4Kディスプレイに変えるだけで世界が変わる|2K→4K、そして8Kへ

現在2KのFullHD環境で作業をさせていただいております。

 

実際に、使用していて2K環境で不自由したことはありません。

2Kでも昔に比べたら随分と画面が広くなったものだと感心しているくらいです。

 

私がはじめて使用したパソコンは640*480でした。

 

MS-DOSやWin3.1の時代はこのサイズで普通に作業していました。

 

それが普通だったし何一つ不自由なかったのですが、どんどん解像度が進化していって、ついに8Kの世界に突入していきました。

 

 

 

 

解像度の違い

現在、テレビで放送されているフルハイビジョン2Kで1920*1080ですね!

4Kの出力となれば3840*2160の解像度となります。

 

2Kのモニター4枚並べるのと同じ情報量を4Kモニターは出力できるのです。

 

 

 

実際に4Kモニターを家電量販店で見させていただきましたが、すばらしいですね。

 

 

私が使っているFullHDの4倍なんですから…。

 

実際にFullHDでも相当綺麗ですし、何一つ不自由せずに使っています。

 

 

テレビに出ている女優さんなんから2Kでシミやシワが目立つので嫌がっているくらいですかね。

4Kになれば毛穴まで見えるようになると言われています。

 

さて4Kでも驚くべき世界なのですがさらにその上、8Kの時代がやってきました。

 

 

8Kのおそるべき解像度

解像度で表すと…7680*4320です。

 

今、私が目の前で打っているディスプレイのおよそ16倍の情報量です。

目の前のディスプレイで表示しようと思えば16枚並べる必要があります…。

 

私がはじめて使った当時の640*480の108倍の解像度です。

MS-DOS時代のモニター100枚以上の情報量を一枚で表示できてしまう世界なのです。

 

ディスプレイに表示された文字が細かすぎて読み取れないのではと懸念してしまうレベルかと思います。

 

現実的にはまだまだ8K表示となれば周辺機器が無理でしょうね。

 

実際に4K動画って編集するとなれば相当のCPUパワーを必要とされます。

なので普通の人が使っているパソコンでは2K以下で動画編集されている方が多いかと思います。

 

ブログや仕事用途では2Kで十分

よほどワードやエクセルを複数起動して同時表示したいという事でない限り、2Kで十分な仕事をこなしてくれます。

 

でも上には上の世界があり、どんなきれいな動画を見る事ができるのかという興味はあります。

 

YouTubeをはじめてとして、多くの動画サイトでも4Kが対応となってきました。

 

そして現実的な話、価格もずいぶんとこなれてきたのです。

4万円台から4KのPCディスプレイが売られています。

非常に現実的なお値段となっています!

 

自分のPCのCPUの型番+4Kサポートと検索してみれば4K出力ができるかどうかがわかります。

 

もし接続ポートとCPUが対応していたら4万円ちょっとで、いますぐにも4Kの世界に足を突っ込む事ができますよ!!

 

 

現実的には40インチは欲しいかも?!

 

ただね、小さいモニターに無理矢理4Kで出力しても文字が小さくなって見にくいのです。

同じ、モニターサイズだとすれば2Kから4Kになる事で文字のサイズがおよそ1/4になるという事です。

 

まぁある程度のサイズのディスプレイが必要になるって事ですね。

 

これはテレビにでも言える事です。

 

27インチ以下ではあまり4Kにするメリットは薄いでしょう。

 

なぜなら 肉眼で見る限り鮮烈な違いを感じられないからです。

 

本当に綺麗な動画の出力表現をみたいなら40インチは欲しいなと思っています。

 

それじゃ8Kってどうなるの?!

 

そうなんですよね。

 

あと数年すれば8K製品が出回りそうな感じですが、果たして何インチあればその衝撃的な美しさを感じる事ができるのでしょうか?!

 

きっと最低60~70インチないと違いを感じられないという話になってそうです。

あぁ家が狭いですね。

 

将来、8Kの時代となっても我が家のサイズは8K対応となるのは無理そうですね!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました