チキンラーメンの魅力|60年経っても変わらないおいしさ

年に数回ですが無性に食べたくなるインスタントラーメンがあります。

 

それはTheインスタントラーメンとも言える「チキンラーメン」です。

 

一度食べたら当分はいいや…ってなるのですが、日にちが経つとまた食べたくなる何とも言えない魅力のあるラーメンですね。

 

 

 

こんなにも長い間愛し続けられる理由は

他のインスタントラーメンにはない「癖になる味」がありますね。

 

醤油ラーメンもおいしいし、味噌ラーメンも、塩ラーメンもおいしいですけど、チキンラーメンはまた別物です。

 

普通インスタントラーメンは麺とスープの粉で構成されていますが、チキンラーメンは麺自体に味が付いています。

 

このしっかりした味がおいしさの秘密なんでしょうね。

 

 

世界初が一番おいしい

チキンラーメンは、昭和33年(1958年)に日清食品創業者の安藤百福が発明したインスタントラーメンで世界初のインスタントラーメンと言われています。

 

チキンラーメンが生まれてから60年も経つのです。

 

すごい!!

 

 

チキンラーメンも還暦を迎えられましたが(笑)、それでも変わらず世の人々を引き付け売れ続けているラーメンなのです。

チキンラーメンが世界初かどうかはさまざまな意見があるみたいです。

 

しかし世界で始めて世に幅広く認知されたインスタントラーメンは間違いなく「チキンラーメン」でしょう。

 

チキンラーメンが生まれてから60年。

その間にどれだけのインスタントラーメンが生まれては消えていった事でしょうか?

 

世界初のインスタントラーメンが一番おいしく愛し続けられているという事がよくわかるかと思います!

 

卵を入れるだけでおいしい

チキンラーメンはつくるのも簡単なのです。

 

ラーメンをどんぶりに入れると、ポケットに生卵を落とします。

 

そしてポイントは熱湯は白身にだけかけていく事です。

すると白身が固まり始めて、黄身の半熟が絶妙なバランスとなります。

 

熱湯をかけて蓋をしめて3分待つだけで完成です。

 

 

昼食に最適

一袋食べるとそこそこお腹が膨れるので昼食に最適ですね。

職場でインスタントラーメンを作れない方はチキンラーメンのカップ麺も売っています。

 

袋麺もカップ麺もよくにた味なのですが微妙に違う気がします。

カップ麺のチキンラーメンの方が僅かですが上品な味に感じるのですが…

 

おそらく製法に違いがあると思うのでそこの違いになるのかな?!

 

キャンプ場でのチキンラーメンのおいしさ

お湯だけで作れるのでキャンプやアウトドアに最適ですね。

我が家はキャンプに行った時の朝ごはんはチキンラーメンかカップヌードルが多いです。

 

どちらもお湯で作れるので楽チンなのです。

 

日清食品さまさまですm(__)m

 

タープの下にテーブルをたてて家族みんなで食べるチキンラーメンは格別です。

 

 

チキンラーメンでカルボナーラ

実はもう一つおいしい食べ方があります。

 

普通にお湯でチキンラーメンを作った後、お湯だけ全部捨てます。

 

 

麺だけが残ったら、そこに生卵を落として、粉チーズもしくはとろけるチーズをのせます。

黒コショウがあるようでしたらふりかけましょう。

 

 

あら不思議。

たったこれだけで絶品の カルボナーラ風チキンラーメンのできあがりです。

 

これを思いついた方は天才ですね。

 

めちゃくちゃおいしいのでぜひ試してみてください。

 

まとめ

月1回程度食べるか食べない程度なのですが、たまに無性に食べたくなるチキンラーメン。

 

この人を惹きつける魔力は相当のものです。

 

忘れた頃に食べたくなるチキンラーメン。

 

だめだ、ブログを書いているだけでよだれが出てきた…。

 

今日の昼食はチキンラーメンで決まりですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました