小説より読みやすい自己啓発書|夢をかなえるゾウ

ある日突然、神様がやってきてあなたの夢をかなえて成功させてくれると言ってきてくれたら?!

夢も希望もないサラリーマンが、自分の夢をかなえる為に、神様ガネーシャの指導のもと自己改革に邁進する話です。

 

この本はいわゆる自己啓発書なのですが、読みやすいのが特徴です。

あらゆる自己啓発の本のなかでも、抜群に読みやすく理解しやすいです。

主人公と、神様ガネーシャのやりとり会話を中心に進められていきます。

神様なのにコテコテの関西弁で、甘いものが大好き。

自己啓発を唱えているのに、神様、自分の体はたるんでいるなど笑える要素がたくさんあります。

 

だからこそ、スイスイ読み進められるのです。

 

読書慣れしている方は、1日で読み終える事ができるのではないでしょうかね。

 

課題をこなす毎日

ガネーシャは、毎日課題を出していきます。

自分の靴を磨けといいます。

 

しかし、何故自分の靴を磨くのか、主人公には全く理解できません。

自分の靴を磨く事がどうして、成功に繋がるのか?

 

そこでガネーシャは、過去自分が成功に導いた偉人を出してきます。

イチローくんはいつもクラブを磨いていたと言います。

 

要は商売道具を大切にするのは当たり前という事ですね。

このように、課題が出されては、偉人が引き合いにされ、課題をこなしていくという主人公の成功物語を追っていく事ができます。

 

ほんの少しずつですが、主人公が変化していきます。

最初は愚痴や文句ばかりだった主人公も、徐々に積極的に課題に取り組むようになります。

靴を磨くという課題のつぎは…

  • コンビニでお釣りを募金する
  • 食事を腹八分におさえる
  • 人が欲しがっているものを先取りする
  • 会った人を笑わせる

こうして次々に課題をこなしていく主人公は、有頂天となり成功は間違いないと確信します。

 

成功は簡単じゃない

しかし神様ガネーシャは厳しく指摘します。

今までやってきた事は、その本棚に眠っている自己啓発書に書いてある事と全く同じ事だと。

 

成功できるかもしれない自分に興奮しているだけなんだと言い放ちます。

主人公は過去にたくさんの自己啓発書を読み漁って来ました。

 

それでも、なにも変わらない日々。

何がいけなかったのか?!

 

そこから神様ガネーシャの最後の課題が始まり怒涛の展開を見せます。

果たして主人公は自分の夢を叶えて、成功へのステップを歩むことができるのでしょうか?

 

すべての方におすすめできる一冊

ぜひとも読んでいただきたいです

この本はすべての方におすすめできます。

 

  • 自己啓発書なんて読んだ事もない方にとって、はじめての一冊として最適かと思います。
  • 過去に自己啓発書を読み切れなかった方にとっても最良の一冊。お笑いコントを見ている感じで、あっという間に読み終えてしまう事ができるでしょう。主人公と、神様ガネーシャの会話が中心となっている珍しい自己啓発書ですね。
  • 今まで自己啓発の本を読んでも何も変われなかった方にもおすすめです。神様ガネーシャ最後の課題こそが、自分を変えるために何をしなければいけないかを教えてくれます。

 

自分のいるステージに応じて感じる事も違うでしょうし、得られる事も違うでしょう。しかし、読む事で今までの自分の殻をやぶるきっかけになる事は間違いありません。

 

自分を変える事ができるのは決意しかない

さて、夢をかなえるゾウを読んで、私は自分を変える事ができたのでしょうか?

この本を読んだのはちょうど一年前です。

自分の人生を後悔しない為にもやりたい事をする、という事を忘れないで生きていきたいです。

日々の仕事に終われているからこそ、やりたい事を意識します。

 

今、私はやりたい事をやれています。

やりたい事とは自分の心のうちと対話しながらブログの記事を書いていくという事です。

約10ヶ月で、かなりの記事を書き終える事ができました。その数約450記事です。

これはまぎれもない実績です。

 

やれればいいのにな…ではなくやりきったという事は大きな事で、自分の自信に繋がります。

 

仕事の合間と仕事帰りの僅かな時間を利用して、自分のやりたい事に取り組んできました。

自分の中で大きな改革です。

 

他人の記事を読んで羨ましがるだけではなく、自分が書くことができたという事は大きいですね。

自己啓発書の類は、読んでいる途中、読んだ瞬間はやる気に溢れていますが、それを継続するのが大変です。

 

一時的にやる気を生み出すカンフル剤みたいな役目では意味がありません。

学んだことをいかに実生活で活かしていくがすべてであり、難しい事でもあります。

 

まとめ

「夢をかなえるゾウ」は自己啓発の類の本のダイジェストバージョン的なところがあります。

 

一つ一つの課題に関して、実にシンプルかつわかりやすくまとめられています。

この本の魅力は内容もさることながら、読みやすいという事につきるかとおもいます。

 

ストーリー仕立てなので、スイスイ読み進める事ができるので繰り返して読むのにも最適です。

自己啓発の本は一度読んでおしまいではありません。

2回、3回と繰り返して読んで、自分の頭と体に染みつかせていかなければいけないのです。

 

理屈ではわかっていてもできないから。

人はすぐに忘れる人間だから。

 

だからこそ、読みやすい「夢をかなえるゾウ」を繰り返し読む必要があるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました