なんで?どうしてなの?|質問することで自ら世界を広げていく事ができます。

最近うえの子が「なぜ?」、「どうして?」が気になるようでよく質問してきます。

子供は成長に応じてさまざまな質問をなげてきます。

発達段階に応じて質問攻めにされる時期があります。

 

 

最初は「これなに?」から

一般的に言語を習得した後、あれこれ気になり始めた時期に「これなぁに?」と聞かれるようになります。

 

年齢で言えば2~3才くらいではじまると言われます。

我が家では長男は5才くらいで次男は3才くらいで始まりました。

長男は発達障害でまわりの子供たちより発育が遅いのでこれなに?時期も遅れてやってきました。

 

子供は質問することで自分の中で世界を広げていきます。

 

それまでは受け身で覚えてきた言葉の世界が自分から広げていけるようになります。

まわりには自分の知らないものだらけで好奇心で満ちあふれています。

 

大人だったら当たり前のよりに知っている事ですら興味津々なのです。

これはなんだろう?

何に使うのだろう?

気になって仕方ないのですよね。

 

これなあに?と質問する事で発想力を豊かにしつつ、どんどんと知識を吸収していきます。

 

 

想像力が豊かになっていきます

発達障害の長男もカード学習で言葉を覚えていましたが、「これなに?」と質問できるようになってから飛躍的に言葉の量が増えてきました。

 

親は子供の質問に面倒くさがらずにゆっくり丁寧に答えていってあげましょう。

聞かれた答えが「りんご」なら、

「これはりんごって言うんだよ。
くだものの仲間で食べるととってもおいしいんだよ。
このりんごはスーパーで買ったんだよ。」

と単に答えを教えるだけでなく、より想像しやすいように答えていってあげたいですよね。

 

こうやって知識を増やしていくことで、次のステップ「なんで?」「どうして?」に繋がっていく事になります。

 

 

なかなか質問してこない子供もいます

なかなか子供から質問がでない場合は親がゆっくりこれは何かな?と問いかけて答えていってあげましょう。

子供は親の言葉をしっかりと聞いています。

 

性格によっては自分から質問しないタイプの子供もいるかと思います。

これはなにかな?と問いかける絵本もたくさん出ています。

 

玩具なども使えると思いますので、さまざまな面から子供に問いかけながらコミュニケーションを取っていきましょう。

 

自然に質問攻めをしてくる子供もいれば、なかなか言語がてでこない子供もいます。

私の長男は発達障害で、子供から自発的に質問が出てきたのは5歳からでした。

 

時間はかかりましたが、絵本を使ったり、幼児教材でたくさん質問を投げかける事を意識して継続してきました。

 

おすすめ教材はこちら→幼児期からずっとポピーを利用しています|おすすめの月刊教材です

 

 

世の中の真理を追究してきます

これなに?の次は「どうして?」の質問に変わってきます。

子供は成長と共にこれなに?という単純な物の名前を知る欲求から、なんで?どうして?と思うようになります。

 

これこそ世の真理を探求する事になる終わりなき疑問です。

今、ちょうど長男がなんで?どうして?期に入っています。

最近、日が暮れるのも遅くなりました。

夏が近づいてきているんだなぁと思っていたら、
「どうして夏はいつまでも明るいの?もう七時なのにまだ明るいよ。」
と質問されました。

 

なかなか鋭い質問であると同時に即答できない自分が情けないです。

「地球の地軸が傾いていて夏は太陽に近くなるからだよ。」

そうしたら「地軸ってなに?なんで地軸は傾いているの?」とさらに突っ込まれて…

なんでだろうね、わからないや。
と答えてしまいました…。

正直子供の質問に答えるのは難しいです。

 

「飛行機は何で空を飛ぶの?」
「なんで電池でおもちゃは動くの?」

理科の知識のとぼしい私にはなかなか良い答え方をしてあげられないのが残念です。

 

 

明確な答えのない質問も聞いてくる

だいぶん前の事でしたが、
「天国はどこにあるのどうやったらいけるの?地獄はどうなの?」

どこから聞いたのかわかりませんが天国と地獄について細かく聞かれてホトホト疲れました。

だって天国、地獄は生死に対する考え方であり人それぞれ、明確な答えなんて存在しません。

こういう答えがはっきりしない質問はこちらから逆に問いかけて考えさせてみます。

「天国ってどんなことだと思う?」

『おいしい食べ物がいっぱいあって、おもちゃもいっぱいあるんだよ』

www

 

そんな天国のイメージはいったいどこでついたのでしょうか?!

 

「おっそれはすごいね。ここは天国じゃないとすればどうやったらいけるのかな?」

『良いことしていれば、死んだとき閻魔大王が連れて行ってくれるんだよ。』

 

アニメか漫画の話でしょうか、息子の中で妄想が膨らんでいるようです。

「でも本当に天国ってあるのかな?見たことないからお父さんにはちょっとわからないな。」

こういう答えのない質問はこちらから逆に質問を投げかけていきます。

 

まぁ子供はこうして想像力をつけて、知識をつけていっているのでしょう。

 

 

親も成長するチャンスです

ただ質問レベルがあがってくると親も困る事が多々あります。

 

なんで?攻撃は親も即答しにくい場合が多いので、わからない場合は一緒に調べてみようかと答えます。

ググればすぐにわかるのでしょうが、あえて図書館に行ってみたり、学校の先生に聞いてみるように促したりしています。

 

でも、それってもしかしたら自分自身が成長するきっかけになるかもしれません。

 

 

子供に教えるのじゃなくて一緒に考えてみましょう。

「私自身もよく知らないことがいっぱいあるんだ。」

子供から質問されることで気付かされます。

一緒に調べてみることで親子ともに成長する機会となれるかもしれません。

 

 

自然の成り立ち、世界の国々、電子機器の事、宇宙の話などなど子供にとって不思議はいっぱいあります。

親も即答できない内容の事に興味持ち始めているのだと感慨深いですね。

「どうして?なんで?」は追究しだすと終わりのない世界です。

親を越えて世の中の真理について探求していってもらいたいものです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました