アラフォー夫婦が自分たちの老後について話し合ってみました

毎日子供たちはすくすく成長してどんどん手がかからなくなってきています。

長男は軽度の発達障害だし、次男も何かと手がかかるので教える事はしっかりと教えていかなければなりません。

 

 

しかし、年々子供に手がかからなくなっていくのも事実です。

 

それはありがたいのですが同時に、子供たちが独立した後は夫婦で生きていかなければなりません。

 

いろいろと考えたり話し合っていくうちにどんどん妄想が膨らんでいきます。

 

 

夫婦で将来について語り合います

かぶまる
子供たちも自分で遊ぶようになってめちゃくちゃ楽になったよね。 

よめこ
ほんと、あと10年ちょっとで子供たちも成人だもんね。

 

かぶまる
そのうち2人で生きていかなければいけないよね。
よめこ
落ち着いたらゆっくり海外旅行にでも行きたいねぇ。

 

かぶまる
子供たちってこないだ生まれたばかりに感じるから、巣立っていくのもあっという間だよ。気づいたら老後生活に入っていそう。 

よめこ
そうだね。しっかりお金を貯めてある程度ゆとりある老後を送りたいし、貴重な今を大切に過ごしたい。両方切実な願いだよ。

 

かぶまる
今を楽しむにも老後を豊かに暮らすにもお金は必要なんだよね。

だから余剰資金で株を買って株主優待生活をして、サイトを運営して広告収入を得ているんだ。

もちろん本業もがんばるよ。 

よめこ
おぉ。ほんとご苦労様です。

私もしっかり主婦して立派な子供たちを育てようと思います。

 

 

話はどんどん膨らんでいきます

どんどん妄想は膨らんでいきます。退職後の夢から、どうやって人生を終えるかまで話は進んできます。

夫婦でこうやって夢を語り合ったり将来に向けて話をする事は大切だと思います。

毎日がハードだと目の前の事で精一杯でなかなか先の人生の事まで考えていられません。

 

それでもたまには夫婦で人生について語り合ってみるのも必要だと思います。

 

普段は一日一日を生きながら大きな方向性では同じ方向を向いている必要があるからです。

 

かぶまる
子供が独立したらこの家も大きいし、もっと交通の便の良い場所に引っ越ししたい気もするね。 
よめこ
そうだね。

余裕ができたら温泉地に2週間ほど引きこもってゆったりとしたいわー。

 

かぶまる
あっそれいいねぇ。九州の温泉地を長期間でめぐりたいね。

仕事をしていたらなかなかできないからぜひしてみたい。

そう考えると株の保有数増やして、副収入増やして早期リタイヤしたいぜ。 

よめこ
夢だね。

夢を叶えられるように家族力を合わせてがんばっていかないといけないね!!

 

かぶまる
こないだテレビでやっていたけど人生の最後もお金がなきゃ老人ホームに入るのも大変みたいだからね。 
よめこ
うん。そこまで先を想像するとちょっと寂しいけど、私は節約したり自分のできる範囲でがんばっていきます。

 

 

いろいろな場所に行ってみたいです

やはりお金と仕事にある程度メドがつけばいろいろな場所に旅行をしたいという思いはあります。

今までせいぜい仕事の休みがとれないので1泊か2泊の旅行にしか行けていません。

どーんと数週間長期旅行をして非現実世界で生きたいものです。

 

まだ行った事のない場所は無数にあります。

一度きりの人生だから一度は足を踏み入れておきたい場所もたくさんあります。

 

夫婦で行きたい場所やもう一度行ってみたい場所を共有する事も大切ですね。

 

 

人生の最後をどう終える?!

住む場所についてもいろいろと考えさせられます。

 

今は夫婦ともに元気に動けていますが、年をとって買い物すらままならなくなった時はどうして生きていこうかと考えさせられます。

 

お金があれば老人ホームに入って最後を過ごすという方法もあります。

どこで生きるにせよ、元気に自分の意思をたもって歩ける期間を増やさなければいけませんね。

 

その為にも日々の健康には気をつけたいと思います。

特に生活習慣病を放置しておくとあっという間にいろいろな場所にガタがきます。

 

健康診断で指摘された場合は、しっかりと生活改善と治療に取り組みたいと思います。

 

かぶまる
老人ホームかぁ。

なるべく自分自身で少しでも長く自立して生活していきたいよね。

よめこ
そうだね。

自分の希望に沿ってやりたい事ができるのは80歳くらいまでって言われているよね。そう考えると今は人生の折り返し地点。

 

かぶまる
残り人生悔いないように生きて最後は安らかに人生を終えれればいいなぁ。 
よめこ
なかなか、そうもいかないみたいだよ。

贅沢を極めた大富豪でも、満足する事なくもっと生きたいと思いながら亡くなっていくらしいからね。

 

かぶまる
ふーん。そうなんだ。

それでも今日一日を全力で生きていくしかないね。明日どうなるかわからないんだから。

よめこ
おっ流行りの映画「君の膵臓をたべたい」に影響されていますな?

 

 

自分が死んだ後どうしてもらう?

自分の死んだ後の希望も伝えておくとよいと思います。

私は個人的にお葬式とかはそんなにして欲しくないかな。

日本では感染症などの観点から99%以上が火葬となっていますし、火葬後はどのようにしてもらおうかな?!

特にお墓に入りたいとかもありません。

ただ骨を勝手にまくのは法律的に問題あるようだし…また調べて見るとします。

 

たぶんあと30年もすれば葬儀についても、お墓についてもぐっと様変わりしている可能性はありますよね。

 

たまには自分が死んだときの話を夫婦でして価値観を共有しておく事も大切なのではないでしょうか?!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました