家計のキャッシュフローをつけてみましょう|どんな状況でも生きていけるライフプランを立ててみる

まずは目指すべきは不労所得10万円です。

30万円あれば家族4人でとりあえず生活できます。

もし仕事を辞める事になっても不労所得10万円あればめちゃくちゃ助かります。実際にそれだけで、家族みんなで生きていく事は難しいでしょう。

しかし、夫婦それぞれアルバイトやパートで10万円稼げば20万円、プラス不労所得10万円でなんとか生活はやっていけます。

 

 

家計のキャッシュフローをつけてみよう

キャッシュフローとはお金の流れの事です。

家計のキャッシュフローとは一般的に家計簿の事ですね。

 

いくら収入があって、いくら使って、いくらお金が余ってくるのか自分の家のお金の流れを知る事は非常に重要となります。

自分の家で月にいくら使っているのかを知る事は大切です。

自分が思っている以上に支出って多いものです。

 

生活費の他に、子供の教育費や住宅ローンなどすべてをひっくりめて支出をいくらあるかと知っておくことは、とても大切なのです。

 

よく仕事を失業してから、出費の多さに驚かれる方が多いですが、常日頃から家のお金の流れを掴んでおく事はとても大切と言えましょう。

 

支出を減らしてキャッシュフローを改善する

まずは家計の現状を知る事が第一です。

家計のキャッシュフローを改善させる一番の方法は、支出を減らす事です。

 

家計簿を見ながら無駄な出費や我慢できそうなところをカットしていくのが、簡単ですね。

 

無駄に大きな保険をカットしたり、外食費、飲み代などを少し減らすように意識するだけで、支出は減っていく事でしょう。

 

収入を増やしていく

支出を減らすのは大切ですが、あまりに我慢しすぎるのも精神上よろしくありません。

支出を減らしつつも、収入を増やしていく努力をしたいですね。

 

ただサラリーマンにとっては収入を増やす事は至難の業です。

給料は会社の規定で定められており、残業も自分の好きなようにできる訳ではありません。

 

そこでおすすめなのは副業です。

サラリーマンとして働きながら、空き時間を利用して副業に取り組むのです。

私は資産運用や、ブログ運営などで収入を増やすようにしています。

 

支出を減らすのは比較的簡単ですが、節約には限度があります。

それに比べて、副業で収入を増やすのは、青天井。

努力すればするほど、収入は増えていきます。

 

キャッシュフローを見て収入が給料だけって、ある意味危ういと思います。

なんらかの事情で給料が途絶えた時、収入のすべてが途絶えるという事になります…。

 

いつ仕事を辞めてもいいように備えておく

サラリーマンの給料は比較的安定しています。

会社がつぶれない限りは一定の給料は入り続けます。

 

ただし、私はいつまでもサラリーマンを続けていける自信はありません。

長時間労働に、強烈なノルマ、上司のパワハラにいつまで耐えられるか…。

 

そういう訳でいつ辞める事になってもいいように、ライフプランを立ててみました。

 

我が家のキャッシュフローの支出は約30万円です。

つまり30万円収入があれば、貯蓄をくいつぶす事なく生活していけると言う訳ですね。

生活レベルも極端に落とす必要はありません。

 

ただし、仕事を辞めて30万円の収入を得ようと思えばどうすればいいのか?

 

これは冒頭述べたとおりです。

無理なく夫婦でアルバイトして10万円づつ稼げば20万円です。

しかし、20万円ではキャッシュフローは赤字です。

 

そこで給料以外の収入が10万円あれば30万円となる訳です。

 

まず目指すべき目標は不労所得月10万円です。

資産運用での配当金、ブログでの広告料金が安定して月10万円入るようになれば、いつ仕事を辞めても当面は生きていけるという事になります。

 

精神的ゆとりに繋がります

さて、仕事をしている時は全力でがんばってはいますが、いかんせん環境が厳しいのです。

このまま60歳まで働き続けるのか…と思えばげんなりしてしまいます。

 

しかし、いつ辞めても生きていけるライフプランを立ててしまえば、心のゆとりとなります。

最悪仕事を辞めてしまえばいいのだと。

 

仕事を辞めれば家族全員、路頭に迷うのではなく、いつ辞めてもとりあえず、今までどおり生きていけるとわかっているだけで強くなれます。

 

その為には時間があるときに家計のキャッシュフローを眺めながら、もし仕事を失ってしまえばどうやって生きていくのかライフプランを立ててみる事をおすすめします。

 

将来、家族が安定的に生きていく為にも、副収入を増やさなければならないと強く思います。

 

 

自由に生きる事を目指すのは自然な考え

多くのサラリーマンがもっと自分の時間があれば…と思っている事でしょう。

 

お金と時間があれば、自分の趣味に興じたいと思うでしょうし、夫婦でもっとたくさん温泉旅行にも行きたいですね。

 

夏休みは家族みんなで海外で羽を伸ばしたい!なーんて夢を抱くはずです。

自分の好きな時間に自分の好きな人と、居酒屋でおいしいお酒を飲んでほろ酔い気分になりたいですね!

 

企業戦士であるサラリーマンの生活はあまりに余裕が無さ過ぎます。

 

自由に生きる道を模索する事は、ごく自然な考えだと思いますよ!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました