今日1日を大切に記事を更新していきたいです

22夜、小林麻央さんが自宅で闘病の末、亡くなられました。

よく芸能人を含めて有名人の死去のニュースを聞いて心を痛めますが、今回も胸をえぐられるような気持になりました。

 

特に病をおしてブログを更新されている場合などは感情移入してしまいます。

家族や子供を残してこの世を去る悲しさと無念さがまるで自分の事のように思えてくるからです。

子供の成長を見守る事のできなかった悔しさは想像を絶するものがあります。

 

小林麻央さんの最後のブログを引用させていただきます。

「おはようございます。ここ数日、絞ったオレンジジュースを毎朝飲んでいます。正確には、自分では絞る力がないので、母が起きてきて、絞ってくれるのを心待ちにしています。今、口内炎の痛さより、オレンジの甘酸っぱさが勝る最高な美味しさ!朝から 笑顔になれます。」

 

このブログを更新した翌日、病状が急変され、その翌日にお亡くなりになられました。

想像もできないよなつらい治療や痛みを我慢して、一日でも長く家族と一緒にいたいという気持ちは誰よりもつらかったんだろうな、と思っています。

 

ご冥福をお祈りします。

 

 

死は他人事でなく全員に等しく訪れます

有名人だからニュースになっているだけで、毎日そういう思いで亡くなっていかれる方はたくさんおられるかと思います。

 

余命は病に対して医者から宣告されたものであって、余命宣告なしに事故や病気で突然亡くなってしまう場合もあります。

 

結局、人の命は誰もわかりません。

自分が明日もこうして元気にブログを更新している保証はどこにもありません。

 

そう考えると、この記事が最後のブログの記事となり遺言という事になります。

最後の更新と仮定すれば私はいったいこのブログに何を残すでしょうか?

 

 

ブログも慣れてくると惰性となってきます

やる事といったら新しい話題を探してインプットしていくくらいです。

もちろん!より良い記事をお届けするためにアウトプット、つまりライティングにも力を入れています。

 

しかし、そう毎日心の底からフツフツと書きたいことが沸いてくる訳ではありません。

なのでたくさんブログサーフィンしながらインプットしていく事になります。

 

ただし!

 

ブログ更新自体は惰性の連続でも、魂を込めて記事を書いていきたいそう思っています。

改めてそう思いました。

 

このブログは不特定多数の読者の方へ送ると同時に自分自身、家族の為にも書いているからですね。

 

 

今日を大切に生きていくしかありません

実際に、人はいつ死ぬかわかりません。

病気ならおおよそのメドはつくでしょうが、事故に巻き込まれる可能性もありますし、何があるかは誰も予想はできません。

 

いつまで家族の笑顔を見ていられるか、それは誰にもわかりません。

 

永遠はありません。

1日1日を後悔のないように生きていくしかありません。

 

だからブログも全身全霊をかけて書いていきたいと思っています。

 

 

ブログも魂を込めて書き続けたいです

もし、今日更新するこの記事が、自分の最後の記事となるなら自分の伝えたいすべてを詰め込みたいですよね。

読者に向けて、妻に向けて、子供に向けてかける限りのメッセージを残したいものです。

ブログへの思いも伝えたいし、お世話になった方への感謝の気持ちも伝えたい。

それだけでなくこのブログを少しでも世の中で生き残ってもらいたいし、よりたくさんの方にお役に立てる情報を伝えてあげたい。

きっとより質の高い心に響く記事が書けることでしょう。

 

当たり前の毎日だから気付かない事もあります。

普通に生きているのが当たり前になっていますが、この命いつ失われるかは誰もわかりません。

神のみぞ知る世界です。

医師から余命宣告をされていなくても、日々余命は減ってきています。

 

だから毎日一日一日を大切に生きていくしかないのです。

ブログも同じです。
自分の分身として伝えたい事を世に発信していってくれています。

一日一日大切に記事を完成さていきたいものですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました