質か量か|あなたはどちらのタイプのブロガーですか?!

ブログを運営していくにはおおまかに2パターンあります。

とことんにまで質にこだわり、時間をかけてじっくりとひとつの記事を作り上げていく人。

 

そして、質はそこそこに大量に記事を書いていき、たくさん作ればそのうちヒットするだろうという考えの人。

 

どちらのタイプでも成功されている方はおられますので、こっちじゃないとダメってルールはありません。

 

どちらかと言えばスタンスの問題となります。

 

 

私の場合は…

私は後者のタイプになるかと思います。

 

最低限の質を担保しながら、幅広い記事をたくさん書いていきます。

 

ここでいう最低限の質とは…

 

Googleに記事として認めてもらえるレベルです。

 

なので、日記レベルの内容はTwitterですれば言い訳でブログには書き込みません。

 

決まったルールはありませんが、記事を書くとなれば最低1000文字を越えないとなかなかGoogle検索にひっかからない。

できれば2000文字欲しいことろですね。

 

 

量産型と言っても内容も必要です

ユーザーにとって記事を呼んでいただく事により、何かしら情報を持って帰っていただけるかどうか。

ここら辺が最低限、担保すべき質となります。

記事を書くという事は素振りみたいなもの

ブロガーにとって大切なのは記事を書き続ける事だと思います。

 

 

最高レベルは求めないけど、最低じゃダメ。

できれば平均を越えたレベルの記事を量産したいものです。

 

 

ガンダムで例えると、ザク10体でガンダムと戦うのではなくゲルググ5体で勝負って感じです。

三国志で言えば、呂布一人より中堅のより少し上、李典や楽進級を5人欲しいって感じ。劉禅や知る人ぞ知る曹豹級10人ではダメって感じですかね。

 

 

歯磨きのように継続する

野球選手が感覚を忘れないために毎日素振りをするように、ブロガーは感覚を忘れないために記事を書き続けます。

 

水泳選手は泳がないとやはり感覚は鈍っていくでしょう。

 

同じようにブロガーは書かない期間が増えてくると感覚が鈍ってくることでしょう。

 

毎日継続する事が大切です。

 

朝ご飯を食べることが当たり前なように、記事を書くのも当たり前となる事が、ブログでの成功の秘訣だと思います。

 

 

書けなかったの日は何が?!

約8ヶ月、記事を書き続けて、記事が書けなかった日はほんの数日です。

(実際に書けなくても予約投稿機能を使って記事自体は更新されているように見せていました。)

 

ほぼ毎日何かしらの記事を書いています。

 

記事を更新する事はご飯を食べたり、歯磨きをするのとよく似た感覚となっております。

 

記事が更新できなかった日はいったい何があったのでしょうか?

 

私が覚えている限り…

 

働き続けていた

基本的に仕事が忙しくても仕事の前後や、休み時間を利用して記事を書いています。

しかし、本当に激務な日はスマホみる余裕もなく体を休める事に専念していますね。

 

そういう日は家に帰ってもバタンキューなので、記事を仕上げる事は無理です。

 

まぁその分、休日を利用してストック記事を貯めていました!

 

 

家族旅行に行っていた

家族で遠くに出かけて長距離運転した時などは…クタクタで記事を書くどころじゃないです。

安全運転が最優先で、スマホを見る余裕もない1日となります。

 

運転は想像以上に疲れます。

 

 

風邪で寝込んでいた

風邪を引いた時の急性期はぶっちゃけ何もできない。

薬を飲んでただ寝るだけ。

高熱が出た時はさすがにブログ書けませんでした…。

 

病院に行くのがやっとで、帰ったら薬飲んでおやすみー。

 

 

 

量を積み重ねていくうちに質もあがっていく

こうして量をこなしていくうちに自分自身のライティングスキルも上がっていき、質の向上にも結び付きます。

 

圧倒的な量をこなす方には、不思議と質も備わっているものです。

 

逆に質にこだわりすぎている割に、たいした内容でない場合もあります。

量をこなしていくと質も気にし出します。

 

 

毎日取り組んでいるなかでも成果があがってこないと、質についても気にし始めるものです。

 

例えば毎日筋トレをしているのに思ったほど成果があがらないなら、筋トレの内容の改善を試みます。

 

筋トレ自体は習慣化しているので、あとは内容を工夫するだけ。

 

量の改善より、質の改善の方が簡単と言えるでしょう。

 

勉強においても一つの問題に1日かけて取り組むよりも、浅く広く量をこなす方が点数に繋がりやすいでしょう。

そのうち量をこなしながらも、もっとも出題されやすいところなどを効率的に勉強していく事になるでしょう。

 

勉強においても、 量の改善より質の改善の方が容易いのです。

 

企業においてもそう。

コストを度外視した質の高も値段も圧倒的な商品より、そこそこの質で大量生産した安定的なコスパ最強な商品に人気が集まります。

安定的な 供給ラインを確保しつつもよりよい製品を提供するほうが成功しやすいと言えるでしょう。

 

 

質の高い記事はリライトで積み重ねていく

さて、わたしは記事の量産を軸にブログ運営をしていますが、記事の質を高める為にリライトをしています。

 

一度でいきなり質の高い記事を書くのでさなく、過去記事の質を高めていくように心がけています。

 

どんなに質を気にして仕上げても、検索上位はとりにくいもの。

 

なので、常にライバルサイトを気にしながら、ライバルサイトを上回る質を供給できるように記事の質を向上させていけばいいのです。

 

リライトを重ねる事で、どんどん記事の内容は深まっていき、ロングテールSEOにも有効となるのです。

 

いきなり10の記事を仕上げるのではなくて、1から積み重ねていくイメージが大切です。

 

 

成功者は量が違います

成功している人って類い希な才能をもっている天才によって成し遂げられているイメージがあります。

 

たしかに一部のスポーツや芸術の世界では才能の部分も大きいでしょう。

ただ多くの分野では練習量などの時間がものを言う世界です。

 

多くのプロブロガーは相当の時間を費やしています。

 

我々が仕事している以上に情熱をもって量をこなしておられます。

そんな訳で何かの分野で成功したいなら、それなりに量をこなせと言う訳ですね!!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました