糖質で満足する生活から脱却|腹八分目が健康的と言われる理由とは?!

お腹いっぱいにご飯を食べると本当に満足できます。

 

あぁお腹がいっぱいでもう動けない!

 

特に炭水化物(糖質)は食べたら血糖値をあがって、心の底から食べた感じになります。

 

ただそんなお腹いっぱいの状態は体にとってはあまり好ましくないようです。

 

 

炭水化物は血糖値をあげます

糖質はほぼ血糖に変わって、血糖値をあげてくれます。

食べた直後から血糖値は上がり始めます。

それに対して、たんぱく質は血糖値を変化させません。

 

 

なぜ血糖値を急上昇されるのが良くないかと言えば、血液中の血糖をエネルギーに変える為にインスリンが分泌されます。

 

生きていき為には糖→インスリン→エネルギーが必須となりますが、糖質をとり過ぎると糖尿病や肥満や脂肪肝など生活習慣病の源となるのです。

 

まさに生活習慣病は糖質のとり過ぎからもたらされているといっても過言ではありません。

 

 

糖質を制限すると満足感が得られない

実はお米やパンなど主食に大量の糖質が含まれています。

ご飯を何杯もおかわりして、たくさん食べるとお腹が膨れて満足します。

 

逆に言えば、糖質を制限するには主食やジュースなどの甘いものを控える必要があります。

 

腹八分目という言葉がありますが、主食の量を減らしたりカットする事で血糖値の急上昇を抑える事ができます。

 

人は本能的に主食を求めてしまいますので、かなり意識しないと自然と糖分ばかりとってしまうのです。

 

コンビニに行ったらついついおにぎりやパンを買ってしまうかと思われます。

自分の知らないうちに主食をとってしまっているのです。

 

 

コンビニでおすすめの食べ物はサラダチキンです。

サラダチキンはカロリーが低くたんぱく質たっぷりで糖質を制限するのにぴったりです。

 

 

 

食事で糖質を制限するには

ついつい食べすぎてしまう主食。

お腹がすいたらご飯が食べたくなります。

 

そんな空腹を抑えてくれるのにおすすめなのがプロテインです。

 

プロテインはたんぱく質で、飲んだらお腹が満足してくれます。

たんぱく質でお腹いっぱいになる事はありませんが、我慢できない空腹感もなくなります。

 

食事や主食をプロテインに置き換える事でしっかりと糖質を制限する事ができます。

 

 

あまり我慢して腹八分目を実践するとストレスがたまってきます。

食事を制限しているとイライラするし、常にご飯の事を考えてしまいます。

 

そしてお菓子に手を出して余分なカロリーととってしまうという悪循環に陥ってしまいます。

 

 

お菓子の代わりにプロテインでもオッケーです。

しかも主成分がたんぱく質とお菓子よりはるかに体にイイですからね。

 

 

 

糖分のとり過ぎの先に待つものは

 

現代においては間食を含めれば1日に3回~5回も炭水化物を摂取しています。

その度に血糖値が上昇してインスリンが分泌されます。

 

 

過剰な炭水化物の摂取を繰り返しているとすい臓のβ細胞が疲弊していき、インスリンの分泌能力が低下していきます。

ファーストフードやジャンクフードなどもこの状況に拍車をかけていると言えるでしょう。

 

そして何十年という長い年月を経て、インスリンの分泌能力が本格的に低下して糖尿病を指摘されてはじめて気づかされます。

 

炭水化物は生きていく上で欠かせないものですが、現代社会においては放っておくと過剰摂取になりがちなのです。

 

▼関連ツイートはこちらです


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました