ブラック企業に負けたくないからブログを書きます

日本でブラック企業と云う言葉はほんとよく聞かれます。

 

まぁブラック企業と言ってもピンキリです。

 

残業代を出さないような完全に違法なブラック企業から、残業代は出すからととことん缶詰めにさせられる企業まであります。

 

 

会社の営業成績をあげる為に毎日怒号が聞こえてくる会社もある意味ブラック企業です。

 

有給休暇をなかなかとれなかったり、とりにくかったり労働者の権利がないがしろにされている会社もありますね。

 

どこの企業もそれなりにブラック企業と言えましょう。

 

法律に違反しているブラック企業は論外として、グレーぎりぎりの企業は相当あるかと思います。

 

 

ブラック企業に立ち向かう方法

ただ、労働者はなかなか企業に立ち向かう事ができません。

 

労働条件を決めるのも賃金を決めるのも経営者だからです。

 

 

嫌なら辞めて自分に合う会社を探せばいい、今の日本の起業はそういう風潮です。

そして自分が辞めても変わりはいくらでもいるのです。

 

 

生きていくためにはお金が必要で、お金の為ならある程度の事は我慢して働かなければならないという図式が成り立っているからです。

 

 

こんな会社は嫌だ、もっと休みをくれ、もっと賃金を増やしてくれ!

みーんなそう思っているかと思います。

 

自分が好きなように働きたいなら自分で会社を作って経営者となればいいのです。

 

 

経営者ならどれだけ働くかも自由だし、利益は自分のものです。

 

その代わり経営責任は経営者が追うことになります。

 

ブラック企業に立ち向かう方法として、「会社自体をどうこうしよう」という考え方をもつ事は辞めました。

 

 

お金が欲しいから卑劣な環境でも働きます

個人がどうあがいても経営者を変えることはできません。

 

経営者を変えたいなら株で会社を買い占めるくらいの財力が必要です。

個人でどれだけ文句を言って会社は変わりません。

 

労働組合はよほど36協定や法律に違反した事案でない限りは動いてくれないでしょう。

 

 

なんで、そんなに会社の言いなりになって働いているのか?

なんで、こんなに我慢してブラック企業で働いているのか?

 

 

答は簡単です。

 

お金です。

 

お金という人質を盾にとられているので労働者は経営者に何も文句を言うことはできないのです。

 

「嫌なら辞めればいい」が、常套句ですからね。

 

そうして人は無理して働いて精神を病んだり、体を壊したりしてしまいます。

 

お金という人質を守るために自分を犠牲にしてまで働き続けるのです。

 

 

お金の心配をなくすしかない

とりあえず当面の食べていくお金があれば思い切って仕事も辞める事ができるでしょう。

 

妻や子供たちの為に最低限の衣食住を確保できれば、お金と言う人質は意味をなさない事になります。

 

だから私は仕事の合間をぬって副業に取り組んでいます。

 

 

ブラック企業に対抗する手段は給与所得以外の安定的収入です。

 

 

実際に給与所得以外に証券会社や銀行の口座にお金が振り込まれるとものすごく心強いです。

 

副収入が増えれば増えるほど、会社へのプレッシャーは減っていきます。

 

 

何故なら、お金と言う人質が少しずつ減っていっている訳ですからね。

会社や経営者に文句を言っても何も変えることはできません。

 

しかし、 お金の人質を解放してあげる事でブラック企業の重圧が軽くなるのは事実なのです。

1000円不労所得を増やせれば、1000円分会社からのプレッシャーは軽くなります。

 

ブラック企業で働きつづけながら給与を得るか、辞めて無収入になるかの二択ではありません。

 

私は第三の選択肢、ブラック企業を利用して不労所得を増やしていくという道を選んでいます。

 

 

第三の道も険しく厳しい

働きながら副業をするのはなかなか大変です。

 

日によっては残業が三時間とか四時間になって、仕事と睡眠で1日が終わってしまう事もあります。

 

特にブログやネット運営は軌道にのるまでが時間かかります。

 

仕事の合間をぬって記事を書いたり、休日にまとめて更新したり決して楽ではありません。

 

仕事をしながら副業する事はさらに自分の時間を減らすことにもなります。

 

それでも副業に力を入れざるを得ない理由があります。

 

 

仕事に限界が見えてきた

アラフォーになれば、会社では管理職への道に進むか、ずっと平の道を進むかの二者択一を迫られます。

 

どこの会社でも管理職の激務っぷりは半端ないです。

年中無休って不思議な事ではありませんし、実際に年中無休の管理職をたくさん見てきました。

 

まだ小学生な上に発達障害を抱える家族をほって、仕事一筋で生きていくって訳にはいきません。

 

だからといって管理職を断ってずっと平でいても、その立場は徐々に追いつめられていく事は目に見えています。

 

体力的にもどんどん劣っていく中で現場でいいように酷使されるのにも限界があるでしょう。

 

どういう道に転んだとしても、あまり良い話はなさそうです…。

 

 

いづれ退職の時が訪れる

今から退職後の事を考えていく事で、収入面のリスクを減らしていこう、そう決意して副業を始めました。

 

ブラック企業で働きながら副業をするのは大変な事です。

 

それでも、疲れたと言って家で寝ているだけではなんにも解決しません。

 

ブラック企業とはいえ、働いている間は安定した収入が入ります。

 

 

逆にその安定的収入が入る期間を利用して副収入を増やしていく事にしました。

 

企業が労働者を利用するように、労働者も企業を都合いいように利用させていただくのです。

 

▼関連ツイートはこちらです


 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました