コメダホールディングスの株主優待が実利を兼ねていて、助かっています

コメダ珈琲を株を家族名義で買いましています。というのもコメダ珈琲が大好きだから♪

 

コメダホールディングスは全国に喫茶店をチェーン展開しています。コメダ珈琲は名古屋で生まれたモーニング文化を引き継いでいます。

 

名古屋には非常に喫茶店が多くて、その一人当たりの消費量も全国で断トツの1位です。

 

コメダ珈琲の魅力

名古屋の喫茶店の特徴と言えばモーニングです。

 

早朝にコーヒーを注文すればトーストやゆで卵やサラダなどがサービスでついてきます。

コーヒーを注文すれば朝ごはんがついてくるという感覚ですね。

そんなモーニングを全国のコメダ珈琲で利用できます。

コメダ珈琲で飲むアメリカンコーヒーやカフェオレは至福の時です。

コメダホールディングスの株主になればコメダのプリペイドカード「KOMECA」に半年に一度、チャージされていきます。

 

一部の店舗を除いて全国のコメダ珈琲で使えます。

私の場合、本当に近所にコメダ珈琲があるので重宝しているのです。

 

コメダホールディングスの成長戦略

店舗もどんどん増やしていって成長しているし、全国規模の喫茶店としてのまだまだライバルが少ないのが魅力ですね。

 

スタバやドトールなどとはまた違う感じがします。

モーニングを利用してみるとけっこう年配の方が多くて驚かされます。

 

同じか顔の常連さんもおられるようで、コメダにきて朝刊を読むことが日課になっている方も。

 

個人型喫茶店の経営が苦しいと言われている中、コメダ珈琲は着実に店舗を増やしていっています。

喫茶店は常連客を獲得しやすいと言われています。

 

コメダ珈琲の出店を見ていますと、駅前などの一等地ではなく、少し離れた郊外の生活密集地に出店していっているように思えます。

 

これはまさに喫茶店の基本的戦略ですね。

駅前で一見客を狙うのではなく、地域に根付いて、そこに暮らす人々のファンを獲得して常連客となってもらう事なのです。

 

コーヒーチケットという回数券を割引価格で売っている事からも、この事が伺えます。

 

もちろん、今後の事はわかりませんが、コメダ珈琲はある程度の人口がいれば出店していけるので、今後も成長の余地はまだまだあるという事ですね。

現在は配当金は1株50円(100株で5000円ですね♪)で株主優待は年2000円。

合わせて配当金+株主優待で7000円相当が見込めます。

 

業績が極端に悪化しない限りは、今後も配当金、株主優待は期待できるかと思います。

 

コメダ珈琲の最大のライバルは?

コメダ珈琲は現在、業界で圧倒的シェアを誇る最大の喫茶店ですが、最近、伸びて来ているのがドトールコーヒーが展開する「星乃珈琲」ですかね。

 

両方ともいった事ありますが、よく似ています…。モーニングサービスやコーヒーチケット制度などもよく似ていますね。

 

今度とも「星乃珈琲」がどのように展開していくかは注目しておく必要がありそうですね。

 

コメダホールディングスは買いか?!

低金利の貯金の変わりに、コメダ珈琲の株を持っておくのも悪くないかと思います。

 

日本では昔から喫茶店文化が根付いており、喫茶店で仕事をしたり、喫茶店で本を読んだり、喫茶店で勉強したりする方が多くいます。

 

ただ個人での喫茶店経営はどんなによい味を出して、どんなによい店舗を構えようが限界があるというものです。

その喫茶店経営を会社として、画一的に行っているのがコメダホールディングスですね。

 

もし近所にコメダ珈琲があるなら実際に足を運んで、モーニングやランチを食べてみるのが1番企業を理解するのに手っ取り早いですね。

 

 

コメダホールディングスを長期保有で応援する

コメダホールディングスはPER、PBR共に割安とは言えません。ROEは高く今後の成長に期待するなら株を買って応援しましょう。

 

ブログの記事の執筆自体もコメダ珈琲で行っています。

朝起きれば、その足でコメダ珈琲に向かって一日のはじめりを過ごします。

 

コメダ珈琲でリラックスしながら今日はなにをして過ごそうかと考えたり、ブログの記事を書きはじめたりする訳ですね。

 

まさにノマドワーカーの為の株主優待!

私にとっての第2の仕事場はコメダ珈琲です。

 

株主としてコメダ珈琲が成長していって、私のブログもパワーアップできればいいですねぇ。

 

優待株を買うならSBI証券がおすすめです。

SBI証券は日本で最も人気のある証券会社です。口座開設数は国内ナンバー1の実績があります。

口座を開設すればさまざまなツールを利用する事ができるようになります。口座開設は無料だし、口座維持手数料などはかかりませんので、とりあえず証券会社の口座を作ってみるならSBI証券は第一選択肢になるかと思いますよ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました