手持ちの写真を収益化する方法|パソコンに眠らせておくのはもったいないです

今はほとんどのスマホにカメラ機能がついています。
またコンパクトカメラの機能も大幅にアップされていつでもどこでも写真撮影が簡単にできてしまいます。

ちょこっとしたものを撮影しているとどんどん写真がたまっていきます。

 

今回はたまった写真で何か良い収益化の方法はないか考えてみました。

 

 

たまった写真を使ってお金儲け

これらのたまった写真を活かしてお金儲けはできないでしょうか?

答えはイエス。

もちろん写真を利用してビジネスはできます。

 

有名なところではクラウドソーシングで写真を買い取ってくれる場合があります。

また写真投稿サイトで販売額の一部をもらうこともできます。

 

ただし、普通の写真ではなかなか売れないし、プロのカメラマンがしのぎを削っている世界です。

 

ド素人が参入しても厳しいのが現実です。

 

普通の何気ない写真を収益化するにはコツがいります。

 

私のおすすめは写真で情報発信していく事です。
身近な写真はさまざまなSNSを通してたくさん配信されています。

せっかく撮影したその写真。
SNSだけでなくYouTube動画として配信する事で収益を得ることができます。

 

私はYouTubeを利用しています。

 

 

写真を動画化して投稿していこう

写真をスライドショーとして動画化しましょう。

スライドショー作成ソフトを使えばアッという間にスライドショーは完成してしまいます。

ただ、スライドショーだけでは見ていて面白くないし、なかなか視聴者は増えてこないかと思います。

ちょっとした工夫でずいぶんと見栄えするようになります。

 

動画で情報発信

そこで、スライドショーに情報を入れる事を心がけましょう。

ソフトを使えばスライドショーに簡単に文字を入れることができます。

情報を入れていく事でスライドショーに価値がでてきます。

面倒な作業ですが、ただの映像だけのスライドショーよりはだいぶんましなものとなります。

 

現地の声を届けよう

ぜひとも、その場の声を届けましょう。

自分の声でなくてもテキストで十分です。

 

事前にどんなところだろうかと、YouTube検索される方も多いかと思います。

まだ行ったことのない場所や地域なんかはYouTubeで情報を仕入れている方が多数おられます。

ブログなどとはまた違う形での情報発信となります。

 

作り方は簡単です。
たくさんの写真を組み合わせながら、自分の率直な感想を入れていくだけです。

 

音楽をつけよう

スライドショーは写真を組合せて、作成ソフトで演出をかけるだけで完成です。

ただ、写真やテキストだけじゃさびしいですね。

 

音楽を加えるだけで一気に雰囲気がでます。

ただ有名な音楽や歌はだいたい著作権にひっかかるので、商用利用可能なフリーミュージックを利用しましょう。

YouTubeからもたくさんのフリー音楽が提供されているので、そちらを使うのが簡単かと思います。

 

スライドショーには音楽が必須です。

ただ音楽の著作権は非常にうるさいのでフリーミュージックを必ず使うようにしましょう。
できれば動画概要欄にフリーミュージックの出典元も掲示しておけばより安心です。

 

 

ニッチな場所でも長い目でみたら可能性はある

スライドショー形式の動画はたちまち大人気という訳には行きません。

YouTube内で検索をかけた方に地道に配信していく事になるのでなかなか再生数が増えません。

ただどんな場所でも不思議と需要はあるものです。

有名な場所のスライドショーでしたらライバルも多いでしょうが、ニッチな場所のスライドショーはライバルが皆無で独占配信が可能です。

万が一、スライドショー先の場所がつぶれたり、無くなってもYouTube内の動画は存在します。
賑わいし頃のどこどこみたいな感じで動画内で生き続けるのです。

なつかしのあの頃みたいな形として残るのです。

 

ニッチな場所であろうとそれはそれで価値がでてくるものです。

地方ならではの情報発信や、自分のすんでいる地域や付近の地域の情報をどんどん発信していきましょう。

近所の店の食レポや公園案内でもオッケーです。

 

スマホのカメラを利用してパチパチとっておくだけなので、おでかけのついでに動画の素材を集めておきましょう。

再生回数は期待できませんが、長期にわたり動画は検索されて、再生されつづけます。

動画の数が増えていき、チャンネルが育っていくと副収入となり得る事ができます。

普段からスマホやカメラを利用している方にとっては思わぬ副業となるかもしれません。

 

個人情報に気をつけよう

人の顔やナンバープレートに気をつけましょう。

写真をとっていると、他人の顔が写り込んだりナンバープレートが写り込む場合がありますが、そういう場合はモザイクを入れるなりトリミングして、カットしましょう。

人には肖像権がありますのではっきりと誰かわかる状態の顔が写りこんでいたら注意しましょう。

無意識のうちに撮影している可能性があります。

現在、ナンバープレートだけで個人情報を特定することはできません。

 

しかしながら、無用なトラブルを回避するためにもYouTube動画ではナンバープレートにモザイクがかかっている場合が多いです。

もし、撮影した写真にナンバープレートが写りこんでいるようでしたら、モザイクをかけておきましょう。

 

 

まとめ

以上、写真を利用して副収入を得る方法を解説させていただきました。

その気になればいつでも誰だってできる方法です。

必要なのはカメラとスライドショーを作る為のパソコンかスマホのみです。

すでに持っておられる方が大半なので手持ちの写真を眺めてみて、使えそうな写真があればぜひともスライドショーを作ってみてください。

 

地道にYouTubeにアップロードをすればあなたも立派なYouTuberです。

 

チャンネルでの再生回数が一万回を突破すれば、動画に広告が配信されてお金が入ってくるようになります。

 

風景や観光地のスライドショーでしたら自分の顔を出す必要がないので、サラリーマンや主婦の方にも身バレの可能性が少なくなります。

写真そのものでお金を稼ごうと思ったら相当大変だし、腕もいるし、機材にお金もかかります。

だからこそスライドショー化した動画なのですね。
YouTubeはまさに個人がビジネスする場として最適です。

すぐにお金にはなりません。
しかし、趣味の一環としてスライドショー作りとYouTubeへのアップロードを繰り返していけば、徐々にチャンネル再生回数も増えていくかと思います。

「お金」として考えるより、自分の撮影した写真と情報公開する場として考えた方が長続きするでしょう。

 

おすすめ動画の紹介


こんな感じで撮影した写真をスライドショーにできます。

ソフトの扱いになれてくれば1時間~2時間くらいで簡単に作れてしまいますので、興味ある方はぜひチャレンジしてみてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました