企業管理職になったつもりでブログを更新していく|ブログ運営者はある意味管理者

ブログは群雄割拠の時代に突入しています。

ネットでブログを探しているといったいどれだけ存在するんだろ!というくらいに溢れかえってます。

実社会ではまわりにブログなんてやっている人はなかなか見あたらないのに…。

 

 

群雄割拠を生き抜く

でも、とんでもない数のブログが存在するのは事実で、それら大量のブログの中でなんとか生き抜いていかなければなりません。

 

とりあえず量をこなしていきましょう!

 

ブログ運営において大切なのは量を更新するという事です。

たくさん記事を更新する事によりさまざまなメリットが生まれてきます。

 

 

えっブログは 質が大切なんじゃないかって?

もちろん質も大切ですよ。

 

自分の日記みたいな記事をどれだけ書いても、誰からも検索されませんからね。

ユーザーの役にたつ内容の記事量産する必要があるのです。

 

うーむ…ブログって大変ですね…。

 

 

 

続けることが大前提

群雄割拠である限り、多くの敗者が生まれて一部の勝者に飲み込まれていきます。

 

ブログってね、なかなか結果がでないんですよね。

 

バイトで1日しっかり働けば、働いた分だけしっかりと報酬が貰えます。

 

一方、大変な思いをして更新したブログの記事ですが、全然アクセスが集まらず誰にも読んでもらえない。

もーやめだ!ってパターンが非常に多いですね。

 

ブログを楽しめる気持ちがないと途中で嫌気がさして、結局更新ストップになってネットの中に埋もれていってしまいます。

 

その考えに今でもかわりありません。

 

ブログ運営の管理者さま

しかし、私には楽しもうという気持ちと同時にブログを量産する為には、犠牲もたくさん必要だと思っています。

 

1日何時間働いていますか?

 

私は長い時なら1日で12時間くらいは働いています。

 

あさ、7時に家を出て8時から働き始めて21時まで働きます。

そこから帰って家についたら22時です。

 

8時間労働+4時間残業+1時間の休憩休息+2時間の通勤時間で15時間の拘束を受けます。

あとは寝るくらいしかできません。

 

毎日がこんな働きっぷりではないのですが、改めて計算するとかなりの拘束時間ですね。

管理職でない私ですらこの拘束時間ですから、管理職の上司はもっと働いています。

 

お盆と正月以外は休んだ事がないと言っている管理職もいます。

朝の7時くらいに職場に入って毎日22時くらいまで働いています。

 

いったいいつ寝ているんだろうか…疑問に思うことがあります。

それくらい働いて給料が貰えます。

 

なのにブログ運営ではちょこちょこって記事を書いて食べられるだけのお金を貰える?!

 

そんな甘い話はありません。

 

ブログ運営の管理者さまなんだから、しっかり記事を更新してくれないと。

 

小売業の管理者さまだったら、朝から晩まで休み返上で働くのは当たり前の事ですからね。

 

 

底辺ブロガーは作業量が少ない

底辺ブロガーの私がこんな事いって申し訳ございません。

仕事の多い日は1日15時間の拘束時間で心身ともにヘロヘロになります。

 

私は休日には、管理職になったつもりでブログを更新する事にしています。(できているとは言ってません…)

 

朝起きたらコーヒーを飲んで顔を洗ってストレッチしたら、仕事のつもりでブログに立ち向かいます。

 

ブログでお金を稼ぎだいと思うなら最低限、今の仕事と同じだけの作業量はこなさないといけませんね。

仕事での拘束時間を計算したら15時間。

 

それだけの時間、副業に当てたらめちゃくちゃ稼げそうですね。

ブログで15時間書き続けたらどれだけの記事が出来上がるでしょうか?!

かなりの作業量となりますね。

 

ブログ内での記事が増え文字数が増えてくると、それだけGoogle検索に引っかかる可能性もあります。

 

 

ただブログもたくさんノルマをこなすとすごく疲れますね。

 

 

半日くらいパソコンと睨めっこしてあると、吐き気が催してきたりする事も。

途中で疲れすぎて、何のために記事を書いてるのかわからなくなる事も。

 

 

ブログは誰からもノルマを与えられる事はありません。

更新を強要される事もありません。

 

だからさぼっても誰からも怒られません。

仕事と違って寝坊してもなーんにもとがめられないのです!!

 

自分との戦い

ブログ運営者はどれだけ作業するのかも自分次第です。

 

自分との戦いなのです。

 

ブログ更新するのが疲れてきたり嫌になってきた時は、企業の管理者になりきります。

 

管理者は日々数字を追い求めなければいけません。(アクセス数増加)

 

管理者は誰よりも早く仕事にきて、最後まで働かなければなりません。(作業量の確保)

 

管理者は担当課のすべてを指揮して管理しなければなりません。(適切な運営)

 

激務な変わりにそれなりの報酬はもらえます。(ブログ収入の増加)

 

そう言い換えるとブログの運営管理者も企業の管理者と同じですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました