4月~6月の給与に気をつけよう|標準報酬月額の決まり方

毎日、がっつり残業して働いている社畜サラリーマンです…

実は4月から6月って残業をしすぎて、給料が高くなると損をしてしまう可能性があります。

ピンとくる方はこの一行だけでわかってもらえるはずです。

そう、今回は標準報酬月額についてです。

 

 

4月~6月の給与に気をつけよう

4月~6月は新年度のはじまりと言うこともあり、多忙な企業が多いのではないでしょうか?

また人事異動により新しい同僚が入ってきたり、自らが他の店舗にいったりで、新年度は不慣れな環境での仕事となりやすいです。

不慣れな環境なので、やはり効率も悪く残業になりやすいのです。

また会社としても新年度スタートダッシュをかけようと数字を求めてきます。

経営陣の姿勢が管理職を通して職場全体で、”新年度は数字をあげなければならない”という考えになります。

つまり新年度のはじめは営業成績が高くなりがちで、各種手当ての金額により給料増加となるのです。

つまり新年度は不慣れな環境で、数字を求められるので、どこの会社でも人件費がかかる時期となるのです。

 

給与明細を見てみるとやはり4月~6月は給与が高めです。

逆に7月からは夏休みに入ったりお盆なのどで休みが増えて、給与が下がり気味になります。

なぜ4月~6月にがっつり稼いでしまうと損になる可能性があるのでしょうか?

 

別にちゃんと残業代がでているなら、いつ稼いでも同じでは?そう思いますよね。

 

標準報酬月額の決まり方

給与明細をもらったときに「標準報酬月額」が書かれているのはご存知ですか?

標準報酬月額に関してはどこの会社でも同じルールによって決められています。

標準報酬月額とはあなたの1ヶ月の稼ぎはだいたいこれくらいですよ、と示したものになります。

 

 

実は厚生年金や健康保険などの社会保険料は、この標準報酬月額をもとに、決められます。

つまり標準報酬月額が高ければ高いほど社会保険料もお高くなるのです。

では、その標準報酬月額はどのように決められるのでしょうか?

毎年4月~6月の3ヶ月の給与の平均額が標準報酬月額として決められます。

 

この3ヶ月の給料をもとに9月から翌年の8月まで標準報酬月額として社会保険料などの算出に使われます。

 

さきほど4月~6月までがっつり稼いだら損をする可能性があるといいましたが、まさにこの部分なのです。

残業や出張、営業手当などでこの期間の手取りが増えると、標準報酬月額の等級があがってしまいます。

そうなると一年間通して社会保険料の支払いが増えてしまうのです。

 

10月は仕事が少なくあまり働かなかったので手取りが少なかったとします。

それでも社会保険料の支払額は変わりません。
4月~6月の標準報酬月額をもとに決められるからですね。

 

比較的仕事が混乱しやすく、忙しい時期に標準報酬月額が決められてしまうのが悲しいですね…。

 

社会保険料だけではありません。

 

高額医療費制度にも標準報酬月額は関係してきます。

標準報酬月額が上がれば、高額医療費制度の自己負担額も増える可能性があるのです。

 

ただ、区分が細かくないので社会保険料ほどの影響はないかと思います。

いろいろな制度においてラインぎりぎりの方は標準報酬月額によってラインを超えるか、ライン内に収まるかが決まるわけですね。

 

まさに1円の差で、年間に支払う厚生年金は数万円の差となる場合もあるのです。

 

 

給与はコントロールできない

そうは言うものの、会社の給与や残業代、各種手当てなどそうそう自分でコントロールなどできません。

命令された範疇で仕事をしている訳です。

またどの月が忙しいかなんて業界によって変わってきます。
繁忙期は会社によっていろいろです。

一般的に年度末から4月にかけて忙しいと言われているだけです。

会社によっては夏が繁忙期に当たる場合もあれば、冬が繁忙期の場合もあります。

つまり、自分でコントロールできない以上あまり深く考える必要もないし、気にする必要もありません。

 

ただ制度として4月~6月の標準報酬月額によって、年間の社会保険料が決められていると知っている程度でいいかと思います。

 

今年、たまたま4月から人不足に陥り残業につぐ残業となっています。

手取りおおいじゃん、やったぁと思っていますが、そのしっぺ返しは9月から一年間くらう事になります。

夏は割と暇だったりするので、9月の給与はさんざんになりそうです。

 

副業で収入アップを図ろう

会社勤めをしている以上、給与は自分でコントロールできません。

私は今の会社員としての立場はボーナスステージのようなものだと思っています。

いつ会社がつぶれるかわからないし、リストラされるやわかりません。

そんな事態に陥る前から、今できる事をしましょう。

 

給与収入+不労収入のダブルスタンダードを目指している訳ですね。

 

不労収入は労働による収入とは違います。

1ケ月遊んでいても、病気で寝込んでいても入ってくるお金を言います。

若いうちから資産を作っていく事を考えていきましょう。

 

ネットビジネスでの資産の作り方についてはこちらを参考にしてください。

 

以上、標準報酬月額についてでした。

サラリーマンの方はそういって制度があるって知っているだけでも意味のある事です。

4月~6月はなるべき効率的に仕事をして残業代を抑えたいものですね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました