12月ボーナス&給料で買ったものは何でしょうか?株の買い増しを行いました

12月の忙しい中、唯一の心の支えはボーナス&給料のコンボです。

そこそこまとまった金額になったので、妻にプレゼント、子供たちにクリスマスの準備、自分にご褒美の他はとりあえず投資口座に。

投資口座でも、現金が増えてきたので株の買い増しをはかります。

ただ、昨今の日経平均を見るとそう簡単に手出しできる状況じゃないですよね。

 

あまり高値掴みをしたくないので、この状況で変える株は限られています。

成長株で戦うにはかなり機敏に動ける環境と、銘柄を追い続ける粘り強さが必要です。

 

株は積極的な値上がりというより、安定的に配当金や株主優待を貰える銘柄を買っていきたいと思います。

深く考えずにとりあえず持ち続けられる銘柄として優待銘柄は最適ですね。

 

探すポイントは…

・株主優待が貰える事
・経営が安定して配当金が支払われている事
・財務内容が落ち着いている事
・優待+配当の利回りが3%を越えている事

などで物色し始めます。

あまり細かく見過ぎるときりがないので最低ラインだけは抑えておこうという感じです。

 

今後の大きな株価上昇は期待できないけど、貯金代わりに長期保有しておきたい株はまだまだ残っているものです。

 

株で儲けてお金をコロコロ回転させて、増やしていくという荒業ができない以上、地道に安定的な株をたくさん保有していくという事になります。

 

仮想通貨にぶっこまないのか?

いやー価格変動が激しいですね。一年で何回リーマンショックとバブルを繰り返しているのですか?

こういう激しい動きを好む人もいますよね。その分、儲けられる可能性が増えてきます。投げ売りを誘い込んで。安くで仕入れるという事は大口投資家の常套手段です。

 

株価も値動きは激しいけど近年の仮想通貨に比べれば…

株は仕手株になったり、よほど経営の危機が訪れない限りはそんなめちゃくちゃな価格変動は起こしません。株も20%30%暴落なんてありますが、さすがに1日ではストップ安もあるのでそこまでは動きません。

仮想通貨の価格が10倍になって、20倍になってそこから急落なんて動きを見ていると株なんてとてもかわいい動きに思えます。

まれに株もテンバガーなどありますが、株価が急騰する場合は、今後企業が大きく成長する可能性が高いという裏付けがあるからですね。

それでも数年かけて何度かの決算を跨いで増えていくといった感じです。

 

企業は社会活動を通して利益を生み出して、配当金という、形で株主に還元してくれます。

 

それに比べて実体のない仮想通貨はそれそのものは何の価値も生み出してくれないので、壮大なマネーゲーム化しています。

 

このあまりの値動きは投資の対象ではなく投機の対象と言えるでしょう。

私もビットコインを持っていますが、どうも仮想通貨に大金を投じる気は起こりません。

 

たくさんある投資対象のうちの一つという認識で、行きたいと思います。

 

税制上も、現在ではもっとも負担の大きい雑所得となりますので、儲ければ儲けるほど税金でとられていきます。累進課税方式なので、最大の所得税は45%、住民税が10%とそれはおそろしい税金がかかってきます。

また売と買のスプレッドもバカにならないくらいに大きいです。外国為替証拠金取引(FX)に比べれば舐められているとしかいいようのない差の大きさ。システム自体もFXに比べれば安定していないのもあるでしょう。

頻繁に売買を繰り返していたら手数料負けをしてしまう可能性もあります。

 

 

 

株主優待で生活レベルを上げていく

私は普通に会社で働いている普通の庶民です。

家族でご飯を食べにいく場合も全国規模のチェーン店です。

だからこそ株主優待が大活躍してくれます。

 

全国規模のお店って上場して株主優待を発行している場合が多いです。

吉野家にマクドナルド、すかいらーく、ゼンショー、アトム・コロワイド系列などなど…

 

そこらに、ある有名チェーン店を株主優待で利用する事ができるようになります。

今年は月1ペース以上で外食しましたが、支払は株主優待で払い、端数を現金ですませます。

また多くの企業でQUOカードをくばってくれているので、コンビニでの支払いはほぼQUOカードとなります。

 

株主優待が増えてくると財布からお金が出ていく機会が減ります。

株価の変動や配当金など直接目に見えないことろで、お金が増えるきっかけを作っていってくれるのです。

 

ボーナスの使い道

ボーナスをどのように使おうが個人の自由です。

年末を海外で過ごそうが、新しい車に買い換えようが、最新のiMacProを買っても自由です。

中にはローンのみ支払いでボーナスが消えていく方もおられます。

 

私は株主優待銘柄を買い増しました。

お金を運用する、長い期間配当金+株主優待が貰える、節約できた生活費をまた投資にまわせるという自分のライフスタイルに合わせたものです。

 

サラリーマンとして一年間激務を働いた末のボーナスです。

普段は会社にいいように使われている自分を嘆いてしまいますが、ボーナスと給料を連続でいただいた時はさすがに小躍りしてしまいますね!!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました