風邪をひいた後に続く咳について|長引くなら咳喘息を起こしている可能性も

風邪をひいてもだいたい2,3日安静にしていれば急性期は過ぎ去ります。

 

熱が出ていたり、関節が痛い、高熱などいつもにない異常を感じるなら病院へ行くのが基本です。

 

 

ただ風邪の急性期が過ぎても、鼻と咳は長引きやすい傾向にあります。

 

 

風邪から慢性疾患へ

私も風邪を引いて熱が出ても数日我慢していれば、熱は下がり体は楽になります。

ただ、毎年、鼻水や咳は長引く傾向にあります。

 

だいたい2週間くらい透明の鼻水がでて、透明の痰と咳がセットで出る事が多いです。

 

この治りかけの時期は病院にいってもあまり相手にしてもらえません…。

 

まぁ咳止めや、鼻や痰の排出を促す薬(ムコダインやムコソルバン)が出ておしまい!って感じですね。

 

まぁ去痰薬は市販でも売っているので、あとは時間をかけて回復を待つしかありません。

 

 

 

風邪に多いパターンとは

一般的なウィルス性の風邪の場合多いパターンは…

 

熱や痛みなどの急性期が2,3日続いて、その後1~2週間鼻水や痰、咳が残るという感じですかね。

 

2週間たっても鼻水や痰が改善しないようでしたら、慢性化した可能性があります。

慢性鼻炎や慢性気管支炎っていって風邪から鼻や気管支の炎症が慢性化してしまうのです。

 

長期的な治療が必要となる場合もありますので病院で見てもらいましょう。

 

 

空咳が続くなら注意を

痰が絡んでいる場合は痰を排出する為の咳ですが、寝るときにコンコンと喉や肺の奥がかゆくなる感じで咳が続けば要注意です。

 

咳喘息といって喘息の前段階に入っています。

 

この咳喘息は風邪のあとにかかりやすく、放置しておくと咳喘息から本格的な喘息に移行してしまう事だってあるのです。

 

咳喘息では気管支の気道が狭くなり、いろいろな刺激にたいして過敏に反応してしまいます。

 

深く息を吸うだけで激しい咳が出てしまって止まらないようになってしまいます。

 

 

咳喘息では専門の治療が必要になってきます。

咳喘息に移行すれば風邪薬じゃなくて吸収ステロイドや気管支拡張剤が必要になってきます。

内科もしくは呼吸器内科で肺の音や病状から判断されるかと思います。

 

咳喘息は早期に治療した方が治りが早いと言われていますので、風邪をひいた後、コンコンを止まらない咳に移行したら病院で治療してもらいましょう。

 

風邪の後は、慢性気管支炎や咳喘息などさまざまな疾患に移行しやすいと言えます。

 

 

まとめ

風邪をひいて2週間くらいは普通に咳は続きます。

しかし2週間過ぎても咳が良くならないようでしたら、病院で粘り強く治療を続ける必要があります。

 

素人では慢性気管支炎なのか咳喘息なのか判断がつかない場合もあります。

他にも咳が絡んでくる病気はたくさんあります。

 

対応方法も違ってくるので病院で相談される事をおすすめします。

 

いづれにせよ2週間以上咳が続けばしんどいですよね…。

 

咳って想像以上に体力を消耗します。

 

たかが咳と言わないで、きちんと治しきる事が大切となります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました