ちていく様子に子供は大喜びです。
幼児期は親が組み立ててあげて、子供にボールを落とさせてあげてください。
年長~小学生になれば自分で考えスロープを組み立てて遊べます。
大人でも見ていて飽きないので本当によくできたおもちゃだと思います。

 

 

プラステン

シンプルな作りですが木製で非常に子供にやさしい作りとなっています。
見た目通り、遊び方は無限大です。
パーツを差し込んでいきながら色を揃えたり、数を数えたりもできます。
遊びの中で数字に関しても学んでいけます。
お母さんお父さんが数を数えてあげながら一緒にパーツを差し込んでいきましょう。
年齢に応じた遊びができてずっと使う事が出来ます。
プラステンで幼児期の指先遊びから足し算引き算の学習まで使い続ける事ができるのです。

 

マグフォーマー

磁石を利用してさまざまなものを組み立てていきます。
想像力、創造力、集中力を同時に育てられる知育玩具です。
幼児期なら磁石の感覚で遊び、年齢が上がるにつれていろいろな立体を作る事ができるようになります。
カチッとくっつく磁石の感覚が楽しいマグフォーマーも非常に長い期間楽しめるおもちゃです。

 

 

ハンドスピナー

世界が熱狂しているハンドスピナーです。くるくると超高速回転するハンドスピナーは子供から大人まで楽しめます。

音と振動が非常に心地良くいつまでも回していたくなります。

おもちゃとしても十分に使えます。

 

 

木製レールセット

子供は電車が大好きです。
レールの組み立てと言えばプラレールですが、私は木製レールを勧めます。
自分でレールを組み立てて自分で電車を押して動かします。
プラレールの電池で動くおもちゃとはまた違う面白さがあります。
木製レールは指先を使って組み立てていきますので、細かな作業も必要になってきます。
遊びながら指先の訓練として木製レールはおすすめできます。

 

 

ネフスピール

子供の手先の訓練として買ったのがネフスピールです。
このおもちゃは手先の訓練として最強だと思います。
積み上げるだけならただの積み木ですが、より高度な作品を作ろうと思えば微妙な指先加減が要求されます。
その分、完成した時の嬉しさもひとしおです。
子供から大人まで楽しめる非常によくできた玩具だと思います。
木製でできているのでずっとずっと遊び続ける事ができますよ。

 

 

ジェンガ

ルールが簡単で誰でも楽しめます。
積まれたタワーの中から、順番にブロックを抜き取って一番上に乗せていきます。徐々にバランスは崩れていき、倒してしまった人が負けとなります。これひとつあれば家族みんなでハラハラドキドキできます。
後半戦に入れば非常に細かい指先の動きを要求されます。

 

 

パーラービーズ

ある程度、指先に器用さがでてきたらアイロンビーズにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
ビーズで自分の好きなキャラを作ってキーホルダーにもできます。

子供がチャレンジするには相当根気がいります。
完成一歩手前でビーズをばらまいてしまい泣いてしまった事もあります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました