未だに仮想通貨に全力投資できないでいる理由について

ビットコインを始めとした仮想通貨が盛り上がっていますね。

青天井のように思える価格の高騰はどこまで行くのでしょうか?!

 

本当にここから価格が上がり続けると「確信」できるなら資産の多くを仮想通貨に投入しても構わないかと思いますが、私がいまだに仮想通貨に全力投球できない理由はいくつかあります。

 

 

仮想通貨そのものは何も生み出さない

仮想通貨は決済を行う媒体としては非常に優秀だと言えましょう。

ただし、本質的には「金」を保有するのと近いと言えましょう。

 

金は世界での総量が決まっていて、その希少性から価値が世界的に認められています。

 

ビットコインも流通量には一定の歯止めがかけられつつ、その利便性は世界的に認められています。

 

ただし、金も通貨も本質的には何も生み出さないという事です。

 

利用者が増えているうちは買い手がつくので価格は上がり続けます。

価格が上がり続けるには買い続ける利用者が増え続ける必要があるので、必ずどこかで横ばいとなり、下落し始める時がくるのです。

その時がいつになるかはわかりません。

 

当分下げる事はなく、数年にわたって一歩的に上げ続けていく可能性もあります。

さらにもう一段階上のバブルが発生するかもしれません。

 

 

 

これからどうなっていくのか?!

それは誰にもわかりません。

 

 

株と違って長期的に保有しづらい

株でしたら保有している企業は毎年利益を上げる事を目標に活動して、売り上げから費用を引いた利益が株主に還元されます。

 

利益は配当金や自己株買い、設備投資などさまざまな形で使われて株主に還元され、企業の成長戦略に使われます。

 

 

利益そのものが拡大していく可能性があり、そうなると株価は何倍にも膨れ上がり、もらえる配当金自体も増えていきます。

 

仮想通貨より、成長企業に可能性にかけた方が現実的だと思うからです。

 

また10年単位でみた場合、配当金がもらえるという事は、配当金をさらに投資にまわして複利の効果で資産を増やしていく事ができます。

 

期間が長ければ長いほど、この複利効果の差は大きくなります。

 

企業によっては株主優待などを実施して、積極的に株主還元を行ってくれているところもあります。

 

長期目線で見た場合どうしても仮想通貨より株の方が魅力的に見えてしまいます。

 

 

価格変動がかなり激しい

株は基本的には企業が利益を上げる事で、株価もあがっていきます。

それに比べて仮想通貨は人気がでて、買い手がつき続ける事で価格はあがり続けます。

 

現状、札束での叩き合いのバトル状態です。

 

その値動きは激しく、一日で10%以上平気で変動します。

マザーズ株を見ているような感じですかね。

 

円やドルなど国家間の法定通貨では、ここまで変動する事はありえません。

また日経平均のインデックス連動ETFを買った場合も、さすがにここまで価格が変動する事はまれと言えるでしょう。

 

今は激しい値動きを繰り返しながら上昇チャートを築いています。

買い手>売り手の状態だからです。

つまり多くの方が儲かっている状況です。

 

 

しかし、ゼロサムゲームの世界で一方的にあがり続ける事はありません。

ゼロサムとは勝ちと負けが等しくなるという事ですね。

 

 

繰り返しますが仮想通貨自体は何も生み出さないので、株みたいに長期でもって配当金や自社株買い、純利益の増加を期待するみたいな事はできません。

 

どこかで売り抜けない限り、利益は確定しないのです。

もし、売り手>買い手となった時には価格は下がり始めます。

 

もし上昇チャートの形成が終わった時は、ここぞとばかりに多くの方が利益の確保に向かう事でしょう。

そうなれば暴落が訪れるのは「必然」なのです。

 

 

仮想通貨の種類が多すぎる

現在、仮想通貨は数百種類を超えています。

どれだけ存在しているのかすらわからないくらいたくさんの種類が発行されています。

 

そもそも通貨は「価値」と「信頼」の上で成り立っています。

 

1000円札に1000円分の価値があるので我々は給与を「円」で貰ってなにも文句を言いません。

このお金の本質については、円であろうがドルであろうが仮想通貨であろうが同じです。

 

もし給与がドルで支払われてもドルの価値は世界一なので私個人としては問題ないと思っています。

法定通貨は国の信頼の上、成り立っています。

もし、円やドルの価値がなくなったという事になれば、それは国家そのもの危機が訪れていているという事です。

 

国の信用の元、発行されている法定通貨と違って仮、仮想通貨は次々と新しいものが生まれていってます。

 

調べたところ現状700種類もの仮想通貨が存在しています。

今後もその数は増え続ける傾向にあるでしょうね。

 

 

その仮想通貨に価値と信頼はありますか?!

 

ビットコインがきっかけで生まれた仮想通貨ブームですが、もちろん仮想通貨の中でも勝ち負けははっきりとしてくるでしょう。

 

今は”仮想通貨”という言葉だけで、多くの通貨が値上がりしているようですが、いづれ買い手のつかない通貨から順に価格が崩壊していく可能性は高いように思えて仕方ありません。

 

また中には法定通貨を吸収するだけ吸収して、消滅していく仮想通貨も存在するみたいですね。

特に市場規模が極端に小さかったり、生まれたばかりの仮想通貨には注意が必要です。

 

大手仮想通貨はそれなりの流通量もあり、決済取引も可能です。

また独自の技術で仮想通貨に「信頼」を持たせています。

 

その仮想通貨に本当に「価値」と「信頼」があるのかもう一度しっかりと見極める必要があります。

 

現状、どこのサイトでも仮想通貨のごり押しが続いています。

他人がおすすめしているから買うのではなく、自分でしっかりと調べて、リスクを許容した上で仮想通貨を買うようにしましょう。

 

▼関連動画はこちらです


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました