夏バテ気味なあなたへ|とれない疲れは体の悲鳴です。疲れきった体を休めてあげよう

最近の暑さはなかなかのもので、暑さ対策をしているつもりでも、体はダメージを受けている可能性があります。

 

特に夏場の睡眠不足は、体にダメージをためていきますので気をつけましょう。

 

上手に冷房を使いこなして、しっかりと熟睡しないと疲れがとれないばかりか、夏バテを引き起こしてしまいます。

 

体は温度が下がったときに眠たくなるようにできていますので、夏は寝苦しく、夜中に目を覚ましたりしやすい環境と言えましょう。

 

そして自分でも気づかない内に疲れがたまっていって、夏風邪をはじめとしたさまざまな病気を引き起こします。

 

 

夏バテの原因

高温多湿の環境に体がついていかなくなっています。

 

具体的には次のような原因が考えられます。

 

温度差による自律神経の乱れ

こうも暑いとエアコンをかけないと熱中症になってしまいます。

 

まさにエアコンは命綱なのです。

 

ただエアコンを使うことによって外気温と差がでてしまい体がついていかなくなり、自律神経が乱れてしまいます。

 

自律神経が乱れると、食欲不振に陥ったり、体がだるくなったり、まさに夏バテの症状そのものが表れます。

 

発刊異常による体調不良

高温多湿の環境にいると汗がにじみ出ます。

場合によっては滝のように汗がしたたり落ちます。

 

その状態が続けば、体は体温調節機能がついていかなくなり、軽い熱中症の状態となります。

一旦、熱中症にかかってしまうと回復するのに時間がかかります。

体のだるさ、食欲不振、頭痛や吐き気など、軽い熱中症=夏バテという訳になります。

 

最大の原因は睡眠の質の低下

人は多少、疲れてもしっかり寝れば回復するようにできています。

 

要はしっかりと質のよい睡眠をとれれば夏バテは防ぐ事ができます。

 

しかし、疲れがたまっているのに、熱帯夜ではなかなか寝付くことができません。

 

寝れても、浅い睡眠で熟睡感を感じられないのが夏なのです。

こうして徐々に疲れが蓄積されていって夏バテという形で表れてくるのです。

 

気持ち良く寝付く為に

寝る前に25度くらいにしっかりと部屋を冷やしておきます。

夏の寝付きにくさは、体温が下がらないためなので、部屋をしっかり冷やしておく必要があります。

 

次に…寝る前には冷房の温度を27度くらいまであげてタイマーを3時間くらいにセットして寝ます。

 

もし、エアコンが切れて夜中に暑くては目が覚めてしまったら手動でつけて朝までかけておきましょう。

 

夏バテの症状

夏バテと言っても「これ」と言う決まった症状がある訳ではございません。

 

 

暑さに体が対応できずに生じた体調不良の総称を夏バテと呼んでいます。

 

 

だるさ、倦怠感

夏バテに一番多い症状です。

具体的にどこかが痛かったりする訳ではないけど、ただ、体がしんどくてだるくなります。

 

そしてそのけだるさが、なかなかとれないのが夏バテの特徴です。

 

夏は体力の消耗が激しいので、なかなか体力の回復が追い付かないのです。

なかなかとれないだるさが続くようでしたら、ゆっくり休むことが必要となってきます。

 

食欲不振

こう暑いと食欲も湧きません。

 

胃が重くて食欲が沸かないのも典型的な夏バテの症状です。

 

ただ、食べないと体力がつかないし、余計に弱っていきます。

少しでいいので口にする事が重要です。

夏野菜は栄養素も豊富で水分をたくさん含んでいるので、夏バテにぴったりな食材です。

 

まったく食べられない状況が続くようでしたら、必ず病院にいって診てもらいましょう。

 

頭痛,吐き気

頭痛と吐き気はセットであらわれる事が多いですが、その頭痛気をつけましょう。

 

軽い熱中症にかかっている可能性があります。

真夏に頭痛がする時はしっかりと水分を補給して休む事が大切です。

 

軽度の熱中症には経口補給液がおすすめです。

経口補給液は速やかに体内に吸収できるようにナトリウムや糖分の量が調節されています。

飲む点滴とも呼ばれており、大量に汗をかいたりして軽度の熱中症が疑われる時にはぴったりの飲み物です。

 

夏バテの対策は?

しっかり休んで、しっかり食べて体力をつける事が夏バテの対応策です。

 

夏バテだと感じるときは無理して遊びにいったりせず家でゆっくりしておきましょう。

 

ビタミンやタンパク質をしっかりとって体力をつけていくのも重要です。

食欲がなくて脂っこいものが食べられないならプロテインでたんぱく質を補給される事をおすすめします。

そして夏バテが解消されたら少しずつ動いて体作りもしていきましょう。

 

日中の暑さは尋常じゃないので、朝、早い時間に動くのが良いかと思います。

ちょうど、6:30のラジオ体操くらいが涼しく適度な運動量となるのではないでしょうか?!

 

夏の暑さに負けない体を日頃から作っていく事が重要です。

 

 

だるさを超えればすぐ病院へ

夏バテと熱中症は紙一重です。

 

重度の熱中症は命に関わります。

 

痙攣を起こしたり、吐き気がとまらなかったり、意識が朦朧としてきたらすぐに病院でみてもらいましょう。

 

最近は室内にいても熱中症になる事もあります。

暑さを感じたり、疲れを感じるときはエアコンの温度を下げましょう。

 

以前、エコを意識して28度でエアコンをかけていた事がありますが、ものすごい暑さで家の中でフラフラしてきました。

エアコンをかけても熱中症になる事はあります。

夏の温度管理には細心の注意を払いましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました