耳栓&アイマスクで睡眠の質が向上する

寝ても起きた時に熟睡感がなくて悩んでおりました。

 

 

起きた時の爽快感♪

生きている感じ♪

 

 

朝が来た、これからまた新しい人生がはじめるというあの感じを、味わえなくなっています。

 

 

寝起きが悪すぎる

朝の寝起きは目覚まし時計に起こされて、自分からなかなか起きられない…。

 

起きたとしても体はだるくて、頭がボーっとしています。

寝起きの気持ちよさを感じられなくなりました。

 

朝一に気持ち良い目覚めをする事ができなくなるという事は、人生半分損しているようなもの。

 

 

気持ち良い目覚めを取り戻したいという思いで、いっぱいになってきました。

 

夜に熟睡できていない

目覚めが悪い原因はいろいろとありますが、その中でも最も多いと言われているのが、熟睡できていないという事です。

 

熟睡できれば目覚めもよくなるのが普通です。

 

逆に言えば、目覚めが悪いという事は熟睡できていないという事ですね。

睡眠時間は7時間が理想と言われています。

 

しかし、睡眠時間には個人差が大きい部分があります。

 

この個人差の部分が熟睡できているかどうかとなるのです。

 

5時間の睡眠で一日を爽快に過ごせる方もおられれば、10時間寝ても不眠を訴える方もおられます。

 

睡眠の質を深めてこそ、自分の適正な睡眠時間を知ることができます。

 

朝起きて爽快で人生に楽しみを見いだせる活力が湧いてくる状態こそが、理想な状態と言えるでしょう。

 

私は睡眠時間は長くても、朝の寝起きは爽快ではなく、まだ眠気がとれていない状態なのです。

 

つまり睡眠時間が長ければ良いという訳でなく、いかに質の高い睡眠ができているかが大切なのです。

 

 

耳栓とアイマスクを装着して寝る

実は、眠りについていてもさまざまな音や光に神経を刺激されています。

たとえ夜であっても それなりに音と光は存在するものです。

 

環境によりますが、都会であればあるほど、夜であってもさまざまな音と光が普通に睡眠を妨げてくれるのです。

 

寝る前に耳栓とアイマスクを装着する事で、音のレベルと光を遮ってくれて睡眠の質はあがります。

 

実際に私も耳栓とアイマスクを装着して寝てみました!

 

 

睡眠時間が減った!

耳栓とアイマスクをして寝た結果、一週間ほどで自然と目が覚めるようになりました。

しかも、朝がとても気持ちイイ!!

 

なにこの爽快感!!

 

朝の光を浴びながら、コーヒーを飲んで生きている実感をします。

 

睡眠時間は1時間ほど減りましたが、逆に脳は非常に冴えわたっています。

 

「なるほど…熟睡するとはこういう事なのか…。」

 

音と光を遮断する事でより深い眠りにつく事ができました。

目覚まし時計に起こされることなく自然に目が覚めるとはこんなに気持ちいいものなのですね。

 

 

耳栓とアイマスクがどれだけ効果あるかは環境と個人によって差があると思います。

 

雑音が多かったり光漏れしている環境の方ほど、効果は大きくなってくるかと思います。

耳栓とアイマスクをつける事によって、静かな防音室の暗闇の環境を再現できます。

 

もともと静かな安眠できる環境の方は効果が少ないかもしれません。

 

 

昼寝にも抜群の効果を発揮するよ

夜より昼寝の方が効果を発揮しそうですね。

起きる時間に目覚ましをセットして、耳栓とアイマスクをすれば…昼であっても静かで暗いのです。

 

 

おぉこれは!!

 

生活音は入ってい来る設計になっていますので、完全防音とはなりませんが、かなり音のレベルが下げられています。

 

昼は普通に生活していても賑やかなものですからね。

 

カーテンを閉めて電気を消しても十分に明るいのが現実です。

アイマスクをする事でほぼ光を遮断することができます。

 

耳栓とアイマスクを併用することで、感覚的に真夜中になる事が出来ますので、短時間で深い睡眠をとる事ができるのです。

 

そして目覚まし時計の音はしっかりと入ってきますので、スムーズに目覚めることができます。

昼寝にも耳栓は大いに効果を発揮するようです。

 

旅行にも持っていこう

旅先ではどんな環境なのか予想もつきません。

 

隣に賑やかなお客さんがおられて夜遅くまで騒がれることも。

 

また外が明るくと窓から光が漏れまくる事もあります。

 

こればっかりは旅館についてみないとわからないものもあります。

 

 

そうでなくとも普段と環境が違って寝付きにくいのに…うるさくて明るければ神経を逆なでしてなかなか眠りにつく事はできません。

 

そんな時にこそ、耳栓とアイマスクを使いたい!

耳栓でしっかりと雑音をカットしてくれ、アイマスクで光を遮断してくれます。

 

耳栓とアイマスクがあればある程度の睡眠環境は確保できると言えるでしょう!

 

 

耳栓をする事のデメリットは?!

こうして耳栓の効果を見ていくといい事ばかりなように感じますがデメリットはないのでしょうか?

 

まず、耳栓をした環境になれてしまうと耳栓がなくては寝付かなかったり、睡眠の質が落ちたりと、耳栓に依存してしまいがちになります。

 

耳栓やアイマスクをした環境が快適であればあるほど、依存してしまうという事を認識しておきましょう。

 

次に、耳栓はなくしやすいという事があります。

寝ているうちに勝手にとれて、ベッドの隙間に入り込んで見つからなくなってしまったという事があります。

 

また掃除機で吸い取ってしまったこともありますし、ゴミと一緒に捨ててしまったという事もあります。

 

ゴム製やシリコン製でもある程度の期間使えば、交換しなければなりません。

高くないとはいえ、出費になるのは事実です。

 

耳栓は耳鳴り持ちには不快な環境です。

耳鳴りを持っている方にとっては耳栓をすることで、余計耳鳴りを感じてしまい、不快感が増します。

外音が遮断される分、内耳で発生してしまう耳鳴りは余計うるさく感じてしまうのです。

 

おすすめの耳栓は

そんな音を遮断してくれる耳栓ですが3タイプの耳栓があります。

 

自分に合った耳栓を選びましょう。

 

使い捨てタイプ

やわらかい素材を変形させて耳に装着させます。かなりの防音効果があるようで、人気商品となっています。

MOLDEXの使い捨て耳栓8種類がセットになっています。

 

素材に混ぜられている染料によって若干効果も違ってくるみたいです。

自分に合った耳栓を探すのにお試しセットといったところでしょうか?!

 

 

フランジタイプ

こちらはゴム素材でできており洗って何度も使いまわしが可能です。

防音効果もかなりのものです。

価格、装着感、防音すべてにおいて優秀と言えるでしょう。

さらに防音効果が高いとはいえ、目覚まし時計の音などは聞こえるのでしっかりと目覚めることができます。

 

シリコン耳栓

詳しく説明すれば耳穴に入れるのではなくシリコン製の粘土を耳穴に覆うように被せて使います。

これがものすごい防音効果なのです。

Twitterや2ちゃんねるでも話題殺到の新星です。

 

従来の耳栓と違うのは、耳に無理やりおしこまないので痛くなりません。

 

耳栓を長時間装着していると痛くなることがありますが、このシリコンタイプは痛くなることがないのです。

 

また耳穴の状態に関係なく使えます。

耳穴の形状が小さいなどで従来の耳栓が使いにくかった方にとっても問題なく使えるのがいいですね。

そしてこのシリコン粘土洗えますので何度も繰り返し使えます。

 

立体型アイマスク

 

 

目覚まし時計の音量をあげよう

さて、耳栓をしている時は目覚まし時計のボリュームをあげておきましょう。

耳栓では完全に音は遮断されませんのでしっかりと目覚まし時計の音は聞こえますし、起きる事はできます。

しかし音量はいつもよりは低下します。

 

普段より大きな音を鳴らすように心がけておきましょう。

 

おすすめの 大音量目覚まし時計はこちらです。

かなりの音量です。

耳栓などお構いなく突き抜ける感じの爆音が鳴り響きます。

欠点は自分一人だけ起きたくても家族もろともみんなたたき起こしてしまう音量だという事ですね!

 

 

寝るときだけじゃない

この耳栓。

生活の雑音もかなり防いでくれます。

何かに集中したい時、耳栓をつける事をおすすめします。

 

ちょうど雑音を防いで、生活に必要な音は聞こえます。

なので話しかけられたり、電話の音、目覚まし時計の音はしっかり拾ってくれます。

 

防音室を借りれたり用意できればそれが一番なのでしょうが、そうそう実現できるものではありません。

 

なので耳栓で 一時的に雑音をシャットアウトする事は非常に有効となります。

 

最後に…

快適に目覚める為には、耳栓やアイマスクの装着と共に朝一でやりたい事を決めておきましょう!

心地よく起きるのは朝一で起きてやりたい事を決めておくとスムーズに起きれます。

 

朝起きて、楽しみにしている本の続きを読むとか、朝起きて体操するとか、朝起きて散歩にでかけるとか。

 

これをすると決めておく方がだらだらと寝てしまうことを防げます。

私は朝起きたら、とりあえずコップ一杯水を飲んでネットサーフィンをして、ブログを書くように心がけています。

 

起きて時間に追われて仕事にいくのではなく、仕事前に自分の時間を持つことで逆に目覚めはよくなります。

 

 

人は等しく1日24時間です。

そして必ず寝なければ生きていけません。

みんな人生の多くを睡眠に費やしています。

 

 

毎日する、寝るという習慣。

毎日の習慣だからこそ、寝起きに気持ちイイという快感を得たいものです。

 

そうでなくともストレス社会の為に睡眠の質は低下しがちです。

そこに環境による睡眠の質が低下すれば、寝ても寝ても寝たりないという状況に陥ってしまいます。

 

耳栓とアイマスクを利用する事で睡眠の質の向上をはかってみましょう♪

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました