意識が朦朧とする中、健康の大切さを改めて思い知らされました

風邪をひいて思ったことは、健康であるってそれだけで素晴らしいという事です。

 

布団の中で意識もうろうとしながらあぁ普通に仕事にいって、普通に生活できるのって素晴らしいと心の底から感じました。

 

病気になってはじめてわかる当たり前の大切さです。

 

そして、ふとこのまま病気が長引けば、仕事も続けられないな…と脳裏に浮かびました。

 

これからの自分がいつまでも健康的に、働き続けられる保障なんてどこにもないという事です。

 

つまり今の仕事に頼りすぎたらダメだという事ですね。

 

いつ辞める事になっても、とりあえず生きていけるお金は必要だと思い知らされました。

 

 

健康であるうちに地盤を築こう

病気になったら何もできない

 

たかが風邪でも体調の悪いときは、何もできないものです。

 

先日、風邪で寝込んでいたのですが、ベッドに横になりながら「まぁスマホをいじるくらいはできるかな?!」

と思っていました。

 

 

実際に布団の中で記事を書き始めるのですが、これがなかなか進まない…。

 

熱で頭は朦朧とするし、喉は痛いし、枯れた声だしで集中できないのです。

 

それに体力も消耗してる上に、薬の副作用で頭がボーっとして、作業が進みません…。

 

 

結局、ほとんどブログの記事を書き進めることができませんでした。

 

 

ブログがバリバリ書けるのも健康だからなのですね。

 

記事が投稿できるって幸せな事なんです。

 

実際に意識が朦朧とする中で記事を書いてみて、健康のありがたみを再認識する事ができました。

 

 

健康を害せばはたらけなくなる

 

体調を崩すと働くことすら、困難になります。

 

そうなれば、お金の不安が大きくなりますよね。

 

多くの人が体調不良を無理てでも仕事にでてくるのは、そう簡単に休めないからです。

 

 

体調不良で仕事を休んでいてばかりいては、不都合が出てくるからです。

 

 

ドクターストップになる頃には重症化しており、入院→病気休暇となるパターンをよく見てきています。

 

私の職場でも体調不良をおして仕事を続けて、我慢ならずに病院に駆け込むと同時にドクターストップという人を見てきました。

 

 

悲しいかな人に雇われるとは、そういう事。

 

労働に依存した収入形態という事は、自分の身体が資本なのです。

 

そして上司からはこのように言われます…。

「○○くん、体調管理も仕事のうちだよ。

仕事を休まないように体調を整える事が大切。

病気になるという事は自己管理ができていないという事だね!」

という嫌みな事まで。

 

反論はしませんが、どれだけ体のことを気をつけても病気になる時にはなります。

 

絶対に風邪をひかない方法が、あるならぜひとも教えていただきたいものですね。

 

自己管理だけで風邪を引かない方法があれば、ノーベル賞ものです!

 

 

健康的に生きる為にもお金は必要となります

 

健康にまさるものはありません。

 

しかし、健康の次に大切とも言えるのはお金です。

 

 

何故ならお金がないと生きていけません。

 

普通に生活するだけで、すごくお金がかかります。

 

お金があれば、より健康的に生きるコトも可能です。

 

栄養バランスのとれた食事をとったり、人間ドックを受けるのもお金がかかります。

 

将来に対する不安の2大トップは「お金」と「健康」なのです。

 

 

複数の収入源を確保しよう

 

健康に生きる為にもお金はとても大切ですね。

 

 

ただ、お金の収入源がひとつだけっていうのは危ないですよね。

 

多くの方はお金の収入を労働で賄っているかと思います。

 

ただ、労働だけの収入源ってめちゃくちゃ危なっかしいと思っています。

 

労働収入っていつなくなっても不思議ではありません。

 

超絶パワハラ上司にあえば、心を病んでしまうかもしれません。

 

会社の経営が危なくなってきたらリストラされる可能性もあります。

 

病気が長引けば、仕事を続けられなくなるかもしれません。

 

 

 

あなたはいくつの収入減を確保していますか?

 

一つの収入先に依存している事は、自分で思っているよりリスクは高いのです。

 

 

働かなくてもお金が入ってくる

 

重度の風邪で寝込んでいましたがその間にも、お金は入り続けてきます。

 

私の保有している株は、持ち分に応じて配当金が支払われます。

 

そして、私の運営しているブログからは広告収入やアフィリエイト収入が毎日発生します。

 

たとえ病気で寝ていても、収入があるという事は非常に大きい事です。

 

 

労働は自分の時間を会社に捧げて対価として報酬を得ます。

 

対して不労収入は自分の資産が勝手に働いて収入を生み出してくれます。

 

この違いをどうみるかです。

 

自分の時間が無限にあって、自分の健康は鉄壁だというような方には労働がおすすめですがね。

 

そんな人はまずいないかと思います。

 

 

それに多くの方はお金の問題と自分の時間を両立させたいと思っているはずです。

 

長い目で将来の事を考えた時に、一円でも多く不労収入を生み出すことは、とても大切な事になります。

 

 

できる事は前倒しでやっておこう

 

不調はある日突然、降って湧いたかのように起こります。

 

体の一部が痛くなったりすれば、全神経はそこに集中してしまいます。

 

そうなれば、常に体の事を考えてしまいがちになり、気持ちも憂鬱になります。

 

体調が万全だからこそ、明るい気持ちで将来の事を考えられるのです。

 

だから前倒しで、できる事はどんどん進めていきましょう!

 

できる時にやっていく事が大切ですね。

 

やりたい事、チャレンジしてみたい事、やらなければいけない事、頼まれている事…。

 

やれるのは「今」しかありません。

 

明日の事は誰もわからないのです。

 

今を精一杯生き続ける事の積み重ねなのです。

 

 

将来、自分の人生を後悔しない為にも、前倒しで進めていきましょう。

 

 

人生のカウントダウンは刻み続けている

 

この世の全員に共通して起こっている事は、人生におけるカウントダウンは確実に起こっているという事。

 

さらに言えば健康に自分の思うように生きていける健康寿命で考えたら、さらに
短くなるでしょう。

 

当たり前の幸せな日々は永遠に続くことはありません。

 

必ずしも終わりがやってきます。

 

 

終わりがやってくるからこそ我々は精一杯生きているのです。

 

 

先日、ひどい風邪で寝る以外に何もできなくなって、当たり前の日々の有り難さを思い知らされました。

 

普通に仕事にいって、普通に家族と一緒に遊べるって素晴らしい!

 

心の底からそう思えるようになりました。

 

 

体力向上に務めよう

 

病気になれば自分で思っている以上に体力を消耗するものです。

 

じっと寝ているだけでも、病気と闘っている体は疲弊していきます。

 

入院などになれば、体力の低下は免れません。

 

病気になるのも、病気を治すのも体力次第でもあります。

 

普段からしっかりと体を鍛えて病気に負けない体づくりを心がけましょう。

 

普段の生活にちょっとした運動を加えるだけで、体力は格段に向上してキープする事ができます。

 

 

誰でも病気になる時はなります。

 

ただ同じ病気になっても、すぐに治る人もいれば重症化する人もいます。

 

「運」で片づければそれだけなのですが、決して運だけではないかと思います。

 

しっかりと「体力」をつけて人生を充実させる事も大切ですね!!

 

体力・気力共に充実している方が病気に打ち勝てるのは自然な事だと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました