エアコンクリーニングを頼んでみました|お掃除エアコンに注意

暑い!この季節になればお昼になればかなりの暑さになります。

30度を超える日も増えてきそうですね。

 

寒暖の差が激しい季節でもあります。

 

あまりの暑さに耐えかねてエアコンをつけてみました。

 

エアコン起動。

 

ちゃんと動いてくれるか気にしながらリモコンポチー。

 

 

エアコンが埃まみれでした

久しぶりのエアコンでしたが、なんだか効きが悪い気がするのは気のせいでしょうか?

 

冷房なのに生暖かい風が流れているだけ…。

 

故障したかな?

そう思ってエアコン内部を除いてみるとフィルターに埃がびっしり!

 

うわぁぁぁぁ、

と心の中で叫んでしまいます。

 

お掃除エアコンと過信しすぎて掃除を怠っていました。

 

しかしフィルターだけなら自分で掃除するのですが、フィルター奥の本体にも埃がたまりにたまっていました。

 

ぎっしり埃が詰まっていて、これではダメだな…と直感でわかるくらいです。

 

家にあるエアコンを総点検すると2台が埃とカビまみれのひどい状態でした。

 

これは自分で掃除するのは無理だな…。

 

 

エアコンクリーニングの見積もり

仕方ないのでエアコンのクリーニングを頼むことにしました。

ネットで調べるとだいたい一台10,000円~15,000円くらいでお掃除機能付きならプラス5,000円って場合が多いようです。

 

業者によってはお掃除機能付きは料金が倍ってところもありました。

 

クリーニング代金は業者によって違いがあるようです。

 

また家電量販店や大手スーパーなどでも受け付けをしている場合もあります。

 

私の場合、ネットでも近所の家電量販店でも価格がよくにていたので、顔の見える家電量販店で頼みました。

 

おおよその見積もりと施工日程を決めてクリーニング当日を迎えました。

 

クリーニングを迎えるにあたり、エアコン周辺を掃除しておきます。

また周辺においてある家具などをあらかじめどけておく必要があります。

 

また、エアコンの部品を洗浄するのにお風呂または庭などを使われますので、場所を確保しておきました。

 

当日、業者から訪問前に電話があり、予定どおりの施工となりました。

 

エアコンに問題が発覚しました

エアコンの事前点検が始まりました。

2台クリーニングをお願いしていたので、2台のエアコンの点検がされていったのですが、そのうち1台について問題が発覚しました。

 

風が流れてくる吹き出し口ルーバーが、だいぶん落ちてきているので近いうちに故障する可能性を告げられました。

 

さらに一度、クリーニングに入ってしまうとメーカー保証が効かなくなってしまうとの説明も!

 

さぁどうしましょうか?

 

エアコンの簡単な部品交換程度でしたら、だいたい10,000円から20,000円程度の修理で済むようですが、大掛かりな修理となれば50,000円以上請求されるケースもあるようです。

 

特にエアコンの効きが悪い場合の修理は高くつく可能性があるとの事。

 

ネットで調べていくとお掃除機能付きエアコンは、内部に埃がたまりやすく故障しやすいという情報が目につきました。

 

中には毎年のようにお掃除エアコンが故障するという話も…。

 

特にお掃除ロボットはよく故障するとの事…。

 

このお掃除機能っていうのがポイントです。

 

お掃除機能付きエアコンというといつも清潔できれいな風が送られていくイメージがありますが、それは間違いです。

 

フィルターを掃除してくれるだけで、やっぱり埃は内部に溜まっていきます。

 

場合によってはフィルターに溜まるべき埃が内部に追いやられている場合もあり、エアコンのトラブルが発生しやすい状況を作っています。

 

またお掃除エアコンといえフィルターにも埃はたまり続け、結局は掃除が必要になってきますす。

 

そして掃除そのものが大変で、クリーニング業者に頼むと別料金までとられる事になってしまいます。

 

結局、クリーニングしてもらう予定だったエアコンは買い直そうかと思うのですが、次はあえてお掃除機能がついていないエアコンを選ぶのも手かなと思いました。

 

本体価格は大きく値下がるし、クリーニングをお願いするにも安くなりますのでね!

 

そんな訳で事前点検で問題が発覚したクリーニングですが、残り1台は無事、点検を通過してクリーニングされることとなりました。

 

衝撃のエアコンクリーニング

なにかクリーニングに使うであろう大きな機会が運び込まれてきます。

またエアコンの下や配線などにはカバーがなされて、汚れ対策がされていきます。

 

洗浄作業を覗いてみると…

 

ポリバケツに真っ黒い液体が…。

 

これが汚れです!

OH,こんなに汚い状態だったの?!

 

この黒い液体の正体はカビによる汚れです。

 

エアコンは使っていると湿度によりどうしても内部に汚れと共にカビが発生してしまいます。

 

埃やカビはアレルギーの原因にもなります。

 

 

埃だらけだったエアコンはぴっかぴかに!

気持ちいいですね。

 

性能が一気に回復しましたし、風のにおいも埃臭くないです。

さすがプロのクリーニング。

この黒い液体の汚れを素人で除去しようとしても無理な話です。

 

 

 

エアコンの効きが悪かったり流れてくる風にカビが混ざっている状態を脱する為にも、汚れがひどい場合はクリーニングを検討しましょう。

 

 

 

エアコンのカビ取りはプロに任せる

エアコン内部のカビ取りは素人には非常に難しいです。

 

できない事はないのですが壊してしまう可能性もあります。エアコンのクリーニングはプロに頼まなければいけない場面の一つかと思います。

 

これから本格的に暑くなってきますが、心地よい夏を迎える為にもエアコンのクリーニングは行っておきたいですね。

気持ちよい風が流れる部屋で気持ちよく過ごしたいものです。


 

関連動画はこちらから


最後に、故障が判明したエアコンは近日中に買い替える予定です。

お掃除機能付きエアコンは本体価格が高い、故障しやすい、クリーニング料金が割増、とコストが非常に悪いという事もわかりました。

そこらへんもトータルで考えながら次のエアコンを選んでいきたいと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました