秋の花粉症|季節の変わり目に風邪を引いたと思ったらアレルギーという話

秋にも花粉症になっている方がけっこういらっしゃるってご存知ですか?

 

先日、風邪をひいて寝込んだ話をしていると…

 

同僚が、毎年9月~10月にかけて決まって身体を壊しているとおっしゃってました。

 

鼻水、微熱、軽い咳が続くらしいのです。

 

典型的な風邪っぽく思えるのですが、一週間たっても治らないって事です。

結局、検査の結果、アレルギーだという事だったのですが、この秋のアレルギーけっこう多いらしいですね。

 

という訳で意外に多い秋の花粉症について調べてみました。

 

秋の花粉症は風邪との見分け方がとても難しいのです!!

 

 

 

秋の花粉症と風邪

花粉といえば春の前ってイメージが強いですが、秋にも花粉症を引き起こすアレルギー物質がそこらに漂っています。

 

ブタクサ、ヨモギ、イネなどが原因となるみたいですね。

 

でも、パッと見たところ風邪とアレルギーどうやって見分けたらよいのでしょうか?!

 

 

アレルギー反応と軽い風邪って症状がよく似ているので…判断は難しいかと思います。

 

百戦錬磨のベテランの内科の先生でも、検査せずに症状だけで完璧に見分けるのは厳しいかと。

 

ただ、アレルギー反応は血液検査でわかりますので、アレルギーかもしれない?と疑問をもたれた場合は、「アレルギー検査してください。」とお願いするしかないと思います。

 

これは私の経験則ですが、内科では明らかな花粉症でない限り、風邪にされがちです。

 

もし自分でアレルギーが疑わしいと思うなら、耳鼻科へ行って検査してくださいと申し出るのが手っ取り早い気がします。

 

 

アレルギー反応の特徴は目のかゆみ・充血、鼻づまりに鼻水、喉の痛みに軽い咳が続くという事です。

本当に風邪と紛らわしいですよね。

 

 

もしアレルギーだったら

基本的に対応は春のスギの花粉症と同じです。

花粉を体内に入れないことが一番です。

 

 

マスクやメガネをして、花粉を少しでも体内に侵入させないようにします。

うがいや部屋の掃除も花粉量を減らすポイントとなります。

 

同時に抗アレルギー薬を飲みながら、対処療法をしていきます。

 

市販の薬の中ではアレグラが効果が高くて、副作用が少なくて人気がありますね。

ただ、そもそもアレルギーかどうかが一番の問題ですね。

アレルギーと思いこんでいて、風邪だったという事もありえる訳です。

 

 

風邪とアレルギーの見分け方

風邪とアレルギーの絶対的な見分け方は、アレルギー検査をするしかありません。

 

 

しかし良く似た症状の中でも微妙に違ってくるので確認していきましょう。

 

サラサラの鼻水が大量にでる場合はアレルギーの可能性が高いです。

逆にドロドロの緑鼻の場合はウィスルまたは細菌性の風邪の可能性が高いです。

 

微熱の場合は風邪・アレルギーともに可能性があるので熱だけで見分けはつきません。

しかし、アレルギーで高熱はでません。

高熱が伴う場合は風邪の可能性が高いです。

 

痰が絡むような咳は風邪の可能性が高く、連続したくしゃみがでる場合はアレルギーの可能性が高いです。

 

喉がイガイガしたり、えへん虫は風邪・アレルギーどちらでもありえます。

ただ、声が出ないほど喉がかれたり、唾を飲み込むのもつらいくらいに痛いばあいは風邪の可能性が高いです。

 

ウィスル性の風邪の場合は3日ほどピークが続いて徐々に治まってきます。

細菌性の風邪の場合は適切な抗生物質の投与により、病状は明らかに改善していきます。

 

アレルギーの場合は一定の症状が長期間続きます。

 

 

迷ったら病院へGO!

9月~10月は秋の花粉が舞う時期でもあり、気温が下がっていって体調を崩して風邪を引きやすい時期でもあります。

 

風邪とアレルギーはパッと見ではなかなか判断がつきにくいです。

 

私の場合は激しい喉の痛みと、全身の関節が痛むという症状がでたのですぐに風邪とわかりました。

 

しかし、だらだらと鼻風邪が続くようでしたら、どちらかわからずに薬も何を飲めばいいのかわからなくなりますよね。

 

「この症状どちらか見分けがつかない!」

 

迷ったら耳鼻科でアレルギー検査をしてもらうようにしましょう。

 

ちなみに耳鼻科でも普通のウィルス性の風邪を見てもらえるので、検査の結果、アレルギーであろうと風邪であろうとどちらでも対応していただけます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました