後回しの癖を断ち、前倒しの人生へ変える秘訣18のポイント

多くの方が経験したことがあるであろう後回し。

 

この後回しは早めに対処にないとクセになり、どんどん後へ後へまわしていって、追い詰められるまで取り掛かれないなんてことも起こり得ます。

 

どっちにしろ、やらねばならない事は避けられないのです。

 

 

どうせやらなければいけないのなら前倒しをしてみましょう。

 

前倒しの人生と後回しの人生。

 

やらなければならないのは同じですが、後回しの人生つまらないものです。

 

いつも何かに追われて、いつも背中にやならければいけないものを背負っているのですから。

 

同じ人生なら前倒しして、背負うものを軽くして生きていきたいものです。

 

 

後回しの弊害を考えてみる

1 結局ゴールは同じ

提出物があるなら、結局は出さなければいけませんね。

 

後回ししても何一つメリットが感じられません。

 

ずるずると仕事をためて続けていくだけなのです。

 

そして、最後はギリギリの時間に追われ、焦って取り組むなんて事にもなりかねません。

 

 

2 時間の感覚が違ってくる

前倒ししても作業自体はなんら変わりないなら、余裕を持って取り組めるように前倒ししていきたいですよね!

 

前倒ししてみて、あれ?以外に時間がかかるぞ!これは大変だ!

 

なんてことになるかもしれませんが、前倒ししているから時間の余裕もあり、腰を据えて取り組む事もできるでしょう。

 

後回しにしすぎると時間の余裕がなくなってしまいます。

 

結局ものすごく追われる羽目になって、悪い汗をかいてしまう事になります…。

 

作業のトータル時間は同じでも後回しした場合はものすごく追われる感じがしてしまいます。

 

 

3 ストレスが溜まる

常に「〇〇をやらなければいけない」

というストレスを抱えながら生きていく事になります。

 

 

子供とゆっくり遊んでいる時も、友達とご飯を食べている時も、やらなければいけない事を抱え続ける事になります。

 

 

前倒しでやり終えていたら、その後はスッキリ気持ちよく日常を送る事ができますよね。

 

あえてストレスを抱え続ける後回しを選ぶ必要はないのです。

 

 

4 思考が停止する

前倒しで作業を終了しておけば、前向きな思考となりどんどん新しいアイデアが浮かんだり、新しいことにチャレンジしてみたくなります。

 

 

一方で後回しにしていればずっと「やらなければいけない」という思考に支配されてしまいます。

 

それだけで思考の多くを奪われてしまいます。

 

 

5 気持ちが憂鬱になる

そうやって思考を停止させてしまう事は、精神的にもよくありません。

 

ずっと何かに追われた気持ちは、目に見えないところで心にプレッシャーを与え続けています。

 

 

場合によっては憂鬱な気持ちになってしまい、他の事まで取り組めなくなってしまうなんて悪循環に陥ってしまうのです。

 

 

6 実際に問題が起こる

後回しの人生は実際にトラブルが起こる確率が跳ね上がります。

 

ギリギリで仕上げようと思っていたのに、体調がすぐれないで結局、完成させる事ができなかった…。

 

予想以上に時間がかかる作業だったけど、時間が足りなかったので中途半端に終わってしまった…なんて事がありえます。

 

 

7 仕事で評価されない

後回しばかりにしていると仕上がる精度はどんどん落ちていきます。

 

クライアントや上司から仕事を評価されなくなる可能性もあります。

 

こういった後回しによる弊害が積み重なり、仕事が上手い事できずに仕事が続けられなくなる可能性だってあるのです。

 

この後回しのクセは「今」治さないといつまでたっても治りません。

 

やるのは今です。

 

 

後ではいけません。

 

後回しクセを治さない限り、転職しようが、独立しようが自分の人生が大きく好転する事はないでしょう。

 

8 ブログも更新できない

ブログが更新できないって嘆いている方の中には、後回しが原因となっている場合があります。

 

あとでブログを更新しようと思っている内に1日過ぎ、2日過ぎて更新する機会を失ってしまうのです。

 

逆にどんどんブログを前倒しで更新していき、ストック記事も用意しておけばいざという時に役立ちます。

 

ブログで成功するには一定量の作業が必要不可欠です。

 

その作業を後回しにしても、何の解決にもなりません。

 

 

9 お金に見放される

1年2年としっかりブログを更新していけば収益もそれなりのものになってくるでしょう。

 

前倒しのクセをつける事で何もせずにお金が入ってくる人がいる一方、ブログの更新を続けられずに結局は閉鎖に追い込まれる方がいます。

 

後回しのクセはあらゆる場面で自分の背中をひっぱってしまうという事を忘れないでおきましょう。

 

 

10 人生がつまらなくなる

どんどん前倒ししていき、空いた時間で子供と遊んだり自分の趣味に没頭した方が楽しいですよね。

 

やる事に追われて後ろめたい気持ちでいる人生か、どんどん新しいことにチャレンジするか、どちらの人生を選ぶかはあなた次第です。

 

やらなければいけない作業自体はさほど変わりはないものですよ。

それなら今、前倒しで作業に取り組んでいきましょう。

 

 

後回し癖を治す方法

11 ToDoリストを活用する

一日のうちでもやらなければいけない事がたくさんあれば忘れてしまう事もあります。

そして間に合わなくなってからふと思い出したり…。

 

作業量が増えていくとタスク管理が大切です。

 

そういう場合にはToDoリストを使う事をおすすめします。

 

ToDoリストを使って、やらなければいけない事を順番につぶしていきましょう!

40代男が本気で脱サラを目指す雑記ブログ
40代男が本気で脱サラを目指す雑記ブログ
https://salaryman-bloger.com/?s=ToDo
40代男が本気で脱サラを目指す雑記ブログ

 

12 見えるようにしておく

職場でたちまち緊急性のある事は、付箋に書いて机に貼っておきます。

 

目に見えると無意識の内にタスクの事を考えます。

 

後回しする余地を与えません。

 

その仕事がおわるまで付箋は机に貼り続けられる事になるのですからね!

 

 

13 必ず期限を区切る

一つ一つのタスクには必ず期限を期限をもうけましょう。

 

無期限で取り組んでいるようでは、いつまでたっても仕事は進んで行きません。

 

あえて厳し目に期限をもうけてもいいかと思います。

 

後回しにせず前倒しで作業をするのなら、問題とならないはずですからね!

 

 

14 あえて遠い期限から取り組んでみる

私は緊急性のないタスクが複数ある場合は、期限の遠いものからつぶしていきます。

 

期限の遠いものばかりが残ると、自分に甘えがでてくるからです。

 

あえて遠いタスクに取り組む事で、作業量を増やす事ができるのです。

 

 

15 ご褒美と罰を利用する

これだけできたら週末に家族でご飯を食べに行こう!読みたかった本を買おう!など些細なご褒美を設定しておくとやる気がでます。

 

逆に仕事を残してしまったら、今週は一切ゲームの禁止など自分に罰を設定しましょう。

 

 

人は単純で罰よりご褒美の方がいいに決まっているので、積極的に仕事をするようになります。

 

あえてご褒美より罰を選ぶ人はいませんからね。

 

 

16 後回しにアラームで制限をかける

もしこの作業あと1時間後にしようと後回しにするなら必ずアラームを設定しておきましょう。

 

1時間後、作業の存在を忘れてしまっている可能性があります。

 

よくブログで下書きが書き終わったので、10分休んでから投稿作業に取り掛かろうとおもって数時間経過する事があります。

 

やべぇ…もう寝る時間だ…みたいな感じです。

 

10分がわかるようにタイマーをセットしておく必要があるという事です。

 

 

17 生産性を考えてみる

後回しにして、その間何をしているのですか?

 

別の緊急性の高い事が入ってきたなら仕方ない事でしょう。

 

しかしながら、ブログ更新を後回しにして、テレビを見てしまっているなんて事もありえますよね。

 

そういう場合は生産性を考えましょう。

 

このテレビ視聴とブログ更新を天秤にかけて、どちらがより生産的なのかを考えてみればいいのです。

 

 

18 あとでいいやと思った瞬間に取り組む

 

最後に「後回しを防ぐ秘訣」は、後でいいや…と思った瞬間にその作業にとりかかるという事です。

 

 

頭にその作業が浮かんだという事は、ちょうど始めるいい機会だと思いませんか?

 

もう後回しにする事をやめて、生産的な人生を歩んでみたいと思いませんか?

 

 

繰り返しますが作業量自体は変わりないのです。

 

今やるか後でやるかの違いだけ。

 

それなのに人生は大きく違ってくる可能性があるのです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました