サラリーマンブロガーは開業届を出して青色申告をするべきなのか

副業をしていて最初のうちは少ない収入で気にもしていなかったけど、少し収入が発生しだすと気になるのが税金です。

 

普通のサラリーマンで、年収も世の中の平均年収程度でしたら年末調整だけですんで確定申告の必要はありません。

 

本来でしたら全員、確定申告してもいいのですが、それをすれば年度末税務署がとんでもない事態になります。

 

そんなカオスな事態を避けるために給与所得のみの方は会社が変わりに年末調整ですませてくれるのです。

 

ただし、年末調整で出来るのは会社で支払った給与に対してのみです。

 

加えて扶養家族や生命保険の控除なども一部会社で代行してもらえます。

 

しかしながら給与所得以外の収入に関しては年末調整で行う事はできません。

 

 

給与所得以外に所得があれば…

 

サラリーマンが給与所得以外に収入があった場合は確定申告をしなければなりません。

 

ただし、年末調整をしたサラリーマンで収入が20万円以下の場合は確定申告不要となります。

 

20万円を超える収入があり、確定申告するとなれば、ほぼ個人事業主と変わりません。

 

給与所得以外の収入に対しては経費が認められます。

 

ですので、ブロガーでしたらブログを運営する際に必要な経費を収入から引いて所得とする事ができるのです。

 

会社で行った年末調整以外に、追加で確定申告をする必要があります。

 

 

サラリーマンで兼業されている方は年末調整に加えて確定申告をすると覚えておきましょう。

 

 

そんなサラリーマンの為の青色申告について記事を書いてみました。

 

私は税金については素人で自分で調べて記事を書きました。

 

きちんとした内容の記事を書くように心がけていますが、それでも知識不足から間違っている場合があるのでご了承ください。

 

税金について不明な点は必ず税務署に問い合わせていただくようにお願い申し上げます。

 

 

開業届を出すべきか

 

 

サラリーマンが個人事業主として開業する場合、注意が必要です。

 

開業届を出せば、失業保険が貰えなくなります。

 

失業保険は無職の状態であるのが支給要件となっているので、個人事業主として開業すれば失業保険はもらえなくなります。

 

仕事があるのだから失業保険は必要ないという事ですね。

 

事業収入(副業)が少ない場合は、開業届を出さずに白色申告をしておいた方が無難かもしれません。

 

 

 

失業保険分くらいはカバーできそうな収入を確保できるようになってから、開業届を出して青色申告をするのでもいいかと思います。

 

ここら辺は個人の考え方次第ですね。

 

とりあえず青色申告は基本的に開業届とセットになっていますので、失業保険がもらえないという事になります。

 

まだ副業の金額がすくない場合は白色申告で様子を見つつ、失業保険が必要なくなった時点で青色申告に切り替えるのも一つの手です。

 

20万円の副収入があった時点で、必ず確定申告はしなければなりません。

 

ただ開業届を出さずに白色申告をするのか、開業届を出して控除を目一杯利用して青色申告するのかはよく考えて選びましょう。

 

開業届を出すからには失業保険など必要ないくらいに、がっつり稼ぐ覚悟をもってサラリーマンとの兼業に励みましょう。

 

 

青色申告か白色申告か

 

ある程度、利益が増えてきたら青色申告の方が節税メリットがたくさんあります。

 

我々、ブロガーが目指すべきはしっかり稼いで個人事業主として青色申告を選択しなきゃもったいないレベルまでもって行く事ですね。

 

実際に稼いでいるブロガーやアフィリエイターはほぼ青色申告をしているかと思います。

 

 

個人事業主として青色申告の魅力とは?

 

さて、バリバリ稼ぐ方にとっては青色申告に伴うデメリットはほとんどなくなると言ってもいいかもしれません。

 

失業保険って基本的に一時しのぎな訳ですから、事業として成功させ長期的に安定収入を目指すべきなのです。

 

また青色申告の方が面倒だと言われていますが、自分の仕事を事業だと考えたとき、しっかりと帳簿をつけてお金のながれを把握するべきです。

 

青色申告の手間はデメリットどころかメリットとも言えるでしょう。

 

起業家のマインドいっぱいの方、事業家として自負のある方はよりメリットの大きい青色申告を選ぶのは必然と言えるでしょう。

 

もちろん、青色申告か白色申告かを選ぶのは自分自身で、誰からも強制されるものではありません。

 

 

 

メリット1 利益から65万円の控除

 

これは大きいですよね。

 

白色申告の場合の控除は10万円です。

 

その差は歴然たるものがあります。

 

青色申告では複式簿記をつかって帳簿をつけなければいけません。

 

さらに領収書などの書類をまとめて保存していかなければなりません。

 

手間賃という訳ではありませんが、その分、控除が大きくなっています。

 

 

メリット 2 赤字の繰り越し

 

年度によっては事業が赤字になる可能性もあります。

 

 

もし、赤字になってしまった場合は最大級3年まで繰り越しができます。

 

思うように利益が上がらない年もあるかもしれません。

 

そんな赤字を繰り越しできるのは青色申告の魅力のひとつです。

 

 

メリット3 親族の給与を経費として計上できる

 

配偶者含めて親族の給与を全額、経費として計上できます。

 

白色申告でもできなくはないのですが、金額に上限があります。

 

ただ生計が同じ場合、生活費なのか給与なのかが曖昧になってしまいがちです。

 

あくまで労働の対価としての支払いになります。

 

この場合税務署へ「青色事業専従者給与に関する届出書」という書類を提出する必要があります。

 

 

メリット4 必要経費が認められる

 

サラリーマンの場合は給与所得控除を引いた所得により課税額決められます。一部例外を除い手変わりに必要経費は認められていません。

 

たいして、個人事業主には事業の関わる経費を落とすことができるのが嬉しいですよね。

 

しっかり必要経費について勉強して、どんどん経費として落としていきましょう。

 

サラリーマン時代には経費として認められなかったものが個人事業主では経費と認められるのですからね。

 

自宅をオフィスにした場合、電気代や水道代の一部を経費にできます。

 

他にも通話料金やプロバイダ料金などさまざま費用を経費として計上できますね。

 

 

合法的に節約・節税が出来るようになります。

 

 

メリット 5 減価償却資産を一括経費に

 

青色申告では30万円未満の資産を購入した場合、一括で経費として計上できます。

この30万円一括経費は特例措置ですので、税制改正には気をつけましょう。

 

例えば事業の為に29万円のパソコンを買った場合、青色申告でしたら一括で経費として落とせる事になります。

 

白色申告は10万円までなのでこの差は大きいかと思います。

 

 

まとめ

 

ブログをはじめた当初は収入がほとんどなくて、税金など気にする必要もなかったと思います。

 

しかし月間PVが万単位にいったあたりからほぼ毎日収入が発生するようになってくるかと思います。

 

いずれは確定申告をしなければなりません。

 

 

確定申告はブロガーにとって避けられない道です。

 

早めに準備を進め、知識をつけてしっかりと節税をしましょう♪

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました