【決定版】反響が得られるブログタイトルの決め方

ブログにしろYouTubeにしろどれだけ良い内容でもタイトルが平凡すぎると中身まで読んでもらえません。

既に読者を多数獲得しているならいざ知れませんが、まだ記事数もそろってないブロガーにとってはタイトルで引き付けてとりあえず読んでもらう必要があります。

 

 

ブログ記事は読んでもらってなんぼの世界

読んでもらって中身を評価してもらってはじめて読者は増えていきます。

まずは読んでもらえなければ評価すらしてもらえないという過酷な現実が待ち受けているのです。

 

検索結果がずらりと出てきました。

その中でどの記事を読むかはほぼタイトルで決められてしまうのです。

 

なので読んでもらえるかどうかは記事のタイトル次第ってところがあるのが現実です。

 

 

タイトル詐欺にならない為に

もちろん記事の中身が充実している事は大前提です。

どんなに素晴らしいタイトルをつけても記事の中身がなければ、すぐにブログは閉じられてブックマークに入れてもらえる事もないでしょう。

 

記事はタイトルと中身の両方がそろってはじめて陽の目にあう事になります。

 

世の中のブロガーがしのぎを削って記事を書き公開していっています。

自分の記事について検索するとよく似た記事がたくさんヒットします。

 

大切なのはライバルブログより、よりコンパクトにまとめつつも、しっかりと情報を詰め込む事です。

 

シンプルだけど、どこよりも情報量が多い。そんなブログを目指さない限りはまずネットの中で埋もれてしまって存在感がなくなっしまうのです。

内容の詰まった良い記事を完成させればあとは人に目をひくタイトルをつける必要があります。

タイトルは多少オーバー気味でも良いかと思います。

 

 

読んでもらわないと始まらないという側面があるからですね。

どんなタイトルを読みたいと思うか考えていきましょう。

 

シンプルなまとめた系は不動の人気があります

”ブログ運営に欠かせない10の必須項目|PV10万のブロガーがまとめてみました”

 

こういうシンプルかつ〇〇まとめてみたは読みたくなるタイトルです。

なぜなら自分の悩みに対して〇〇個解決方法を提示しています、とタイトルからわかるからです。

 

また特定のテーマに対して複数のライバル記事からエッセンスをまとめていった場合、自然とこういう形に仕上がる事が多いようです。

こうした作り方をする場合はただのキュレーションサイトとならないように、自分の言葉で語りオリジナル性を担保する必要があります。

コピペ&コピペで記事を作っていくのはもってのほかです。

ライバルサイトを参考にさしてもらいつつもそれを越えるサイトを目指しましょう。

ただのコピーサイトではSEO的にもマイナスですし、ブログの信用性にも関わってきます。

 

 

わざとオーバーにタイトルを書いてみる

”【衝撃の真実】風邪に風邪薬は効かないどころか逆効果?その真実に迫る”

こんな記事のタイトル見かけますよね。
でもただの「風邪薬の効果と使い方」というタイトルよりは興味を引くし読んでみたいと思いませんか?

記事の内容はいたってシンプルに王道です。

風邪薬は対処療法であり根本的な治療にはなりえない。

また風邪薬で病状を無理矢理おさえつける事で本来持つ自然治癒力が衰えたり、重大な病気の発見が遅れる可能性がある程度の内容です。

 

タイトルで人を惹きつけて王道な記事内容で読者に正しい情報を提供していくのも一つの手段です。

 

 

タイトルで読者に質問を投げかける

”GoogleAdsenseの雑記ブログ派?それともASPの専門ブログ派?その根本的違いを徹底解説”

 

読者に質問を投げかけて、その答えを提示する事で記事を読んでもらえる可能性は高くなります。

ただの「雑記ブログと専門ブログの特徴とその違い」というタイトルよりはるかに興味を引く事になるかと思います。

人は聞かれたら答えたくなるものです。

しかし、その答えは記事を読まなければいけません。

 

もちろん記事の内容はしっかりと読者の方に納得をしてもらえるものを作り上げている事が大前提です。

 

 

タイトル作りもコピーライティング

たくさん記事を書いてたくさんタイトルをつけている内に、だんだんとどのように興味を引き付けブログに引き込んでいくかが、わかるようになってきます。

実際に検索で上位に表示されるブログがどのようにタイトルをつけておられるのか調べてみるのも勉強になるでしょう。

 

必死になってライティングしたのに誰にも読んでもらえないことほど寂しいものはありません。

一人でも多くの方に読んでもらえるように、記事が世にでるようにしっかり考えてタイトルをつけたいものですね。

 

タイトルはSEO的にも大切です。

 

記事のコアとなるキーワードをタイトルに盛り込んでおかないと、検索エンジンはそれがなんの記事なのか判別できなくなります。

記事のメインキーワードはなるべくタイトルの最初の方に組み込むように意識しましょう。

 

 

簡単や楽勝などのキーワードで幅広い読者を獲得する

”その日の内に誰にでもできる!成功をおさめる営業マンはココが違う”

幅広い読者の方をターゲットにしている事をタイトルで明示しておきましょう。

特に雑記ブログのターゲットは幅広い読者の獲得を目指しておりますので、誰でも簡単にという事をタイトルでアピールするのも一つの方法です。

あまりにマニアックすぎる内容や専門分野に偏るようでしたら、専門ブログを作った方が良いかもしれません。

めんどくさそう、難しそうといった理由で記事すら読んでもらいないのはあまりに悲しいです。

 

<ライティングに関する関連記事>

 

 

ブログのタイトルの文字数の正解は

これはもうある程度答えが出ているようですので結論から言います。

Googleの検索結果で省略されずにすべて表示されるのは28文字です。YAHOOなら32文字となります。
なのでなるべく28~32文字以内の抑えて記事のタイトルをつけるのがベストかと言えます。

あとはいかにテンポよくリズムをつけて一気に読めるタイトルをつけるかになります。

短すぎてなんの記事か変わらなかっても困るし、タイトルが長すぎて検索結果に表示されなくても困ります。

自分の記事の内容を宣伝する大切な32文字です。
しっかりと練ってつけましょう。

 

ブログのタイトル付けはまさに記事に命を吹き込む作業とも言えるでしょう。

命を吹き込まれた記事は、検索エンジンによってこの世に送り出され多くの方に読んでもらえるようになるのです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました