頭の回転を早める方法5選|人生をブーストさせる為にも脳の回転を早めよう

人生何をするにしても頭が動いていなければ始まりません。

 

 

頭が冴え渡っていれば、やる気が出て新しい事にもチャレンジできる事でしょう。

 

 

同じ事をするにしても頭が回転していれば、従来よりスピード、効率がアップします。

 

 

私自身も、日によって頭の動きがまったく違う事を感じます。

 

 

脳が半分寝ていて、一日ボーっとして効率悪く要領が得ていない仕事をしている日があります。

 

 

一方で、朝から脳が冴えわたり、仕事をさっさと終わらせて、新しい事に取り組んだり、上司に上申したりする日があります。

 

 

人が違う訳ではありません。

 

 

同じ人でも日によってここまで違うのです。

 

 

頭の回転スピードをあげる事は、人生における効率化にも繋がります。

 

 

頭の回転をアップさせる事は可能なのか?

 

その人の持って生まれた脳力そのものは変わりませんが、自分の実力を最大限に出し切る事ができるようになります。

 

頭を回転をアップさせる事で、実力を出し切る事ができるようになるのです。

 

 

脳は鍛えれば鍛えるほど、働くようになるし、脳を使わなければどんどん衰えてしまうのです。

 

頭の回転をあげる事は人生をブーストさせる事ができるのです。

 

 

人生を一度キリ。

 

その人生を充実したものにする為にも頭を鍛える事にも着目してみましょう。

 

 

 

脳力アップの方法1 深い睡眠をとること

 

これは頭の回転をあげる為の絶対条件です。

 

睡眠において大切なのは時間よりも質です。

 

 

たとえ10時間寝ても起きた瞬間にまだ眠たい…なんて場合は頭の回転は低い状態という事になります。

 

 

頭の回転は睡眠時間というより 睡眠の質によって左右されます。

 

 

「深く眠れる事ができた時の寝起きの清々しさ」を味わう必要があります。

 

 

人によって睡眠時間には個人差があります。

 

ロングスリーパーでもショートスリーパーでも大切なのは 睡眠の質なのです。

 

 

睡眠の質を高める為には日中にしっかり体を動かす事です。

 

クタクタになるくらいの状態で眠りにつく事が深い睡眠を誘導する事になります。

 

 

逆に睡眠不足や徹夜は、頭の回転を悪くさせて気持ちも落ち込みがちです。

 

睡眠の質を意識する事で、頭の回転は確実にアップする事でしょう。

 

 

脳力アップの方法2 食べ過ぎない事

 

頭の回転を良くする為にしっかりと食事をとってお腹いっぱいにさせてからがんばろう!と思っている方はそれは間違っています。

 

 

 

満腹中枢が刺激されると、人や体が重くなり、脳の回転が鈍ってきて体を休めたくなります。

 

食べ物を消化する事は体にとってフルマラソンに匹敵するとも言われています。

 

残念ながら食べ物を食べて頭の回転をアップさせる事ができません。

 

 

疲れた時にはほんの少しブドウ糖をとると脳に栄養素はまわります。

 

ただし、食べすぎると頭の回転は鈍ってしまいます。

 

 

食べ放題に行った後のあの全身の倦怠感を思い出してみて下さい。

 

空腹状態の方が人は動けます。

 

ご飯を食べる事すら忘れてしまうくらいに集中している時こそが自分の頭が最大限に回転している時なのです。

 

 

脳力アップ3 文字を書く事

 

人は文章を書くときにはものすごく頭を使います。

 

 

自分の考えや気持ちを文章に書き起こして他人に伝えるという事は思いのほか難しいものなのです。

 

 

文章を書く事で、頭を使い、頭の回転はどんどんアップしていきます。

 

 

 

私は 最強の脳トレは文章を書く事だと思っています。

 

 

良い文章なんてそんなにすぐに書けるようになる訳ではありません。

 

 

日々の積み重ねとなります。

 

 

日記を書いたり、Twitterで発信したり、ブログの記事を書く事は脳に適度な刺激と負荷をかけてくれます。

 

 

脳力アップ4 一日の行動を振り返る

 

寝る前にぜひとも数分でいいのでしてもらいたい事があります。

 

 

それは自分の一日の行動を振り返るという事です。

 

 

朝起きて何を食べたか?

 

そして職場に行って何を行ったか?

 

休日ならどんな一日を過ごしたか?

 

今日一日でどんな生産的な行動を起こしたか?

 

昼ごはん・夕ご飯は何を食べたのか?

 

今日一日は自分にとって意味のある一日を過ごす事が出来たのか?

 

 

寝る前に今日の行動を振り返る事によって、明日へ繋げる事ができます。

 

明日、本当に何をするべきなのかは今日を振り返る事によって明確になります。

 

 

今日、失敗してしまった事を繰り返さない為には、どうすればよいのかを考えます。

 

過去を想像して思い出し、未来を想像して備える事で、確実に一日一日の質は上がっていくでしょう。

 

ほんの少し、自分の思考を自分の行動に向けてあげるだけです。

 

そんなに難しい事ではありませんが、続ける事で確実に頭の回転は上がっていく事でしょう!

 

 

脳力アップ4 体を動かす

 

頭の回転が悪いと感じている時は運動不足が原因かもしれません。

 

 

体を動かす事で全身に血流がいきわたり、頭の回転がアップします。

 

私が日頃より実践しているのは ウォーキングです。

 

ウォーキングでしたら歩幅やスピードによって負荷を調節できます。

 

ちょっと息があがるくらいの負荷なら、空気を深く吸い込む事で全身に血流が行き渡ります。

 

あまり激しい運動は酸欠になり、倦怠感がハンパなくその後活動ができなくなりますので、少し息があがるくらいの運動にしておきましょう。

 

ウォーキングやストレッチでしたら年齢・性別関係なく万人におすすめできる運動となります。

 

 

運動をする事で、脳内に幸せを呼び込む 「エンドルフィン」といわれるホルモンが分泌されやすくなります。

 

体を動かした後の爽快感や達成感はこの脳内ホルモン「エンドルフィン」によって 多幸感を感じているからなのです。

 

 

程度な運動は脳の活動を活発にしてくれて、その後の活動に良い影響を及ぼしてくれると言えましょう!

 

 

脳力アップ5 チャレンジする事で脳は活性化する

 

私のワイフワークとも言える 新しいことにチャレンジする事は、脳を活性化させる一番の方法といえるでしょう。

 

人は同じ事を繰り返したがる習性があります。

 

同じ場所に行き、同じ人としゃべり、同じ物を食べる。

 

同じ事を繰り返す事はほぼ予想がつき、変化もリスクが少ないと言えましょう。

 

 

ただ同じことを繰り返す事で惰性で生きるようになります。

 

 

一日の活動がほぼ惰性で生きるようになった時、そこから何も生まれない人生を送り続ける事になります。

 

 

 

新しい事、新しい場所、新しいものに、ふれる事で人は脳は刺激を受けます。

休日には足を延ばしてまだ行った事のない場所に行ってみましょう。

 

そこには何があるか、どんな場所なのか脳は知らない訳ですべてが新しい情報となり、脳は活性化します。

 

今までやったことないもののチャレンジするのも同じですね。

 

はじめての事をするには少し、勇気が必要です。

 

その勇気を振り絞る事も頭を活性化させるポイントです。

 

 

英会話を勉強してみて海外旅行に出かけてみるという事は、人生においてターニングポイントとなられる方も多いでしょう。

 

そこには未知の世界と刺激があふれているからです。

 

人は惰性を求めると同時に、刺激も求めているのです。

 

 

まとめ

頭の回転を良くする5つの方法をご紹介しました。

同じ一日でも頭が眠っているのと冴えわたっているのでは、全然違う一日になります。

 

頭の回転を良くする事を紹介しましたがそんなに難しい事ではないかと思います。

 

私もこの5つのポイントは常に意識して生活するようにしています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました