アルコールがないと眠れない方は要注意|デパスとマイスリーで代用可能です

仕事をしているとどうしてもストレスを貯め込んでしまう事になります。

ストレスを解消するためにいろいろな事をしています。

ストレッチをしたり、映画を見たり、ブログを書いたり…。

 

ただ仕事のストレスはなかなかな物でいざ寝ようとすると仕事の事が脳裏に浮かんできて不眠に陥ったりします。

次の日も仕事だし寝たいのに眠れない…。

体は疲れ果てているのに眠れない…。

 

 

ストレスによる不眠症でアルコールを

誰も経験したことあるのではないでしょうか?

 

眠れない時にビールや焼酎を浴びるように飲めば泥酔して寝てしまいます。

 

仕事のストレスを強制的にシャットアウトして眠りにつくことができます。

眠れないというストレスからも解放されます。

 

しかし、アルコールで眠りにつくことは長期的に見て高いリスクを背負う事になります。

お酒の依存性は相当高く、お酒がないと全く眠れない状況になります。

 

今では私は禁酒していますが、かつては毎日飲んでいました。

お酒を飲まないと仕事の事を思い出してしまうので、意識を失うまで飲むという日々が続いていました。

 

アル中までいかなくても、アルコール依存症に陥っていたのでしょう。

 

 

体も蝕まれていきます

またアルコールに頼って寝た場合、眠りの質が大幅に低下してしまい翌日、疲れと眠気を残してしまう事になりました。

そして疲れと眠気の為にパフォーマンスを発揮できず、仕事でミスを繰り返してしまう事になります。

まさに悪循環。

ストレス→不眠→アルコール→体調不良→ストレスという具合です。

 

たしかにアルコールを飲めば一時的に気持ちは解放されますし、仕事の悩みを忘れられます。

ストレスを耐えるか、アルコールに逃げるか…。

結局、どちらも悪循環から免れる事ができません。

 

またアルコールは肝臓に直接ダメージを与え続けます。

少量では大きな問題にはならないでしょう。

しかし、何年にも渡って多量のアルコールを飲み続けると確実に肝臓にダメージがたまっていきます。

おそらく数年たったあたりから血液検査で肝臓の数値を指摘され始めます。

その時点で軽度のアルコール性肝炎が発症し始めていると医師から指摘を受けるはずです。

 

ストレスによる不眠なら医師に相談すべき

肝臓にもダメージをくらい、熟睡ができない悪循環の為に会社の健康診断で医療機関にかかる事を勧められました。

近くの内科医に相談したところ、寝る前のアルコールを遮断する為にデパスとマイスリーが処方されました。

デパスとは抗不安剤は、仕事のストレスを軽減する薬です。

マイスリーは寝つきを良くする睡眠薬です。

 

寝る前にアルコールを飲むのを辞めて、もし過剰なストレスを感じるようならデパスを、布団に入って寝付けないようならマイスリーを飲むようにと頓服的に処方されました。

 

さすが処方薬です。

がっつり効果が効いてくれます。

夜にお酒の代わりにデパスを飲めばストレスが軽減されます。

ストレスがゼロになる訳ではないのですが、なんとかお酒を飲まないでもよい程度には保たれます。

 

ストレスが解消された事で寝つきもよくなりました。
ストレス度合いが高い時は布団に入ってから、追加でマイスリーを飲めば強制的にシャットダウンするって感じになります。

アルコールに頼っていた頃よりも熟睡できるようになったので、仕事にも支障をきたすことがなくなりました。

病院にかかる事でアルコールによる悪循環から断ち切る事ができました。

 

薬にも同じ問題は存在する?

実はデパスやマイスリーにもアルコールとよく似た問題が起こります。

それは依存と言う問題と耐性と言う問題です。

 

これはどんな薬でも起こりうることなのです。

薬を使っている内に精神的に薬に依存をしてしまう依存問題。

同じ薬を使っているとだんだんと効き目が悪くなるという耐性問題。

 

特に脳に直接作用するデパスやマイスリーはこういった問題が起こりやすいといわれています。

そして薬も肝臓で代謝されるので場合によっては肝臓機能の低下が起こり得ます。

それではどうすればいいのでしょうか?!

 

医師の指示どおり適量と適切に使用する

過度なストレスから解放して眠りにつく為にはアルコールを摂取するか薬に頼らなければ眠りにつく事ができません。

もちろん体を動かしたり、リラックスしたり自助努力で睡眠につけるような努力も必要です。

<関連記事>抱き枕で安眠・快眠を確保しよう|腰痛も改善されます

 

でも最後になにかに頼らざるを得ない時アルコールか処方薬どちらに頼るべきなのでしょうか?

 

答えは明らかです。

 

コンビニなどで気軽に買えて、限度をコントロールできないアルコールは危険です。

それに比べ薬は医師のコントロール下でしか処方されません。

薬局やドラッグストアで欲しくても処方箋以上は買えません。

 

依存や耐性が認められるなら違う薬に切り替えたりもできます。
また少しづつ処方量を減らして依存しないようにする方法もあります。

肝臓への負担も同じです。

血液検査などでも薬の相性も調べてもらえるので、アルコールみたいに一方的に肝臓に負担をかけるという事もありません。

肝臓への負担も医師のコントロール下で様子を見てもらえるのです。

 

 

アルコールか処方薬どちらかに頼らなければいけないとすれば、より安全な方を選んだという訳になります。

 

ブラック企業におけるストレス

長時間労働に加え、営業成績を求められ、上司によるパワハラなどが重なった時、人は思考停止に陥ります。

人はある程度、過酷な環境にいようと寝る事によって自浄作用が働きます。

しかし一定のストレスレベルを超えてしまうと、不眠症に陥り自浄作用が働かなくなります。

その結果、うつ病などを発病してしまう事になります。

 

私の今の仕事も、長時間労働など劣悪な環境ですが、ストレスによる不眠と言う悪循環を断ち切る事ができました。

 

ただいつさらに劣悪な環境になるかはわかりません。

さらなるストレスを抱えた時、自分がどこまで耐えられるかはわかりません。

いつまでもあると思うな今の自分の立場。

 

これは誰にでも言える事です。
人ひとりの人事異動でどこまでも地獄を見る羽目になる事だってあるのです。

 

なんとか自分を取り戻せた今こそ、このチャンスを活かして仕事以外の収入を増やしていく事に全力で取り組んでいるところです。

このブログもその一つですね。

 

 

1円でも仕事以外の収入を得る為に。

少しでも多く、仕事による賃金では資産による不労収入を得る為に。

 

もし、読者の皆様も仕事以外に収入を考えておられるのでしたら今が、行動に移す最大のチャンスかもしれません。

 

<不労収入を目指しておすすめの記事はこちら>

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました