王様と勘違いしがちな管理職である課長や部長たちについて

どこの職場にも勘違い管理職や勘違い経営者はいるものです。

 

役職が上がっていくと裁量権は増え部下の人数も増えていきます。

 

課長になれば課内ではトップですし、部長になれば上は取締役など数えるほどしかいません

 

部下は上司の顔色を伺いますし、まわりからは課長、課長と呼ばれます。

課で一番奥の机に座って部下に仕事を割り振り、進捗状況を管理します。

 

そんな状況で生まれやすいのが立場を勘違いした王様課長です。

 

 

とんでも課長の実態

ただ、たま~にいるのが、自分は特別えらいと勘違いしている管理職。

信じられないかもしれませんが、現場の仕事内容も詳しく知らないし、マネジメントする気もない管理職もマレに存在します。

特に規模の大きい会社では頻繁に人事異動が行われますので、突如、畑違いの課にまわされたりする事があります。

 

態度が大きくて、やたら声の大きい威勢だけの管理職の下についた時はほんと地獄のような毎日を送る事になります。

 

トラブルが起きて課長に報告しても、
「なんでだ!なんでだ!なんでこんな事が起こったんだ。」と怒鳴り散らします。

 

仕事内容を把握できてないからトラブル内容もその原因もわかっていません。

 

課長代理を呼びつけて、事後対応を押し付けます。
そして課長代理に部下の指導がなってないとすべての責任をなすりつけていきます。

 

仕事についてよくわかってないから、改善策が提示される訳でもなくただ怒鳴られるだけ。

根本的に何も変わってないので、また同じトラブルが起こってしまうのです。

 

見かねた係長や主任が改善策を提案してもプライドが許さないのでしょうか?

けっして部下からの話を聞く事はありません。

 

そんな最悪な雰囲気の課内なので中にはストレスの限界で仕事を休んだり、辞められていく方が出てきます。

 

そうなると余計仕事はまわらなくなり、一人一人の負担は増します。

 

責任者である管理職次第で現場はこうも大きく変わるものなのです。

 

 

会社によっては簡単になれます

これは業種や会社規模によって差はありますが、割と簡単に管理職になれる場合もあります。

会社によってはトントン拍子で管理職になれる場合もあります。

 

警察でもキャリアと呼ばれる方はいきなり上位役職からのスタートとなります。

大手企業でも総合職では管理職一歩手前からのスタートとなります。

 

一般職としての経験がなかったり、経験が浅いまま管理職になれてしまうのです。

それでも多くの管理職は優秀だからなれるのであって、勉強してそれなりに力を発揮してくれるのですが、稀に経験のない勘違い管理職が誕生してしまいます。

そもそも管理職の仕事や管理職としての責任をわかってないまま管理職になれる制度があるのが間違っているのかもしれませんね。

 

 

管理職から逃げる人たち

逆に現場で管理職並みに部下の面倒をみて、仕事の進捗状況を把握して実質、すでに管理職ばりに仕事をしている方もおられます。

しかし、仕事はできるのに課長への登用試験を受けようとはしません。

何故なら一般職と管理職の根本的違いを、把握しているがゆえに管理職から逃げている人たちも大勢います。

 

当たり前ですが、管理職になれば経営者側につく事になります。

 

労働組合から外れて、逆に労働組合との交渉をする立場になります。

 

自ら仕事をする必要はなくなる変わりに、現場をスムーズにまわして、経営目標を達成する為、日夜仕事をする事になります。

部下の勤務状況、目標の進捗管理、会社への報告資料の作成、職場内の安全管理、対外企業との価格交渉など仕事は山のようにあります。

 

休日?なにそれ?管理職でしょ。

残業代?なにそれ?管理職なんだから朝から晩まで働いて当たり前でしょ。

働きすぎで倒れそう?なにいってるの?自分の管理もできていないのに部下の面倒なんて見れるの?

 

現場で優秀な人達こそ管理職になった後の現実を知っているので、昇進を避けるのです。

課長になるようお呼びの声がかかった途端、仕事をやめられたり、役職を降職される方もおられます。

 

逆に管理職って何かわかってないのに気楽に課長と言う名前だけでホイホイなってしまう方もおられるようです。

こうして勘違い管理職と、管理職以上に知識豊富な現場の社員が誕生していく訳です。

 

ブロガーは一般職に限る

はっきり言って副業をされている方は一般職でいるべきです。

 

管理職になる以上は仕事が最優先でなければなりません。

これは聞いた話ですが、大手金融機関の管理職なんて休日なんて帰るのは23時で、土日も仕事。

休みなんてほとんどないらしいです。

飲食業の店長職もかなりの拘束時間だと聞きます。

 

人生、仕事という気持ちでないと管理職は務まらないです。

つまり、仕事をしながらネットビジネスなんて選択肢は正直、難しいでしょう。

 

 

私の場合はどうでしょうか?

決してキャリアアップを諦めた訳ではありません

私も会社に入社したての頃は、課長にあこがれていましたし同期に負けない気持ちでいっぱいでした。

 

しかし、今では自分の時間が大切です。

子供たちと遊ぶ時間も大切です。

 

仕事より大切なものが増えていくにつれて、昇進意欲は失われてしまいました。

 

ただ会社内での話であって人生においてまだまだ上を目指したいです。

キャリアアップは会社内の仕事だけじゃありません。

家族で遊びながらキャリアアップも目指せます。

 

管理職になって、家庭を捨てる道ではなく、一般職のまま家庭や趣味を大切にしながらキャリアアップの道を選びました。

 

まだ人生も半ばです。

これからどうなるかわかりませんが、前向きに明るく生きていきたいと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました