今すぐに仕事を辞める必要はありません|けど道筋はつけておくべき

私はブラック企業のサラリーマンです。

まぁ、なんとか仕事を脱出できないかと模索しながら副業をしている身です。

ただ、仕事は続けられる間は頑張って続けた方がメリットも大きいです。

 

 

会社勤めのメリット

会場勤めの場合は福利厚生も大きいし、収入も安定しています。

働けば基本給はもらえる訳で。

 

安定的な収入を得られるなら多少の我慢も必要だと思います。

 

 

ただね、みんな口を揃えて言います。

身体を壊したり精神を病ましてまで続けるものでもないんだと。

 

「なにより大切なのは自分の命。

最後は逃げればいいのさ!」

 

そうは言うものの明日、生きていくために我慢してでも仕事場に行かなければならないのです。

 

 

 

サラリーマンにはメリットもデメリットもあります。

そんな安定的収入を得られているうちに、複数の収入の道筋をつけていく事が最善の道なのではないでしょうか?!

 

ベストな状態はいつやめてもいい状態で、気持ちを楽にして働くことですね。

 

役職にしがみつく必要はありません。

 

嫌なことは嫌と言える環境であれば気持ちも楽。

 

自分の意見を言えるようになれば、状況だってきっの好転しますよ。

辞める道筋をつけてから、心の余裕を持って仕事に取り組みたいと思っています。

 

 

世の中ブラック企業だらけ

多くのサラリーマンは朝早くから夜遅くまで会社で缶詰めな事でしょう。

本当に疲労はたまり続けます。

 

このような事が思い浮かべばあなたの会社はブラック企業の可能性があります。

 

○残業が日常化して、残業代ありきで業務がまわってある

 

○仕事の環境がひどくて常に大量に離職者が発生しては大量に採用を繰り返している。

日常的に社員の募集をかけつづけている会社はヤバい可能性が高いです。

 

○完全週休2日制じゃない。

週休2日制は月のうち一回でも週休2日あればそのように言われます。

年間休日で二桁の会社は休みが少な過ぎて自分の時間など持てやしません。

 

○社員=管理職の会社。社員になればいきなり店舗を任される小売業に多いですね。

管理職には残業代を払わなくていいので、逆に人件費を抑えられる場合があります。

 

○異常なノルマを要求される会社は社員は使い捨てのコマです。

契約をとれるまで、罵倒されつづけ人権を踏みにじられます。

最後は自爆営業まで強要されなんの為に働いているのかわからなくなるのです。

 

 

こういう会社は典型的なブラック企業ですね。

やっている事は違法の場合もあります。

 

しかし、利益をあげる為なら多少社員を使い捨てても良いんじゃないかという風潮が特徴的ですね。

 

 

ブラック企業と闘う方法

現実世界では経営者の力が強すぎて、労働組合は経営陣のいいなりで、労働基準監督署なんかもなかなか足を踏み込めません。

 

しっかりと違法性の証拠を集めて、毅然たる思いで、内部組織、外部組織に提出しましょう。

 

経営者より上に行くという手もあります。

 

会社の利益は経営者のものではありません。

 

役員報酬の総支払より大きいのは、株式配当金の総支払となります。

 

大株主が会社の利益の恩恵を一番受けています。

 

ブラック企業は得てして良い純利益をあげている場合があります。

それなら株主となって配当金の一部をいただきましょう。

 

労働により詐取されたお金は株主になる事で、奪い返せるのですよ。

 

 

まとめ

 

仕事が副業状態に。

 

これは強いです。

 

お金があればいつ仕事を辞めても言い訳です。

自分の好きな仕事をすれば良い訳ですからね。

 

今すぐ仕事をやめる必要はありませんが、いつでも辞める事ができる道筋をつける事が、ブラック企業への対抗策となります。

 

私は株を買ったりブログを作ったりで、副収入を得るようにしています。

 

副収入が本業を越えたとき、真の意味でブラック企業から解放されたと言えるでしょう。

 

役職を降ろされる事を覚悟の上で、自分の言いたいことを言えるようになる力(お金)がある訳ですからね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました