その怒りの解決方法|今すぐできる怒りの納め方

世の中生きていればイライラくる事がたくさんあります。

 

年齢を重ねるにつれてだいぶん我慢できるようになってきましたが、心の中ではイラつく事はけっこうあります。

 

この世に生をうけた以上、イライラと共に生活をしなければなりません。

 

ただ悟りを開いたわけでもありませんし、イライラするような出来事を客観的に見るのも難しいですよね…。

 

どうすればいいのでしょうか?!

 

 

仕事の怒りについて

まず、仕事にいけば高確率でイラつきます。

 

出勤すると同時に、残業が確定するような仕事が舞い込んできます。

 

上司から報告書を求められたり、部下の尻拭きだったり…

 

 

 

まぁ内心イラっといますが、「仕事」だし、お金もらっているので割り切ってます。

 

 

我慢ならないのが、度を超したクレーム系です。

どんなクレームであろうと仕事なので聞きますよ。

 

 

お客様からの意見でもありますから。

お客様は神様なのですから…。

 

 

 

でもそのクレームも30分越したらただの悪質クレーマーですね。

 

こちらから解決案を提示しても聞くことなくただ自分の意見をいいつづける。

 

さすがに1時間クレームを聞き続けると頭がおかしくなります。

 

 

仕事とはいえ…こちらも怒りが沸いてきます。

 

 

仕事をしていると、イライラする機会が多いのです。

いかにこのイライラを上手に抑えるかがキーポイントになります。

 

 

 

家族への怒りを考えてみる

次にイラつく機会が多いのが家庭内です。

 

最初にいっておきますが、家庭内のイライラはお互い様と思っています。

私がイラつくのと同じだけ妻にもイラつかせていると認識しています。

 

 

最近多いのが子供のゲームです。

全然ルールを守らないのです。

 

1日1時間や宿題を終わらせてからなど様々なルールを守った上でゲームをしようという約束なのですが、あの手この手でルールを破ってきます。

 

ゲームが面白くて仕方ないのもわかるし、もっとやりたいのだと理解もできます。

けど、家族で決めたルールを毎日破ってこられたら…イライラが溜まります。

 

感情に任せて怒っても逆効果なので一旦、落ち着いてから話をするようにしています。

 

 

また…妻が悪い訳じゃないのですが、ノリに乗ってブログを更新している時に、かなりの頻度で声をかけてきます。

 

割とどうでもよい話ばかりです。

 

夫婦でコミュニケーションをとる事は大切なのですが、集中モードが途切れてしまいます…。

 

集中が途切れると、なんだかやる気をなくしてしまうのですよね。

だからなにかに集中している時はなるべく声をかけるのを自制してもらいたいものです。

 

 

怒りの本質

そのうちにニュースを見て、政治に怒り、経済に怒り、芸能人に怒るようになってしまいます。

 

怒っている時って全然人生楽しくありません。

なので、なるべく怒らないですむ人生を目指したいと思っています。

 

イライラの多くは自分の問題です。

自分が問題に対して対処できていないからイラつくのです。

 

自分のコントロール範囲におさめる事ができれば、そうそう怒ることばありません。

 

 

問題提起→解決方法まで

怒りが沸き起こってきたら、その内容を書いて、どう対処していったらよいのかを考え書いていきます。

ノートでもよいし、スマホのメモ帳でもいいでしょう。

 

 

なんでこんなにイライラしているんだ?

 

じゃどうすればいいのか?!

 

他人はどうやってこの問題を解決しているのだろう?

 

もっ対応方法はないのだろうか?

 

この問題を防ぐには?!

 

 

 

こうやって書いていくうちに自分のコントロール範囲におさまる事が増えていきます。

 

問題を予見でき、解決できるのでそこまで大きな怒りとはならないのです。

 

怒りを客観的に見つめる事で自己コントロールが効きやすくなります。

 

 

心の視界を広げていく

どれだけ年をとっても、新しい事を知ろうという気持ちを忘れてはなりません。

 

私たちが怒りに感じている事は割とどうでもよい事ばかりなのです。

 

知識が広がれば広がるほど、今の怒りはどうでもよい事と思えるかもしれません。

 

心の余裕ができればできる程、怒りそのものが発生しなくなります。

 

もし、大空から怒っている自分を見る事が出来た時、

「なんで、そんなちっぽけな事で怒っているの?」

と声をかけてあげたくなる事でしょう。

 

 

今起こっている問題はそんなに大きな事でしょうか?!

本当に怒らなければならない事もあるでしょうが、我々の感じている怒りの8割はどうでもよい事なのです。

 

大局的に物事を見る事ができるればできる程、どうでもよい事に怒りを感じる事はなくなるでしょう。

 

 

すぐに落ち着きを取り戻す

目を閉じて深呼吸をするだけで脈拍は落ち着き血圧は下がってきます。

体がリズムを整える事で怒りもおさまってきます。

 

 

すぐに怒りがちな方はぜひとも生活の中に瞑想を取り入れてみて下さい。

 

瞑想や禅の基本は『呼吸法』になります。

 

深呼吸を繰り返す事で酸素をたくさん吸い込み落ち着いた心を取り戻します。

雑念を取り払い、今に集中する事をマスターすれば多少の事でイライラしなくなります。

 

瞑想を繰り替える事で客観的に自分を見つめ直す事ができるのです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました