余命を考えて生きてみる|人生の残り命を意識する事で1日の重みが変わってきます

あぁ今日もつかれた~。

クタクタだ。

 

 

せっかくの休みに何もできなかったし、どこにも遊びに行けなかった…。

 

最近は何も考える事なく、何をする訳でもなく毎日を過ごしているな…。

 

 

 

本当はもっとしなければいけない事はたくさんあるのじゃないかな?!そう思わされる1日を過ごしていませんか?!

 

 

たまには自分の余命を考えてみる

自分の余命を考えた時、あとどれくらい生きる事ができるのだろうかと思う事があります。

どれだけ健康に気をつかってもいづれ人には等しく死が訪れます。

 

(平均寿命)ー(今の年齢)を考えればだいたいの余命がわかるのでしょうか?!

 

実際に余命は神様であってもわかりません。

病気になって医師に宣告されてだいたいの余命がわかる事はあります。

 

 

余命を考える事に意味はあるのか

私は充実した1日を過ごすためには、限りある命と認識することは必須であると思っています。

 

限りある命だからこそ、今日を思いっきり生きたい!

充実した毎日を送りたいと思うのではないでしょうか?

 

人は残り人生の余命が限られて、はじめて生きている素晴らしさを認識します。

窓の外の何気ない景色に涙したりするものです。

生きている喜びを噛み締めて、1日でも多く生きていたいと心の底から望みます。

 

普通あまり余命について考える事は少ないと思います。

特に20代~50代は働く事や今が精いっぱいで、特別に自分や家族が余命宣告されない限りは深く考えないと思います。

 

その点、私は時折、余命について考える事があるので人より生死観が強いのかもしれませんね。

 

余命を考えて生きてみる

もし、残り人生1日であったとしたら何を考えて生きますか?

私なら身のまわりの整理をできる限りして、家族に伝えるべきことを伝えて人生1日を送りたいと思います。

お金の整理もできる限りして、自分の想いを伝えるだけ伝えて過ごしたいと思います。

 

1日ではできる事は本当に限られています。

それでも何もできない突然死より、1日でも残されているならできる事はあるはずです。

 

もし、残り人生が1か月であったなら何をするでしょうか?

身のまわりの整理をすると同時に、多くの方がするように人生最後の思い出作りをしていきたいですね。

最後の旅行に出かけたりしていきたいですね。

 

1分1秒でも子供たちと長く時間を過ごしていきたいと思います。

そして妻にも伝えられるだけ感謝の気持ちを伝えていく事でしょう。

 

どんな事をしても絶対に「生」への思いはなくならないと思います。

それでもできる限りの事を残りの時間を過ごしたいと思います。

 

もし、残り人生が1年あればどうするのでしょうか?

私は常々、残り1年!のつもりで生きています。

毎年余命は1年づつ短くなっていきます。

残り〇年の余命を削って生きて生きているのです。

 

残り1年あれば私の考えや思いをブログという形で残すのもいいですね。

子供に言葉で伝えると同時に何度でも読み返せるように文字でも残していってあげたいです。

 

今私が伝えた言葉をすべて理解できなくとも数年たては深く理解できるようになるかもしれないからです。

 

残り1年を意識する事で今日1日全力で生きようと思います。

 

 

家族と一緒に過ごす時間を増やして笑う時間を増やしたい。

そして家族にメッセージも残してあげたい。

 

 

元気なうちにお金を稼いでお金を残すだけではなくて、お金に困らない考え方をしっかり教えてあげなければいけない。

 

人生を後悔せずに終わるためにも、やらなければいけない事は多いのです。

 

 

残りの人生なんて誰にもわからない

自分の余命を考えるとき、残り1年を意識します。

1日や1月はちょっと現実的でないし、本当にそうなれば仕事もやめる事でしょう。

 

余命1年を意識する事で、今日1日しっかりと生きようと思えるのです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました