鍋を夏に食べるってアリ?なし?レタスを使った夏鍋にチャレンジしてみました

私は鍋が大好きです。

 

鍋を食べるとほっこりするし、野菜が盛りだくさんで食べると元気が出ます。

 

鍋は野菜を中心とされている為に糖質も低く、健康やダイエットにも最適です。

もはや向かうところ敵なしの鍋ですが、そんな鍋にも最大の弱点が…。

 

それは鍋は冬に食べるもの。

 

ただ鍋って冬にしかしないのが残念です。

 

…。

否!!

 

鍋は冬だけじゃありません。

 

年中、食べる事ができるのです!!

 

夏でも鍋を食べてみたい!!そんな思いは果たしてかなうのでしょうか?!

 

 

夏鍋の魅力

夏は気温が上がって体力が落ちがちです。

しかし、鍋には野菜を中心に豊富な栄養素が詰まっています。

 

夏バテが懸念される夏にこそ鍋を食べたいですよね。

 

夏は白菜があまり売っていないですが、食材は豊富にあります。

キャベツや夏野菜のトマトなどを使った鍋を食べる事にしましょう。

 

またたっぷりのレタスと豚バラを使った鍋もおいしいです。

 

夏の疲れにもつ鍋なんかもおいしそうですね!!

 

鍋=白菜というイメージの為に夏は敬遠されがちですが、水炊きの延長と考えれば年中食べる事が出来ます。

 

 

一度、レタスやキャベツを使った鍋にチャレンジしてみてください。

 

 

暑い中食べる?クーラー効かせて食べる?

アツアツの鍋ですが夏はそうでなくても熱いです。

 

そう夏の鍋の魅力は、汗をかきながらアツアツの鍋を食べる事につきます。

 

鍋で野菜とお肉でしっかり栄養をとって夏バテ解消に努めましょう。

 

汗をかきながら鍋を食べるのが苦手な方は、ガンガンにクーラーを効かせて冷えた部屋のなかで食べるのもいいかと思います。

 

 

レタス鍋の魅力

作り方は簡単です。

ダシを作って、その中に縦に刻んだレタスと豚バラを放り込むだけです。

 

煮立ったらミニトマトを入れるとさらに風味が増します。

 

ミニトマトを入れるのが夏らしくていいですね。

ポン酢をつけて食べるとおいしい事♪

 

 

鍋は白菜だけではないのです。

キャベツでもレタスでも抜群においしい、つまり年中食べる事ができる!

 

 

鍋=白菜という概念をとっぱらうと夏でもこんなにおいしい鍋を食べる事ができるのです。

 

 

夏野菜たっぷりのトマト鍋の魅力

夏は夏野菜が安くておいしいです。

いろどり豊かな夏野菜を使って鍋を作ってもおいしいですよ。

 

夏野菜がおいしいダシをさらに風味豊かにしてくれます。

 

好みでショウガやニンニクを加えると食欲不振を吹き飛ばしてくれるおいしい鍋になりますよ♪

 

鍋は何入れてもおいしくなりますので、その気になれば年中おいしく頂けます。

 

 

鍋を年中食べたい理由

鍋には魅力がたくさんあります。

 

鍋のメインは野菜でビタミンをはじめとした栄養素が豊富です。

 

お肉も食べられるのでたんぱく質も摂取でき体づくりの基礎となります。

 

それに比べて炭水化物は控えめで糖質ダイエットに最適です。

 

なにより鍋はおいしいですね。

 

おいしいのに具材を放り込むだけで作れるお手軽さ。

 

また腕に左右されず誰が作っても安定的な味です。

 

鍋のバリエーションは無限と言えるほど豊富で飽きる事ないです。

 

 

おすすめの鍋の素はこちらです

この鍋キューブがあれば3つの味(鶏だし・うま塩/濃厚白湯/寄せ鍋しょうゆ)が楽しめます。

 

このキューブひとつで味付けは完璧で鍋に失敗する事がなくなります。

 

鍋キューブを常備しておくことで、一年中いつでもその季節の鍋を楽しむことができます。

 

 

このモランボンのトマト鍋は間違いなくおいしいです。
このトマト鍋スープで〆にチーズリゾットを作れば相性抜群で本当においしいですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました