歯磨きの基本はプラークコントロール|イメージが重要です

プラークコントロールって言葉はご存知ですか?

よく歯医者さんに行けば当たり前のように言われる言葉です。

 

プラークとは歯垢の事です。

歯垢とは歯の表面に付着した食べカスや細菌によって作り出されたもので虫歯や歯周病の原因となります。

 

プラークコントロールとはそのプラークを歯磨きによって除去していき、口腔内の環境を整える事を言います。

 

 

プラークコントロールの重要性

歯科医によってはプラークコントロールがすべてと言われているくらいです。

どれだけ、虫歯を治そうが、歯周病の治療をしようがプラークコントロールが出来ていないと根本的な解決にならないからですね。

 

歯垢はご飯を食べる事で毎日たまっていきます。

歯垢を放っておくと徐々に歯石化していき歯磨きでは取れなくなってくるのです。

 

 

歯垢染色液で歯垢を見てみよう

鏡で歯の隙間を見てください。

白い食べカスみたいなネバネバしたものが付着しているかと思います。

それが歯垢です。

 

その歯垢を歯磨きによって取り除き、口腔内に歯垢のないプラークフリーを目指す事になります。

 

歯垢は歯とよく似た色をしている為に、付着していても気付かないものです。

歯垢染色液を使う事で歯垢がどこについているか調べて普段歯磨きができていないポイントを教えてくれます。

 

一度は歯医者さんでなどで経験された事があるのでは?

私も念入りに歯磨きをしたつもりで歯科医に行って、紫色に染まった歯を見て愕然とした経験があります。

 

人は歯磨きをしたつもりになっているだけで、歯垢が除去できていないパターンが多いといえます。

 

歯垢染色液はそれほど高くありません。

高級な歯磨き粉を使うより、歯垢染色液を使ってプラークフリーを目指すようにしたいですね。

 

ブラッシングが大切です

プラークを落とすのに実は歯磨き粉は必要ないと言われているくらいです。

大切なのは丁寧なブラッシングです。

歯磨き粉やマウスウオッシュはその爽快感から逆にブラッシングがおろそかになる可能性があるからですね。

実際に殺菌作用や抗炎症効果など薬のような効果はあるのでしょうが、プラークはブラッシングでしか除去できません。

 

プラークコントロールで大切なのは歯磨き粉ではなくブラッシングだという事を頭に叩き込んでおきましょう。

歯磨き粉はあくまで補助的な役割になります。

 

歯磨きの方法

ペンを持つように歯ブラシを持って一本一本丁寧に磨いていきます。

面倒になって数本の歯を同時に磨いてしまいがちですが、それでは磨き残しが発生してしまいます。

 

ゆっくりと一本一本がポイントです。

特に歯間部や歯茎付近にプラークは溜まりやすいので念入りに磨きましょう。

歯間や歯茎を磨く事は歯周病の予防にも繋がります。

デンタルフロスや歯間ブラシを使って、歯間や歯茎の歯垢も除去していきましょう。

実際に、歯垢染色液を使えば磨きの残しがあるのは、そういった僅かな隙間である事が多いです。

 

次に多いのは歯の内側です。

ここも磨きにくいので外側に比べて、磨き残しが発生しやすい箇所となります。

 

 

私は歯一面に海苔がびっしり付着しているイメージで磨いています。

実際に付着しているのは歯垢ですが、海苔の方がイメージしやすいからです。

 

歯の表面や、隙間にはびこった海苔を落としていくイメージを持って丁寧に磨いていくと歯垢がきれいに除去できます。

 

 

歯石除去は歯医者にお願いしましょう

プラークは歯石の前段階と言われています。

歯石になると歯科医で歯石除去をしてもらわない限り、ブラッシングで取り除く事はできません。

虫歯菌や歯周病菌はプラークや歯石の中で増殖していきます。

なので毎日の歯磨きが欠かせない訳ですね。

 

また自分で気づいていないうちに歯石がたまっている事があります。

半年~1年に1回は歯医者に行って歯石除去と歯周病検査をしてもらう事をおすすめします。

 

歯周ポケットに歯垢や歯石がたまると、みるみる歯周病は悪化していき歯茎がグラグラになってしまいます。

 

歯周ポケットが発生しているという事は、普段からブラッシングが出来ていないという事にもなりますので歯医者さんに頼んでブラッシング指導をしてもらいましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました