3DSのソフトを紹介|安心して子供に遊ばせられる名作・傑作ゲーム10選

未だに人気のある3DS。

 

あの持ち運びの手軽さが人気の秘密なんですよね。

3DSは発売されて期間が長く人気ソフトもたくさん揃っています。

 

子供に3DSで遊ばせてあげようと思ってもソフトの数が多すぎて…何が面白いのかわからない。

 

子供でも安心して遊ばせる事のできる3DSを紹介します。

(小学生1年生~3年生程度を想定しています!)

 

※紹介に利用させていただいている動画はすべてメーカー作成の公式動画です。

 

ちなみにゲームにおける家庭内のルール作りについてはこちらの記事を参考にしてください。

 

 

1 スーパーマリオメーカー for ニンテンドー3DS

永遠に遊び続けられるゲームです。

えっ何でかって?

世界中から新しいコースが配信され続けられ、無限にスーパーマリオが楽しめるからです。

 

コースの難易度も選べるので誰でもクリアできる簡単な面から、絶対に無理と発狂しそうな面まで揃っていますよ!!

 

いまや一家に一台スーパーマリオメーカーが必須ですよ!!煽り抜きで本気です!!

 

 

2 とびだせ どうぶつの森

年齢に合わせて家族全員が楽しめるゲームです。

どうぶつの森でのんびりと生活を送る事ができます。

のんびりと散歩してもいいし、虫を探したり、魚釣りをしてもいいのです。

 

どうぶつの森は一家で楽しめるゲーム必至です。

何をするかって目的がない分、好きな事をして自由な時間をゲームの中で過ごす事ができます。

 

 

3 大合奏!バンドブラザーズP

これいいですよ。

3DSで楽器をひいたり歌を歌ったりできます。

適当に引いてもそれなりの楽曲がつくれてしまったりします。

子供たちもはまりまくっていますね。3DSをマイク代わりに本気で歌う子供たち!

 

 

4 マリオカート7

時代はSwitchのマリオカート8デラックスですが、マリオカートの面白さの本質は同じですよ。

本作には16種類のオリジナルコースに、過去のシリーズから厳選された16種類のコースが収録されておりボリューム満点です。

名作ゲームって何年たってもおもしろいですね!!

 

 

5 NEW スーパーマリオブラザーズ2

スーパーマリオは私の子供の時代にはまりにはまったゲームです。

TVゲームと言えば!スーパーマリオ!!

ファミコンからスーパーファミコン、DS、3DSと時代を経てもその面白さは変わりません。

っていうかどのシリーズをやってもマリオの面白さの本質は変わりませんからね!

 

 

6 ポケットモンスター サン / ムーン

ポケモンが生まれてどれくらいたったのかなぁ。

さまざまな世界を冒険し続けているサトシとピカチュウ。

私はいいおっさんになりましたがサトシは少年のまま、私の子供へ夢をバトンタッチしてくれました。

「おれのともだち」。ポケモンは友達なんですね。

新作が発売されても過去の作品で捕まえたデーターを引き継ぐ事ができますよ。

 

 

7 妖怪ウォッチ3 スキヤキ

今までのランキングずっと任天堂でしたがやっと他メーカーが登場しました。

レベルファイブの妖怪ウォッチです!!最近よくみかける猫妖怪ジバニャン♪

今ではポケモンと並んで子供たちに愛されています。

アニメはけっこうギャグ路線を走っている上に親世代をものすごく意識しているのがよくわかります。

子供以上に楽しめるネタが満載。

ボリュームたっぷりの妖怪ウォッチ。遊んでも遊んでも遊び尽きる事はありません。

 

 

8 百ますドラ算 のび太のタイムバトル

これはいいソフトで買って良かったと思います。いわゆる知育ゲームです。

いわゆる百ます計算のドラえもんバージョン。

4歳~小学校低学年の子どもたちを対象として計算の基礎を期待あげる事ができます。

計算にゲーム性を組み合わせ上手に子供の心を掴んでいるなぁと思わされるゲームですね!

 

 

9 星のカービィ ロボボプラネット

カービィのアクションのおもしろさはある意味マリオ以上ですね。

敵に変身して敵の特技を使ってゲームを攻略していきます。

今作ではカービィーたちはロボットに乗って派手に暴れまわりますよ!!

amiiboにも対応しているし、ミニゲームは豊富で文句のつけようのない作品となっています!

 

 

10 ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

RPG最高傑作。ドラクエの原点に立ち返って戦闘システムはターン制のコマンドバトルで考えながら戦えます。

ランキング1位でもいいくらいの面白さなんですね。

私もひさしぶりにRPGにはまりました…。やばい抜け出せない…。

子供もはまったらヤバいだろうなぁ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました