気になって仕方がない性格は治るのか?気になる性格との付き合い方

夫婦揃って気になる性格だから大変です。

私と妻は気にしぎな部分があります。

 

妻は出かける際にコンロの電源を消したかどうかが気になって仕方がなかったり、家のカギを閉めたかどうかが気になって仕方がないようです。

 

一方、私は家に帰ってからあの仕事はどうだったのだろか…?

また職場で他人がひそひそ話をしていると、自分の悪口を言われているのではないかとその内容が気になって仕方がありません。

 

あまり気にしすぎていると気持ちが疲れますよね。

 

 

気になる性格をありのまま受け入れる

細かいことを気にする性格は一方で、良い性格とも言えます。

 

物事に対して真面目だったり、仕事に几帳面だったり、綺麗好きだったり。

他人の顔色が気になるのは、人の気持ちを考えられるという事です。

 

 

割と繊細な心の持ち主と言えるでしょう。

なので自分の中ではすごく気にしている事でも他人から見れば良い性格と言えるでしょう。

 

私は逆の性格の人の方が一緒に仕事をしたくありませんね。

仕事がいい加減で大雑把なところがある、注意されても全然気にしないし反省しない、整理整頓ができないで机の上がきたない…etc

 

今のその気にしすぎな性格は社会の中ではプラスに働く事の方が多いと言えましょう。

なので、まずはありのまま気にするその性格を受け入れてあげましょう。

そんなに卑下する必要はありません。

 

プラスになると考えて見る

その気にする正確のおかげで様々なトラブルや災難を回避できたかもしれません。

 

まわりの人からも疎まれることなく付き合っていけているのかもしれません。

いろいろ考えるのでさまざまなアイデアも浮かんできます。

あれこれ自分の中でシュミレーションをしているうちに新しいアイデアが生まれてきます。

また基本的に新しい事には慎重です。

そのおかげで怪しい商法に騙される事も少ないでしょう。

 

 

今の自分があるのは今の自分の性格のおかげなのです。

そう思えば、ありのままの自分を受け入れられるようになるかと思います。

 

 

気にする性格は、気にしない大雑把な性格より様々な場面で自分を助けてくれている可能性があるという事を再確認しましょう。

 

 

完璧主義をやめてみる

気にする性格で良いとはいうものの、あまり度が過ぎると問題があります。

何事も度が過ぎればそれは問題となるので,

気にしすぎる性格も見直す必要がでてくいるかもしれません。

 

物事を気にし過ぎの方は完璧主義者が多いと思います。

仕事でも100点を目指して全力でがんばっておられるのでしょう。

家の掃除も部屋の隅から隅まで完璧に掃除をしておられる事でしょう。

 

たまには手を抜いてもいいのではありませんか?

頑張る時はとことん頑張ってください。

しかし、問題にならない程度に90点や80点でもいいのではないですか?

 

自分の理想像が高すぎて、疲れてしまっているのです。

理想像が高すぎる為に普通以上に仕事や家事をしていても、自分に合格点をあげられないのです。

 

完璧すぎる計画を立ててそれに対して思い通りにいかなければ、動揺したり腹を立ててしまいがちです。

 

私も思う節があります。

旅行に行くときに計画を立てるのですが、なかなか自分の思うようにいきません。

今考えると、旅行なんて計画通りにいかなくて当たり前なのですが、旅行中の自分はそのことに対してイライラしてしまいます。

 

出発時間が来ているのにいつまでもダラダラとしていて出発できなかったり、道を間違えて見当違いの場所に行ってしまったり。

せっかくの楽しい旅行なのに、完璧主義のせいで楽しめなくなってしまっています。

 

旅行なんてアクシデントやトラブルを含めて楽しめばいいのですね。

その事をしっかり認識する事が大切なんだと思います。

 

「まぁいいか、なんとかなるさ」は完璧主義者にとって魔法の言葉です。

そうしなければどんどん高い理想を追い求めて、まわりから距離を置いてしまって結局、人間関係で損をするのは自分なのですからね!

 

誰も自分の事なんて気にしていない

気にする人はよく自分の発言をいつまでも気にします。

あの時、あのように言った言葉はどう思われているのだろうといつまでも考えています。

 

しかし、現実は相手は何も思っていないどころかそんな会話をした事すら忘れているのが現実です。

自分が思っているほど、相手はあなたに対して興味をもっていないものなのです。

 

しかし、そんな一生懸命に考え悩んでいてもそれは相手にとってはどうでもいい事だったりします。

 

例えばメールやラインの返事がないとずっと気にして携帯を眺めてしまったりする人がいますが、それも相手にとっては割とどうでもいいことだったりします。

後で返事をしようと思ってすっかり忘れていた、なんて事もよくあります。

気にしているのは自分だけで、相手はメールやラインの存在すら忘れて他の事をしていたりします。

 

こういった類はほとんど取り越し苦労なので気にする必要もありません。

 

 

なるようになる

いくら考えたって答えは出てこない事もあります。

慎重に物事を考えて推し進めていく事は良い事です。

無用なトラブルを回避して、成功の確率を高めてくれます。

 

しかし、考えるだけ考えた後はもう成り行きにまかせて見守るようにしまょう。

その結果どうであったって自分はよくやったと褒めてあげましょう。

 

例えばテストを受けてその結果が出るまでドキドキして、最悪の事をシュミレーションしてしまったりします。

仕事でこの結果では評価されずに人事に影響する、学校で点数が悪ければ進路に影響するなどですね。

 

 

しかし、やる事をやった後はどんなに考えて、心配しても結果変わりません。

私の好きな諺(ことわざ)に「人事を尽くして天命を待つという」言葉があります。

 

やるべきことをやったらあとは胸を張って結果を待ちましょう。

もしかしたら思うような結果がでない事もあると思います。

それはその時にまた考えればいいのです。

 

失敗する事で、人は反省し考え、成長していきます。

 

 

大切なのはやるべき事をやった自分の姿を認めてあげ褒めてあげる事です。

きちんんと自分を認める事で「なんとかなるさ」と思えるのです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました