冬のキャンプの魅力|ぜひとも家族の絆を強めて欲しいです

3年ほど前になりますが、真冬にキャンプに行きました。

 

キャンプと言えば春から夏をイメージされる事でしょう。

その通りで実際に一番キャンプをされる機会が多いのは夏ですね。

 

ただ、キャンプは一年を通して楽しめます。

私は春夏秋冬すべての季節でキャンプをして泊まった事がありますし、どの季節のキャンプもそれなりの楽しさがありました。

 

そんな中でも一番印象に残っているのが冬のキャンプなのです。

今回は冬のキャンプの魅力と注意点について解説させていただきます。

 

 

春のキャンプの魅力

なんて言ったって一番過ごしやすい季節とも言えます。

真夏のキャンプは暑さがひどく体力の消耗が激しいし、冬のキャンプは極寒の中でのキャンプとなります。

 

それに比べて春のキャンプは非常に快適な気温の中で過ごす事ができます。

またキャンプ場も混み合っていないので、予約がとりやすいというメリットもあります。

デメリットは風が強いという事です。

春先は風が強くてテントの設置が大変です。一度設置してしまえば、多少の風でもしのぐことができますが、設置時に風が強いと吹き飛ばされる可能性があります。

 

 

夏のキャンプの魅力

夏はキャンプに最も適した適した時期と言えるでしょう。

 

キャンプ場の川で泳ぐのもいいし、山でカブトムシを捕まえるのも楽しいですね。

また夏休みに入るので子供が長期休暇なので学校を休む事なく長期キャンプに臨む事ができます。

キャンプ場で4泊5日なんて事ができるのも夏休みだけですね。

 

夏のキャンプの最大の弱点は暑さです。

キャンプ場にはもちろんエアコンはありませんので、汗をかきながらのキャンプとなります。

標高の高いキャンプ場に行けば夏でも涼しく過ごしやすいので、場所選びが大切になります。

 

 

秋のキャンプの魅力

秋は一年を通して一番天気が安定しています。

真夏みたいな暑さもなく、標高の低い場所でも快適にキャンプにのぞむことができます。

虫が少ないのも嬉しいですね!

夏のキャンプはわけのわからない虫がいっぱいでてきて、大変ですが、秋になると虫の数も種類もグッと減ります。

 

秋はさまざまなおいしい食材の収穫の時期です。

ぜひとも現地で、旬の食材を調達して料理したいですね。

秋の弱点は子供の学校行事が忙しくてキャンプをする休みがないという事ですね。

春休み、夏休み、冬休みはありますが秋休みはありませんよね…。

 

 

冬のキャンプの魅力

さぁやってきました!冬のキャンプ!

一般的に冬のキャンプはシーズンオフと言われています。

 

でも冬のキャンプはめちゃくちゃ楽しいですよ。

暖をとって最も澄んで見える時期の夜空は一生ものなのです。

 

準備さえしっかりしていけば雪の中でも暖かく過ごす事ができますよ。

 

 

冬のキャンプを乗り越える為に

3年前に実行した冬のキャンプは雪の降る中のキャンプでした。

当然気温はマイナスです。

そんな極寒の中でもキャンプはできます。

 

私は家族全員スキーウェアでのぞみました。

服装をしっかり着込めば余裕で過ごす事ができます。

雪の中を活動する為のスキーウェアを着ていたおかげで、少し動くだけでポカポカしてきます。

 

雪がパラつく中でたき火をしてBBQをした想い出は一生ものです。

 

冬のキャンプに付き合ってくれた妻と子供たちに感謝ですね。

 

 

冬のキャンプの最大の注意点は?

くれぐれもテント内ではガスコンロ・石油ストーブなど可燃式の暖房器具を使わないようにしましょう。

一酸化中毒や火事の原因になります。

 

 

冬のキャンプに対する基本的なそなえは着込む事。

スキーウェアはおすすめですよ。ごつごつしますが、寒さをしっかりとシャットアウトできます。

 

もしテント内で暖炉をとりたいなら湯たんぽや電気ホットカーペットの使用にとどめましょう。

 

 

冬の夜空は絶景です

冬は圧倒的に湿度が低いので雲も少ないので夜空がこの上なく綺麗です。

大気にチリや霞が少なく本当に澄んで見る事ができます。

 

なかなか冬の夜空を見る機会なんてないかと思います。

 

冬の夜空はキャンプの最大の魅力の一つとも言えましょう。

たき火を浴びて暖炉をとりながら冬の空を眺めていると、人生を悟った気分にさせてくれるくらいの力があります。

冬のキャンプってなかなか行く機会はないかと思いますが、まだ経験した事のない方はぜひともチャレンジしてみて欲しいですね!

 

妻はホットコーヒーを飲みながら、私は焼酎を飲みながら眺めた夜空は今でも忘れる事ができません。

 

 

冬のキャンプは冬にしか体験できない

薪のストーブで暖をとったり、雪の中でテントを張るなんて冬にしかできません。

確かに大変な面もありますが、それでも家族一丸で冬のキャンプを乗り越える事で、より絆は強くなったかと思います。

 

言葉だけでは表現しきれないものがあります。

 

ただし、冬のキャンプはそれなりに危険も増すのは事実です。

しっかりと防寒着を着ていないと、とても耐えられたものじゃありません。

またテント内での一酸化中毒は非常に危険で、知らなかったではすまされません。

 

冬のキャンプは魅力がいっぱいですが事前にしっかりと準備をして臨むようにしましょう!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました