幸せはそこにあるんだけど気付いていないだけの話

毎日、仕事に行っては夜遅くに帰ってきて、フラフラになりながらブログを更新して寝る。

毎日、こんな生活を送っていて自分は幸せなんだろうか…

 

あぁ、世の中には仕事をしないで、悠々自適に生きている人がいる。

それに比べて自分ときたら貴重な時間を費やしながら一日のほとんどを会社で過ごしてしまっている。

 

こんなのでいいのだろうか??!

 

そんか疑問が思い浮かびます。

 

 

比較しないだけで幸せになれる

自分は幸せなんだろうか?と疑問を浮かべる大きな要因の一つに他人との比較があります。

 

世の中には自分よりリッチな場所にすんで、楽しそうに生きている人も存在します。

 

そう言った人たちを見てあぁ、いいなぁ自分もあぁいう暮らしをしてみたいなぁ、って思うかもしれません。

 

 

でもね、ここではっきりいっておきましょう。

 

他人と比較し続ける限りは幸せにはなれません。

 

 

上を見だすとキリがない

 

だって上には上がいるもので、目の前にある当たり前の幸せを当たり前に認識できない限りは決して幸せが訪れる事はありません。

 

隣の方が乗っている車がうらやましい、同僚が海外旅行にいっていてうらやましい、友達がSNSでステーキを食べていてうらやましい…。

 

このキリのない他人を羨むイタチごっこから抜け出せない限り幸せは訪れません。

 

当たり前に仕事ができる幸せを感じたことがありますか?!

 

自分の足で歩いて散歩する喜びを感じたことはありますか??!

 

毎日、おいしい料理を食べられることに感謝はしていますか?

 

 

今の自分はとても恵まれている

 

実際に病気になって数日間寝込んだ時は、この当たり前の事ができずに本当に苦しかったです。

 

体が痛くて当たり前に仕事ができない。

 

熱があって当たり前に歩くことすらできない。

 

胸焼けがして、目の前の料理を食べることができない。

 

人はこういう状況になってはじめて毎日、している当たり前の事がいかに幸せなのかを感じる訳ですね。

 

確かに仕事はつらいししんどい時もあります。

 

しんどい面ばかりクローズアップしてしまって、働ける喜びを感じることを忘れてしまっているのではないでしょうか?!

 

日常に潜んでいるちいさな幸せを見つけることができるようになった時、毎日が楽しくなるかと思います。

 

本当にここは大切ですね。

 

 

目の前にある小さな幸せを意識する

 

今を幸せに感じる事ができない限りはどんなに上を追い求めても、決してたどり着く事のないゴールを目指しているというものです。

 

小さな幸せを感じながら、向上心を持って生きていく事が大切だと感じる日々です。

 

当たり前すぎて感じられなくなってしまった喜びを取り戻すことこそ幸せになれる秘訣ですよ。

 

 

 

ウォーキングしていると眩しい太陽に感動する事もありますし、道に落ちている石ころが素晴らしく思える事もあります。

 

少し意識するだけで、何気ない日常の中の普段の光景に感動を覚えたりします。

 

子供と何気ない会話をしている時間は、何にもかけがえないものです。

これ以上の事は存在しないのでは?!

 

汗水流して仕事に打ち込めているという事は素晴らしい事なのですね!!

必死に取り組める事があるってそれ以上の事があるのでしょうか?!

 

気付いていないだけで、日常の中に当たり前の幸せはたくさんあります。

小さくて気付いていないだけですよ。

 

 

 

自分の心の持ち方次第

 

まぁ幸せなんて自分の心の持ち方次第なんですね。

 

けっして用意されているものでもなく提供されるものでもありません。

 

自分の心の捉え方の問題だという事です。

 

だからこそ、難しいのです。

 

世の中不幸だと感じている方がたくさんおられるのは事実です。

 

幸せ自慢大会より不幸自慢大会の方が圧倒的に面白いです。

 

それは何故でしょう。

 

人と比較しているからです。

 

あの不幸な人に比べれば自分はまだましな方だと思って納得させています。

 

でもそれは上を見てキリのない比較をしているのと変わりません。

 

 

「無いもの」をどこまででも追いかける前に、まずは目の前に「有るもの」にもっと目を向けてみましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました