プールや海に行くときにこれだけは忘れず|忘れ物注意&持ち物リスト

ぜひプールや海水浴に持って行きたいものをピックアップしていきます。

 

 

プールや海水浴は夏最大のイベントと言えるでしょう!!

 

せっかくのプールなのにけっこうやってしまうのが忘れ物です。

現地に着いてから、あれ持っていておけばよかったなど多々あります。

 

そうならない為にもプール&海水浴に出発前に再度忘れ物はないか再確認しておきましょう!

 

 

水着と着替え

まさか、これを忘れる方はいないと思いますが、念の為にトップに持ってきました。

でもね、実際におられるようです!水着を忘れてしまわれる方が!

行きは下着代わりに事前に水着を着用しておくのも一つの方法です。

 

 

浮き輪がなくちゃはじまらない

プールと言えば浮き輪でしょう。
プカプカ浮かびながら流れるプールに、身を任せて泳ぐのはこの上なく楽しいです。

車での移動でしたら事前に浮き輪を膨らませておけば現地での作業が減って楽ですよ。

 

ビーチボールで遊ぼう

プールでビーチボールでの遊びは定番中の定番ですよね。

ビーチボールなら人に当たってもいたくないし、安心して遊ばせる事ができます。

海水浴なら問題ありませんが、プールの場合は使用禁止でないか事前に調べておきましょう!

 

浮き輪フロートで流れのままに

流れるプールで浮き輪フロートにつかまりながら、何週もまわっているだけで楽しいです。

何も考えず、ボーッとして浮かんで流されていくのです。

ただし、海は要注意です。

流れるプールではただまわっているだけですが、海ではどこまでも進んでいってしまいますからね!

 

サンシェードで拠点を確保しよう

夏は暑くて休憩時に日陰が欲しいですよね。
ビニールシートだけでは、休憩時に太陽の直射日光を浴びます。

サンシェードを持って行っていく事で、休憩時日陰で過ごすことができます。

サンシェード設置可能なプールでは一面サンシェードだらけになってしまいます。

いい場所に設置しようと思えば早めにプールに行く事をおすすめします。

 

ビーチサンダルを忘れた時の悲劇

えぇプールに行くのにビーチサンダルを忘れた時は本当に悲惨です。

場所によっては素足で歩くと痛い場合があります。
また床が熱くて火傷しそうになる事もあるので、ビーチサンダルは必須です。

海でも必須です。

貝殻が割れて散乱している場合、足にささって怪我してしまいます。

 

ゴーグルで綺麗な海を覗いてみよう

潜るならぜひゴーグルを持って行きたいです。

ゴーグルはプールだけでなく海でも役に立ちます。

特に海の場合は魚や海中を見る事ができますからね!

 

クーラーボックスでいつでも冷えた飲み物を

クーラーボックスに凍らしたペットボトルを入れておくことで保冷剤変わりにもなります。

正直、クーラーボックスを持っての移動は厳しいですが、冷たいジュースに冷たいゼリーなどいろいろと用意していけます。

熱中症にならない為にも飲み物は必須です。

 

しかし現地で買うといい値段するのですよね。

リゾート価格って奴ですか!

 

サーモス水筒で便利ですね

冷たいお茶はプールで必須ですね。

クーラーボックスに凍ったお茶が溶けるまでの間の水分補給としてサーモス水筒を持って行くと便利です。

クーラーボックスを持って行けない時の代用にもなります。

 

ウェットティッシュの万能さ

あると便利です。

特に海に行くといろいろな物がベトツキます。

帰りに水道水で洗っても気になる事が多いのでウェットティッシュを持っていると何かと便利ですよ。

 

小銭入れがあると便利です

プールに財布を持ち込むのは厳禁です。

盗難に合う可能性を含めて、ビニールのケースに小銭を入れて持ち込むようにしておきます。

海でも貴重品を預けた後もお金は必要です。

小銭を用意しておくと何かと便利ですよ。

 

 

日焼け止めは肌を守ってあげよう

楽しいプールのあとの日焼けほどつらいものはないです。

日焼け止めを塗っても日焼けしますが、まるで火傷のように赤くなったり、水膨れにならないためにも日焼けをぬっておきましょう。

日焼け止めはけちらずたっぷり使ってください。
それでも日焼けしますけど、ずいぶんマシになりますよ。

 

ルールを守ってスマホの利用を

せっかくのプールなので、子供の写真や家族の写真をとりたいですね。

防水スマホがあれば多少濡れても平気なので、安心して使えます。

カメラの使用はプールや海水浴場のルールに従いましょう。
禁止されている場合は持ち込まないよいに。

禁止されていなくても、非常にうるさいご時世です。
家族以外の人が写り込まないように注意して撮影しましょう。

 

 

目薬で結膜炎を予防しよう

プールの後にしっかり目を洗わないと結膜炎になる可能性があります。

殺菌効果のある目薬を併用することで結膜炎の予防にもなりますし、目の疲れもとれますので持っていきましょう。

 

痛み止めがあれば助かります

プールの帰りに疲れて頭痛になる事があるので痛み止めを持っていれば助かります。

自分が大丈夫でも家族が体調不良になることも。

プールは楽しくて疲れ知らずで遊べますが、帰り道にどっと疲れが襲ってきます。

名残惜しいくらいで切り上げた方が、帰り道が楽です。

 

 

以上、プール・海水浴に行く場合の持ち物リストを作ってみました。

みなさん準備はいいですか?

 

せっかくの楽しいプールや海水浴で忘れ物をしない為にも再度確認しておきましょう!!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました