付き合いの為にいく飲み会ほどつまらないものはありません

私も20代の頃は飲みに行くのが、ステータスがごとく飲みに行っていました。

 

何かと理由をつけては飲みに行く。

 

職場の同僚や同期、大学時代の友人など。

 

ことあるごとに飲みに行かない?と誘い誘われていました。

 

 

無駄な人付き合い

 

別に飲みに行く事は悪いこととは思いません。

 

普段しゃべらない事をしゃべる機会にもなりますし、お酒が入れば何時間でもエンドレスで饒舌に語り合えます。

 

人は酔っ払ってそうやって語り合うことを求めて飲みます。

 

ただね、頻繁に飲んでばかりいても、あまり何も得られないし、何も残らない。

 

虚しさだけが残る日が増えてきました。

 

若い頃は人をたくさん集めて騒ぎ立てる事がステータスみたいなものと勘違いしていまたね。

 

たくさん誘って○○会みたいな感じで飲み会を開いて、たくさん人を集める俺ってすごいみたいな自己満足の世界です。

 

たくさん人を集めてバーベキューして俺ってすごい人脈ある、すごいだろってみたいなのが本当にバカらしく感じて、無駄な人付き合いと感じるようになりました。

 

 

 

飲むなら夢を共有できる人がいい

 

年齢を重ねると共にたくさんの人数で開催される飲み会に参加しなくなってきました。

 

もちろん会社全体で開かれる忘年会や飲み会などには参加します。

 

けど、ただ人が集まって愚痴をいったり、おしゃべりするだけの飲み会にはほとんど参加しないようになりました。

 

それも悪くないのですが、そんな生産性のない飲み会や、目的のない飲み会ばかりに参加していると自分にとってはマイナスになります。

 

それより同じ夢や考えをもっている人とゆっくりと話したいですよね。

 

その方がよっぽど刺激になるし、楽しいし、自分のためにもなります。

 

そういう飲み会ならジャンジャン参加したい!

 

自分のスキルアップにも繋がるような飲み会ですね!

 

 

人生にプラスになる飲み会とは?

 

やはり自分の尊敬できる人と話をする事で自分の人生にブーストをかける事ができるかどうかですね。

 

いわゆる良い影響を及ぼすメンターとはぜひとも飲みたいものです。

 

同じ目的を持っている人と話をすれば、自分も負けていられないと火がつきます。

 

またお互いに知っている情報を交換しあったりプラス面がたくさんあります。

 

そういう訳で最近、ほとんど飲み会に参加する機会は減りました。

 

この飲み会は浪費なのか投資なのかを考え、選ぶ事でただ漠然と飲み会に参加する事は減りました。

 

おかげさまでその副産物という訳ではありませんが、このブログが生まれました。

 

きっと仕事後に毎日お酒を飲みに行っているようなら、新しい事を始める気力も時間もなかった事でしょう。

 

遮断利により必要ないものを切り捨てる事で、新しい事へのチャレンジ精神が生まれてきました!

 

 

お金と時間の無駄遣い

 

飲み会ってけっこうお金もかかりますし、夜遅くまで飲むとなれば翌日にまで影響を及ぼします。

 

それが何度も繰り返されると人生にまで影響が出てくるものですよ。

 

 

お金も時間も人生を左右するくらいに大切なものです。

 

その飲み会は自分にとってプラスになるかマイナスになるかを考えてみることが大切です。

 

プラスになるなら、その飲み会は投資でありお金の無駄使い、時間の無駄使いとは言えないですね。

 

ただ人が集まって群れるだけの飲み会はマイナスに働く事が多いです。

 

仕事の不平不満を話したり、昔話に花を咲かせたり。

 

マイナスの影響の方が大きいので、私は積極的に参加する事はなくなりました。

 

 

 

 

無駄な人付き合いが人生の足を引っ張る

 

人付き合いってプラスにもマイナスにもおおきく影響を及ぼします。

 

飲み会ばかり参加している時は、頻繁に飲み会のお誘いの連絡ばかりが来ます。

 

そして惰性でまた飲みにいって無駄な付き合いをずるずると続けることになります。

 

今の人間関係をキープするためだけに惰性の付き合いを続けることになります。

 

結局、たくさんの無駄な付き合いがつもり重なり人生の大切な事を見落としてしまう可能性があります。

 

本当にやりたい事を見落としてしまい、本当に必要な付き合いをないがしろにしてしまう可能性もでてきます。

 

人生においては選択しなければいけない時も出てくるでしょう。

 

 

遮断利という言葉があります。

 

自分の足を引っ張るような付き合いはだいたんに切り捨てる事も大切です。

 

 

自分のレベルまで落ちていく

愚痴ばかり言って思い出に浸って生きている人たちと付き合っていれば、いつの間にか自分もそうなってしまっています。

 

 

人との付き合いで自分のレベルが引っ張り上げられる事もあれば、引きずり落とされる事も。

レベルの低い人たちと付き合っていれば、自分が夢を持っていても邪魔される事も多々あります。

 

自分の性格も環境もまわりに大きく影響を及ぼすことを忘れてはなりません。

 

その飲み会は本当に自分にとってプラスになるのかどうかをよく考えましょう。

 

ただ人が集まりなれ合って人生の愚痴を言うことがメリットになるかどうかを再度考えてばいいでしょう。

 

それが自分を引き上げる飲み会だと確信できるならそれは意味ある飲み会です。

 

浪費か、投資かは紙一重です。

 

 

お店も同じ、お酒を飲むのも同じ、費やす時間も同じです。

 

ただ付き合う人が違うだけで浪費か投資か180度変わってきますからね。

 

投資ならお金と時間を費やしますが、その分、自分の成長という意味においてリターンがある事でしょう。

 

 

飲み会はストレス解消にはならない

私は当初飲み会に参加して上司の悪口を言うのが楽しかったです。

 

仕事のストレスを発散できるし、自分の不平不満を聞いてもらえるので楽しい!と思うことでしょう。

 

飲み会こそが自分を癒やし、心を回復させる場だと思うことでしょう。

 

しかし、長い目で見たらそれは違います。

 

仕事の不平不満を言って慰め合うのではなく、それを解消させる為に動かなければならないのです。

 

いくら愚痴を言っても環境は変わりません。

 

飲み会での癒やしは所詮一時的なものであり、長期的には自身が成長するチャンスを阻害する可能性すらあります。

 

ただストレス解消するだけならもっと方法はたくさんあるし、ここまでお金・時間・
体力を使う必要すらありません。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました