温泉旅行って最高だね!たまには疲れた体と心を癒してあげよう

先月、家族で一泊二日の温泉旅行に行って来ました。

 

北陸の山中温泉です。

 

 

ふと思いついたかのように、温泉に入りたくなって土日を利用して温泉へいってきました。

 

温泉ってほんとうに気持ちいですよね。

 

心も体も疲れをとってくれるし、その後においしいものを食べてそのまま眠る。

 

こんな贅沢がこの世にあっていいのかと思えるくらいに感覚に陥ります。

 

 

たまには温泉に行って、疲れ切った体と心を癒す事をおすすめします。

 

 

 

何故温泉はこんなにも気持ちいのでしょうか?

 

 

温泉に入ると体がとけるような感覚に陥ります。

 

アイスクリームが溶けていくように体も溶けていく…

 

 

40度前後の源泉に体と浸すと、その劇的な変化が気持ちいいのでしょうね。

 

温泉に入った瞬間の溶けるような感覚こそが温泉の醍醐味なのです。

 

 

冬の露天風呂なんかは外気温との差が激しいだけに、その感覚は強烈な物になります。

 

なので人は寒かろうが、雪がふっていようが温泉を求め出かけるのです!

 

 

温泉に入っていると確実に体温は上昇します。

 

頭の上にまで血流が流れていく感覚がわかりますよね。

 

40度の温泉で体の芯まであっためる事によって、何とも言えない疲労感に襲われます。

 

 

温泉から出た後も体はポカポカで部屋に戻って、もう何もしたくなくなるあの感覚こそが至高時とも言えるでしょう!

 

 

繰り返し入れる事に意味がある

 

さて日帰り温泉でも十分に気持ちいいのですが、温泉のさっぱりした快感を何度も味わえる事に温泉旅行の意味があります。

 

 

まずは旅館について、さっぱりする為に温泉に入って、ご飯を食べる前に温泉に入って、寝る前に温泉に入って、朝早く起床して温泉に入る。

 

 

この温泉の感覚を、一日に何度も味わう事ができるのです。

 

子供たちも温泉と部屋をいったりきたりしながら何度も入浴していました(笑)

 

子供の本能で何度も入る温泉の気持ちよさがわかっているようですね!!

 

 

温泉に入っている時、温泉からあがった時こそが至高の瞬間なのですが、それを自分の体力が続く限り何度も繰り返す事ができるのが温泉旅行の最大の魅力なのです。

 

温泉に入る事で常にリラックスモードとなり、仕事などから完全に解放される事に意味があうるかと思います。

 

 

お金に余裕があって仕事に追われていないなら温泉旅館に一週間ほど滞在して温泉三昧の日々を送りたいものです…。

 

 

温泉街での長期滞在は一度はかなえてみたい夢でもありますね!

 

 

温泉の効能を読むだけで体に良い気がします

 

 

温泉へ行けば効能一覧を見る事が出来ますが、これだけで体が元気になった気がします。

 

神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、関節のこわばり、冷え性、慢性疾患などそれはざまざまな効果があります。

 

体を暖める事は実際に健康増進に効果がありますが、それ以上にプラシーボ効果がものすごいのですよね!

 

 

「温泉に入っている!」

 

その温泉にはさまざまな種類がありますが硫酸塩泉でも、二酸化炭素泉でも、硫黄泉でもある同じ効果があります。

 

温泉にまでわざわざ足を延ばして現地の温泉に入るだけで、気持ちが高揚して、その後リラックスモードに入る事で免疫力もあがる事でしょう。

 

 

情緒あふれる温泉街の中の、自然の中の露天風呂に入る事のありがたみこそが最大の温泉効果なのでしょう。

 

まさに生きていて良かったと思わせてくれる瞬間です。

 

 

 

温泉後のご飯が美味しい事

 

温泉旅行では部屋での食事、もしくはバイキング形式になりますが準備も後片付けも必要ありません。

 

ご当地のグルメに舌を唸らせながら、お腹を満たす事も温泉旅行の楽しみの一つですよね!

 

 

お腹いっぱいにご飯を食べて、そのまま横になるなんてなんて堕落した生活を送っているんだと怒られそうですが…

 

その堕落した生活を送る為に高い料金を払って温泉旅行に来ている訳です。

 

 

温泉旅行はある意味究極の堕落生活を送りにきているのです。

 

 

無理な計画はたてない事

 

 

温泉を楽しむには早めに温泉旅行に行って、翌日もゆっくりと時間を過ごした方が楽しめるかと思います。

 

あれもみてこれも見て時間ぎりぎりまで観光して、その後、すぐにご飯の時間。

 

とりあえず温泉に入って疲れ果てて寝てしまう…。

 

そして翌日は朝食をとると同時に出発っていう慌ただしい計画を立てる事もありますが、温泉にいって余計に疲れてしまうパターンですよね。

 

 

あれも見たいこれも見たいと無理な計画をたててしまったら、時間のゆとりがなくなってほとんど温泉を楽しむ事ができません。

 

 

早めに温泉旅館にいって人の混んでいない時間に露天風呂で自然に身をまかせてのんびりした時間を過ごすのが、温泉旅行最大の醍醐味なのです。

 

 

その上で時間があれば周辺をぶらりと散策してみましょう!!

 

のんびりとした時間を過ごすのが温泉旅行の魅力です。

 

 

 

ただお風呂に入って寝るだけなら、スーパー銭湯にいってビジネスホテルで宿泊でも可能です!!

 ぜひチャンネル登録よろしくお願いします。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました